back to TOP

admin |  RSS
スポンサーサイト
makotostory

[公式イベント]ジャンル応援キャンペーン お仕事小説「職業知識」 #エブリスタ https://t.co/PxxE1YY41Y
06-16 20:58

makotostory

RT @estar_jp: 【新着ユーザーイベント】「【宣伝イベ】事件モノ作品特集」では、是非多くの方々に読んで欲しいという事件が起こる小説作品を募集中!誰でも参加自由だそうですよ♪ぜひ皆さん参加してみて下さいね!https://t.co/x4B4d8ouQP
06-15 10:24

イオク様…、ピント外れ過ぎ…。ポンコツにも程がある…(汗)ジュリエッタもテキトーに手とか脚とか撃っちゃえばいいのに…、言葉で云っても通じないよ…、イオク様は使用言語が違うっつーか、アルゴリズムが違うカラ。そして、いつの間にかジュリエッタに呼び捨てにされているヴィダールさんですが!満を持して? 遂にマクギリス様と対決! …かと思いきや。「俺には解らない」って。科白の内容からしてヴィダールがガエリオなのは確定...
『鉄血のオルフェンズ』第37話「クリュセ防衛戦」

「こんなとこで寝て…… 風邪引くよ」
 彼女は僕の鼻を摘んだまま優しく微笑みかけた。
「ひゃい」僕は笑顔に見惚れながら、そう答えるのが精一杯になっていた。瞬きも忘れて――
 彼女はぷいっと投げ出すように鼻を放すと口角をにっ、と上げて、僕の目を覗き込む。
「あなた、ひょっとして家出? どうしてここで寝てたの?」
 彼女の口が動いているのはわかったけど、僕はぼうっ、として、彼女の言葉が耳に届いていなかった。まるでフルートやバイオリンの音が鼓膜を揺らすように彼女の声音に酔っていた。
 彼女の表情が変わる。「あなた、日本人よね?」
 そう言って、少しムッスリする。僕は慌てて、はいを連呼して答えた。
「で? どうしてここで寝てるの? 家の人と喧嘩でもした?」
「いえ…… 一人暮らしなんで…… 」
「だったら、何故?」
「その…… 大学のコンパで…… 飲み過ぎて…… 」苦し紛れにそう言った。少し目を細めた彼女は首を傾けて、また鼻を摘む。
「嘘! わたしね、仕事柄、鼻が利くの。あんたから酒の臭いなんてしないよ。それより早く帰ってお風呂に入りなよ。ソッチの方が気になった」 
 彼女はそう言うと再び口角を上げた。
「えっ!?」
 僕は彼女の言葉に促されて、自分の体臭を確認する。確かに……
 耳と顔が火照ってしょうがない。
「実は…… 」
 僕は何を語ろうとしていたのだろう? 知らず知らずに失恋話でもするつもりだったのか? よくわからないが彼女の優しい笑みに心が洗われて、素直になれそうな気がした。
 
 彼女にも――
 僕自身にも――

「実は何?」彼女は聞き返しながら、辺りをキョロキョロと見回す。木枯らしが吹いて、彼女の髪が風に舞う。彼女の香りがここまで届く。甘い香りに酔って、僕は言いかけた言葉を忘れた。
 
 今、何と言ったらいいのだろう?
 彼女を含んだ景色が悉く僕の言葉を瞬殺していく。

「あの…… 」
 彼女は僕の顔の前に手を翳し、言葉を遮った。
 僕が言いかけた瞬間、彼女の表情がまた変わっていた。
 ただし、そこにこれまでの穏やかさなどない。険しく眉間に深い皺を寄せ、ある一点を睨んでいるようにすら見えた。
 僕は彼女の視線の先を追ったが、どこを見ていたかなんてわかるはずもない。
 再び彼女の顔を見た時、僕は背中に途轍もない冷たさ…… 恐怖を感じた。

「ちゃんと帰るんだよ…… 」ぼそっ、と言って、彼女は立ち上がるなり、睨んでいた方角とは逆に走りだした。
「あっ!」
 呼び止めようとした時には、もう彼女は遠くにいて、僕の声なんて聞こえないところまで。
 立ち上がって彼女の背中を不安げに見送る。彼女に何が起きたのだろう? あの様子。きっと只事じゃない。
“ドッ ドッ ドッ”大きな足音が聞こえた。そして、刹那に二人の男が僕の近くで足を止める。

「くそっ! あの女、余裕こきやがって!」  
「俺達も随分と舐められたもんだな」
 そう言って、一人の男が「見つけた」と言わんばかりに指差した。その先にいたのは――

 僕の足は思わず走りだす。男達を追って意味もわからず駆け出す。意味など考える暇なんてない。
 僕の耳から街角が奏でる大合唱が消える。この男達の等速的でありながら、まるで揃えるでもない不協和音のセッションが耳に充満した。
 僕も彼女を見つけた。かなり遠くにいて、時々、後ろを振り返る。彼女の姿はさらに遠退く。男達と彼女との距離は近づくどころか遠くなり、ぐんぐん離れていった。
 はっきりとは見えないが振り返って確認する彼女の顔には嘲笑が漂っている。余裕が見受けられる。
 対して、濃紺のスーツを纏うこの二人組は徐々に失速していく。息が荒くなっているのがよくわかる。
 しかし、この二人はいったい何者だ?
 僕は今更ながら勘繰った。
 あのスーツ。とても安物には見えない。傍目でわかる。
 そんなのを着て、女性を追って、街中を走る? 
 警察官? ヤクザ? ひょっとして……

 何らかの秘密結社?!

 いつもならそんな馬鹿げた話と鼻で笑ってしまうようなことが今僕の脳内で現実にあることのように妄想されている。
 妄想は僕の胸中で“真実ですよ”って顔をして、あり得ない映像を次々に見せた。
 
 何れにしても、彼女がピンチであり、男達はその彼女を追っている。
 それは今僕が目の当たりにする現実なんだ。
  
“助けなきゃ”

 心が雄叫びを上げて、足の回転を早める。

「追いつく」
 
 確信が口を割る。

 駅の構内。彼女が人混みに紛れ込んだせいで、それに揉まれる彼らの速度が著しく低下する。
 くそっ、と呻く男の声が大きくなって聞こえた。
 構内を抜け、小さくなったこいつらの美しき獲物はビルとビルの隙間に身を放り込んで、僕達の前から姿を消す。二人は同じ所に飛び込んだがやはり彼女はいなかった。二、三歩進んで二人は漸く止まる。僕は膝に手を付き息を整えているマヌケな狩人達を窺った。
 二メートル程近づくとそのうち一人が僕に気づき、何だお前、と怒声に近い声を出す。

「こんなところで何してるんだ?!」息を切らせて男が一人僕に歩み寄る。
 僕は答えを躊躇ったが、思わず「彼女の関係者です」と言っていた。
 二人は大声で笑う。その笑いには僕を馬鹿にしているカンジが含まれている。押さえつけようとする高圧的な感覚もあった。
「そうか、そうか。キミ、見たところ高校生だろ? いいのか、こんな所で遊んでいて? 子供はさっさと―― 」
 僕は軽く握りこんだ手の甲でそいつの顔面に裏拳を叩き込んだ。男は怯んで後退りする。コノヤロウ、と片割れが僕に睨みを利かす。

「タダじゃ済まさねえぞ! おい、志賀内。コイツ、コウシツだ! やれ!」
   
 彼の言葉尻を掴んで、僕の脳内にリフレインする。

“やれ…… ヤレ…… 殺レ……” 

 その瞬間、僕の意識、感覚は真っ白に――

 体は何らかのスイッチが入ったように勝手に動き出す。
 右の踵を軸に肩を四五度程返す。左足は前へ。両手は肩の高さより低く、脱力して胸の前へ。前を踏んでいた左足をそろりと右に近づけ、手前二〇センチのところ来たら垂直に上下。
 小気味のいいステップを踏み始めるとお得意のキックボクサースタイルを完成させた。

「何のつもりだ?」志賀内と呼ばれた男が怒鳴った。
 怒鳴りながら右手を胸元に忍ばせる。同時に僕の脳は危険シグナルを発する。黒い鉄塊が思考を掠める。発砲されては、いくら僕でも一溜まりもない。
 とっさにガードを固めて、志賀内の胸倉まで勢いをつけて飛び込む。
“ダダッ”という足音が狭い壁と壁にぶつかって反響した。志賀内の顔が大きくなって、僕の視覚に殴り込む。
 間髪入れずに、彼の首にしがみつき、ありっだけの力で引き寄せる。連動して、左を軸足に腰を捻った。
 右足は僕の意識、力を集約して、志賀内の顔面を目指す。
 標的向けて、離陸した右膝はコンマ数秒で彼の顔を赤く染めた。
 志賀内は力を失い、がくりとその巨体を地面に叩きつけた。

 血で染めた右を下ろしながら、僕は次の標的への臨戦態勢を整える。
「お前! 今自分が何をやったか、わかってるんだろうな?!」

 僕は怖気づくこと無く彼との間合いを詰める。三〇センチ、四〇センチ。
 右足を蹴りだす素振りを見せると男は、ひえっ、と言って縮こまった。
 萎えてしまった男の目には、気迫の残骸と呼べるものは欠片も残っていなかった。
 見ている僕もやる気が失せ、構えを解いて腕を組んだ。ちょっと仰け反る風に胸を張り、見下ろすようなドヤ顔を満面に浮かべる。

「…… この野郎!?」
 弱った声でそう言って男は警棒を振り抜く。
 長さ六〇センチの鉄の棒切れは月明かりを浴びて、青白い光を纏っていた。
 普段なら“猟奇的”とか言いそうだが、今は何の脅威も感じない。
 男はブンブンと警棒を振るう。

 振るうのだが……

 僕からかなり遠い所で閃いて、当たるはずもないし、牽制にも威嚇にもなりはしない。
 イケナイ! 笑えてきた。けたけたと笑う僕を見て、男は憤りを感じたのだろう。
 警棒を高く掲げて、僕に襲いかかる。しかし、何ら気迫の籠もらない太刀筋に脅威など微塵もない。
 僕は体をひょい、と捻って、男の太刀筋を躱すと足をかけて転ばせた。
 男はよろけて、冴えないコメディアンのように地面に臥せった。
 そして、軽く右足を上げ、蹴る素振りを見せると、男はまた、ひいっ、と言って逃げ出した。彼の悲鳴は僕の中で優越感となって木霊する。数時間前にあった僕の虚しさなんてなかったことのように僕を満たしている。

「ハッ…… ハハッ…… ハハハッ…… 」
 
 それから僕は身を揺るがすほどの…… 心から零れ落ちるほどの充足感を大きな声にして高笑いした。
 なんて爽快なんだ! 映画のヒーローも子供の頃に見た特撮ヒーローもきっと、こんな気分だったに違いない。これは今後の映画の見方が変わる新事実!

「ちょっと…… キミ?」
 女声がする。あの人だ。ちょっと過去の反芻の後、ヒーロー気取りで振り返る。
 振り返ると不安げな彼女の顔があった。
 僕に近づいて、ゆっくりと志賀内の方を見下ろす。
「あんたがやったの?」
 僕はトム・クルーズばりの笑顔でそっと頷いた。
 そして、高く、高く空を見上げる。そこには月があった。
 月を見ながら、僕の頭の中には妄想が広がっていく。
  
  
ヒーロー(僕)の勝利→喜ぶヒロイン(彼女)→熱い抱擁→それから――

「ぷっ…… 」
 ドラマティックな出会いに感謝したい。
 あっ?! 月にかかったあの雲に誰かいた? ひょっとして神様? キューピット?
 今の僕はたぶん絞まりのない顔をしているんじゃないか?
 こんなんじゃいけない!
 月が見せた甘い妄想を振り切って振り返る。そこにあったのは彼女の潤んだ瞳。照明の裸電球の光と月明かりを収束して瞬いている。目が合うと彼女は目を閉じた。
 僕は近づいて、彼女の前に立つ。
「な、なんて…… 」

“なんてすごい人なの?” “なんて素敵な人なの?”

 そう言われると思った。
 
「…… なんて……」 
 顔を伏せ、声にすらならないほど体を震わせている。そんなに感激しているのか? 無理もない。
 でもこの後のご褒美は期待大だろう。

―― そう思っていた。

 しかし彼女の顔が上向くと、、妄想とは正反対の嫌な予感が全身に押し寄せた。 

「なんてことやってくれたの!!」
 と言って彼女の拳が大きくなる。妄想とは正反対のご褒美を頂いて、僕の記憶はぷっつりkれてしまった。

 そこから先は何も覚えていない。
―― 神様はきっと、あの時、別のことを言いたかったんだね。Zzz…… 

 
Template by :FRAZ