back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS

音楽提供 studio megaane さん
Studio Megaaneの8bit Anime & Tokusatsu!! 365 days Hype Train!!(YouTube)

○あらすじ
コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された引きこもり高校生の少年ナツキ・スバルは、早々と命の危機に見舞われる。その窮地を救ってくれた、ネコ型精霊パックをお供につれたハーフエルフの銀髪美少女エミリアに恩返しをするため、スバルは彼女の物探しに協力する。
フェルトという名の少女に奪われたという徽章の手がかりが掴めたと思った矢先、2人は暗闇の中で何者か(エルザ)に襲撃され命を落としてしまう。
目を覚ましたスバルは、召喚された時点に戻っていた。それから何度かの死を繰り返すうち、スバルは自分がこの世界である能力を得たことを知る。その能力は、自身の死により時間を巻き戻して記憶を引き継げる、タイムリープ能力「死に戻り」だったのだ。
その後、紆余曲折を経て、ついに徽章を奪った少女フェルトを追いつめたが、またしてもスバルは、彼女の依頼主の『腸狩り』 エルザ・グランヒルテに惨殺されてしまう、さらなる「死に戻り」を経た後、『剣聖』 ラインハルトの加勢もあってエルザを退け、ようやく最初の死のループから逃れることに成功する。


○雑観
 Re:ゼロから始める異世界生活。通称リゼロ。
 考えてみればこれほどスリリングな異世界転生モノは無いのかもしれない。

 主人公スバルはある日突然異世界に召喚。(そこのプロセスはとっても雑でしたが……)
 魔法が使えるかというとそうではない。剣技に優れているかというとそうでもない。
 何の取り柄もないまま、異世界に送られ、戸惑うスバルだったが、サトラと名乗る少女と出会い、運命が変わる。そして、明らかになる彼の能力。

 タイムリープ。

 自身の死を持って発動するその能力はまるでRPGジャンルのゲームのように死ぬ前のある一定条件のセーブポイント(死ぬ前の時間)を有し、死ぬ度にそこへと戻ってくる。
 スバルは死ぬ度に原因を考察し、所作を変え、不可解な事件を解決していく。                  

 攻略に失敗することもザラでスバルは劇中に何度となく死を迎えます。
 他のラノベ系アニメとは違って、完全無欠とはいかないのです。
 各話の最後がバットエンドということは当たり前なアニメです。
 その最期はいつもショッキングで血の気が引きます。


 スバルは何度も失敗して、時に現実に押しつぶされながら、それでも仲間に支えられながら、正解を導き出していく。
 そのプロセスが巧妙でどんどん引き込まれていく。
 誰が犯人? どうすればいい? って一緒になって考えてしまいます。
 
 何の取り柄のないスバルですが、人当たりがよく、誰に対しても臆面のない陽気な性格で徐々に周りの人々を取り込んでいく。
 その輪は問題が大きくなるほど大きくなって伝説のモンスターを討伐したり、魔教集団を成敗したりと攻略成功したあとはとっても痛快です。


 失敗を恐れないわけじゃないけど、失敗の度に大きな何かを心に宿し、成長していく姿に心奪われました。

 感動したシーンもかなりあります。
 それはだいたい、スバルの心が折れて、ヘタレた時が多いですが、それを支える人達の温かさに胸を打たれます。

 見どころ満載のこのアニメ。
 ラノベファンならずとも一度は見て欲しい作品ですね。
 
スポンサーサイト
ナイト&マジック001
○あらすじ
交通事故で命を落としたロボットオタクの倉田翼は、異世界のエルネスティ・エチェバルリアに転生する。その世界は「幻晶騎士(シルエットナイト)」と呼ばれる巨大ロボットが、主戦力として存在する世界だった。
前世のロボットオタクの血が抑えきれないエルネスティは、幻晶騎士のパイロットである「騎操士(ナイトランナー)」を志し、幼少時より勉学などに励む。そして学園生時代の訓練中に現れた師団級魔獣「陸皇亀(ベヘモス)」を討伐した事を切っ掛けに、自らが理想とするロボットを一から作り上げるために奮闘、その才能と実績で国王から幻晶騎士開発を主目的とした騎士団「銀鳳騎士団」を任されて団長となった。
その後もエルネスティは、西方諸国(オクシデンツ)で起きた大乱に派遣されたり、人類未踏の地「ボキューズ大森海」の探索に深く関わるなど、数多の功績を打ち立てていくのであった。

 
○雑観
 春アニメが終わる頃、来季PVを見て、「来期ロボットアニメないのか…… 」って思って今期はアホガール以外のアニメをスルーしてましたが……

 僕は見落としていた。
 こんな楽しいアニメがやっているなんて知らんかった……

 本作は異世界転生ファンタジー系ロボットアニメ。
 区分がややこしい……

 でも前例が無いわけじゃないんですよ。
 『聖戦士ダンバイン』なんてその類じゃないでしょうか?
 もっともショウは魔法を使えませんが……

 さて、本作の主人公ですが他の異世界転生と違って、今世の肉体のまま異世界に行くんじゃなくて、赤ん坊として生まれ変わってからの…… 立派なショタに成長します。
 まさしく転生です。
 でも、記憶は今世のまま、優秀なプログラマ兼ロボキチなので初めて見たシルエットナイトに心ときめく。
 
 一流の騎操士を目指して、日夜魔法や勉強に勤しむ毎日。いつしか大人顔負けの魔法と知識を身に着けていた。

 この手のファンタジー特有のチート特性ですね。
 他作品のように最初からあるものじゃなくて、努力の結晶と言うカタチに表現を行き着かせた点は説得力のような、真実さのようなリアル性を醸しています。
 もちろん、元がロボキチなのでロボットアニメの知識も大したもの。それを駆使して新しいシルエットナイトをバカバカ作っていく。

 持って生まれたチート性はこんなカタチで書かれています。 


 ロボットモノとしても随分とこだわっていて、燃料が切れると動かない。機体ごとに燃費が違う。その他細やかな設定。それに即した戦術など物語上での戦略性を盛り上げる要素になっています。
 戦闘描写もCGを駆使してゆるゆると躍動して、熱くさせます。
 シルエットナイトが段階ごとに進化していく過程もいちいち理屈っぽくってリアルロボットアニメファンにはたまらない要素です。

 世界観はと言うとラノベ特有というか、ラノベらしい楽観的ほんわりとした世界観が物語を支配し、悲壮感とかの屈託がなく、眉間にしわを寄せないでまったり落ち着いて見ていられます。

 ただ、その分、戦闘中のセリフ、展開においての緊張感やスリルと言う煽りはほとんどありません。

 それはこのアニメがロボットアニメやファンタジーアニメと言うより、キャラクターアニメの要素が強いせいなのかもしれません。 
 主人公エルネスティを筆頭に萌えキャラがたくさんいて、本当に絵ヅラを飽きさせないようになっています。
 そんな彼らの戦いのない日常は、お約束どおりに安穏としています。
  

 そういった意味では純粋なロボットアニメファンには違和感があるのかもしれません。

 しかし、枠組みを気にせず見れる、またはラノベ系ファンタジーも好きだけどロボットアニメも好きと言う方には、どストライクじゃないでしょうか?  
 
 



○雑観
 やっと見ることが出来ました。
 見終わってからの感想は、まあ、よく出来てたんじゃないかなとは思います。
 僕が見たかったものは充分に映像化されていました。

 前回の開戦からルウム戦役勃発。
 1stガンダムの序盤までの出来事が事細かに書かれていて満足出来ました。

 皆さんはオリジンをどのように見ていますか?
 僕は宇宙世紀の歴史ドラマだと思って見ています。
 ちょうど、大河ドラマや戦争映画を見るような感覚ですね。
 だから、TVシリーズと声が違うのも当たり前だし、設定や脚色が違っても大して気になりません。
 
 あれは実際のガンダムとは違うもの。
 そう思っています。

 そう言った意味では、戦争で起こる市民の混乱や狂気、戦争が齎す災厄、非道などよく表せていたと思うし、ガンダムでのレギュラーメンバー、ゲストキャラがあの時何をしていたのかがわかってスッキリした気分になりました。

 シャアが年上の黒い三連星を『キミ達』呼ばわりするシーンは何故かにんまり笑いがにじみました。


 当事国(コロニー)ルウムの中で巻き起こった混乱、それに巻き込まれたセイラ。
 テキサスコロニーに人が済まなくなったのはあの暴動が関係しているんでしょう。
 そして、父ディアボロが死んでまさしく天涯孤独の身になったセイラ。
 しかし、セイラはシャアが兄であることに勘付いて、 夜闇に浮かぶ赤いモビルスーツを追う。
 ちょっと切ないシーンでした。

 その後、ルウム戦役。
 連邦とジオンの艦隊が激突する。

 3:1の圧倒的不利な状況のジオン。
 連邦マゼラン級に比べ、小振りなムサイ級の戦艦は次々と撃沈されていく。
 そこへ向かうのはシャアや黒い三連星が率いる特別強襲部隊。

 
 技術屋に止められてたのにフルブーストで敵艦隊に突っ込むシャア……

 ……って、ここで今回の話はおしまいです。

 え~っ! って、なっちゃいますよね;;

 もう、少し。
 せめてシャアの八艘飛びを見たかったとは思いませんか?

 僕もその点は残念です。


 今回の映画……と言うより、オリジン全般に言えることだと思いますが、ロボットアニメとして見るにはちょっと辛いような気がします。
 ガンダムとして見るのもちょっと違うんでしょう。期待しているとボッキリと腰折られそうな、そんな気がします。

 だから僕はオリジンを歴史モノのドラマだと位置づけます。

 皆さんはどうでしょうか?

音楽提供 studio megaane さん
Studio Megaaneの8bit Anime & Tokusatsu!! 365 days Hype Train!!(YouTube)

○あらすじ
2022年、ユーザーによるベータテストを経て、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。
しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才プログラマー、茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。
プレイヤーの一人である少年キリトは、絶望的なデスゲームをクリアすべく、戦う決意をして旅立つ。それから一か月が経過し、約2000人ものプレイヤーが死亡し、ベータテスト経験者たちでさえ第1層を突破できずにいた。しかし、キリトがボスの技を見切り、第1層をクリアする。しかし、ベータテスト経験者ならなぜ教えなかったのかとベータテスト経験者たちへの非難が膨れあがり、その非難を自分一人に向けるため、チート紛いなベータテスト経験者『ビーター』の汚名を自ら名乗り、ひたすら最前線で戦うキリトは、同じく攻略組として戦い続ける少女アスナと出会い、互いに心を通わせてゆく。



○雑観
 異世界転生モノの王道を行くアニメとして名高い作品ですね?
 本作品は他の転生モノと違って、実際ファンタジー異世界に行くのではなくて、ヴァーチャルゲームの中で巻き起こる日常や事件を描いた物語。
 
 だから、端にファンタジーの枠に留まらす、SF的な要素もふんだんに取り入れています。
 本当に細部に至るまで細かく考えてあります。
 隙きのない設定に思わず、これなら自分も異世界転生できちゃうんじゃね? って思わされるくらい展開にリアリティがあります。 


 突然、マッドサイエンティストの思惑で仮想現実のファンタジー世界アインクラッドに閉じ込められた若者たち。

 主人公キリトはβテストからゲームに馴染んていたおかげで他人より幾分有利ではあった。おまけに持ち前のゲームセンスも相まって、他のものを寄せ付けない知識とスキルを持っていた。
 しかし、その事実が彼を孤独にさせた。
 キリトはビーターと蔑まれた。
 また、キリト自身、他のβテスターに向けられるべき冷ややかな視線を一身に背負うため、人を遠ざけるように戦い続けた。
 四苦八苦して、生き抜いて、脱出を目指すキリトに思わず感情移入してしまいました。

 戦いのシーンも激アツですが、ちゃんと泣かせるところは泣かせます。
 特に第11~12話のユイのエピソードは涙なしには語れません。
 
 キリトとアスナの前に突如現れた少女。
 運命的な出会い。
 衝撃の真実。
 切ない別れ。

 思い出すだけで目がウルウル。

 それに探偵ドラマのような殺人事件が起こったりとサスペンス要素もありますし、恋愛描写もなかなか堂に入っていました。

 様々な要素で見るものを飽きさせない激熱なストーリーは今後も名作として語り継がれていくんだと思います。




○あらすじ
日本で生まれ育った普通の女子高生・中嶋陽子は寝る度に恐ろしい気配に追われ、日を追う毎にその距離が縮まっていくという異様で怖い夢を見ていた。そんな陽子の前に、突如「ケイキ」と名乗る異装の男が現れる。ケイキは陽子を主と呼んで跪き、一方的に謎の盟約を迫る。突然の出来事に戸惑う陽子を異形の獣が襲撃、それを辛くも退けたケイキは、強引に陽子を月の影の向こうにある地図にない世界へと連れ去った。陽子はケイキから「決して剣と鞘を離さないように」と碧の玉が付いた鞘に収まった剣を渡され、「剣を振るえない」という陽子に自らのしもべの賓満・冗祐を憑依させ、陽子の意に反して陽子に襲い掛かる獣を体が勝手に動いて撃退するようにして、他のしもべに陽子を託して彼女を異世界に送り出した。

異世界に降り立った陽子には幾多もの苦難が待ち受けていた。

○雑観
 これは高校生陽子が異世界に流され、苦難を乗り越えながら一国の王として立つまでを描いた作品です……

 …… と簡単に言ってしまうと語弊がありまくりです。

 実はこのアニメの主人公は陽子だけ手はありません。いえ、彼女が主人公なのですがそれだけでは説明が足りないのです。
 
 このアニメの主人公はこの世界そのものであって決して一人を指しているわけじゃない。
 
 その世界を構築する出てくる人みんなが主役的な感じで各キャラの動向、言葉、息遣いを丁寧に書き上げています。
 とにかくキャラの造詣が深い。馬車に轢かれ命を落とすことになるまだ幼い少年『清秀』の過去すら掘り下げて、その国の実情を語るものとして重要な役割を果たします。
 不意の事故で蓬莱(日本)から渡って来た海客達はそれぞれ苦労をして、縁あって陽子と知り合う『すず』はかなりのネガっ子でしたし、『祥瓊』の出自は王族から追放された姫で世を恨みながら盗みを働いて逃げ出す困った子。

 でも、それぞれが多くの出会いを通して心が変容し、やがて不思議な運命の悪戯で景王陽子と出会って力を合わせるのです。
 まるで人と言う糸が右往左往して絡み合い美しい錦を織り成していくような不思議な空間を構築しています。
 とってもキャラを大切にしていて原作者のキャラへの愛情が垣間見えます。

 各キャラクターの生き様はさながら歴史ドラマ、大河ドラマのようでしかもファンタジー小説モノには珍しく、設定が東洋的なので歴史モノ,東洋モノが好きな僕はどっぷりこの世界に浸ることが出来ました。

 陽子が渡った異世界は12の国で成り立っていて陽子が旅で訪れる街並みの背景、風刺も楽しみの一つでした。

 ただ、難点なのは覚えることが多い点ですかね。
 世界観があまりに広大すぎて、国によって貧富があったり、荒れていたり、地下に住んでいたり、土地が枯れて住めなくなったり。
 様々な国で抱えている問題が深刻っだあったり、栄えていたりがあたまにはいらないと、時々「?」ってなります。

 でも、そこをある程度クリアしたらこれほど面白いものはないと思います。

 最後の方でに陽子が王として初勅を言い放った時は何とも悧発なと感心してしまいました。(鳥肌モノです)

 この作品は異世界転生モノファンタジーアニメのパイオニア的存在です。
 内容が小難しいのですが、頭がついていくなら相当ハマります。
 特に歴史ファン、神話ファンにはヨダレものの一作ではないでしょうか?  


Template by :FRAZ