back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
月の井 『ガールズ&パンツァー』 飲み比べセット 300ml×5本1/35 ガールズ&パンツァー あんこうチーム パンツァージャケット フィギュアセット(5体)2015カレンダー ガールズ&パンツァー
月の井 『ガールズ&パンツァー』 飲み比べセット 300ml×5本
1/35 ガールズ&パンツァー あんこうチーム パンツァージャケット フィギュアセット(5体)
2015カレンダー ガールズ&パンツァー




◎あんこうチーム

使用車両…Ⅳ号戦車(D、F2仕様、H仕様)
ナチスが政権をとる以前から、ドイツ国防軍はヴェルサイユ条約下で密かに再軍備を見据えた新型戦車の開発を行っていた。1934年、NbFz(ノイバウファールツォイク)と呼ばれる多砲塔戦車の試作車が作られたが、大きく重いことから新たな戦車の開発が求められた。
装甲部隊の創設者ハインツ・グデーリアンにより求められた戦車の仕様は二種類で、主力となる戦車として開発されたIII号戦車と、ベグライトヴァーゲン(B.W.=随伴車輌)と呼ばれ支援戦車として開発されたIV号戦車である。
IV号戦車は75mm砲搭載の20トン級の支援車両として開発されたもので、当初の名称は「7.5cm砲装甲車」で、1937年から「IV号戦車」に変更された。
ガールズ&パンツァー IV号戦車D型 エンディングVer. プラモデルHengLong 1/16 IV号F2型(金属キャタピラ・赤外線バトルシステム・サウンド・発煙仕様)German DAK Pz.Kpfw.IV AufsF2.Sz.Kfz Tank Metal Tracks1/72 IV号戦車 H型
ガールズ&パンツァー IV号戦車D型 エンディングVer. プラモデル
HengLong 1/16 IV号F2型(金属キャタピラ・赤外線バトルシステム・サウンド・発煙仕様)German DAK Pz.Kpfw.IV AufsF2.Sz.Kfz Tank Metal Tracks
1/72 IV号戦車 H型



主人公・みほと友人たちの2年生5名で構成される、当初のAチーム。使用車輌は灰色塗装のIV号戦車D型。メンバーが練習試合のために最初に戦車に乗り込んだ際には、みほが車長に就くことを固辞したために配置はくじ引きで決められたが、試合後に操縦手に麻子を加えた上で見直され、以後固定される。プラウダ戦を前に、自動車部の手により短砲身の24口径75mm砲(7.5 cm KwK 37)から長砲身の43口径75mm砲(7.5 cm KwK 40)への換装と同時に外観も変更され、IV号F2型に準じた仕様となるが、強力な戦車を保有する黒森峰戦に向けた更なる戦力強化対策として、車体側面と砲塔周囲に増加装甲のシュルツェンを装着してIV号H型仕様となり、塗装も小豆色へ変更されている。チームエンブレムは縫いぐるみ風に可愛らしくアレンジされたタラコ唇の桃色のアンコウ。またパンツァージャケット(試合用制服)の背中には、戦車に描かれたものと同じあんこうが描かれている。サバイバビリティが高く、撃破されたのは聖グロリアーナ戦とサンダース大付属戦の2回だけ。隊長車であるため、大洗の戦車チームの中で唯一「さん」付けではないチーム。








あんこうチームWS0000011/144 ワールドタンクミュージアム Series 03-41  II号戦車F型軽戦車 単色迷彩( ジャーマングレー) 塗装済み完成品 単品
1/144 ワールドタンクミュージアム Series 03-41  II号戦車F型軽戦車 単色迷彩( ジャーマングレー) 塗装済み完成品 単品

西住 みほ(にしずみ みほ)
身長 - 158cm / 誕生日 - 10月23日 / 血液型 - A / スリーサイズ:82/56/84 / クラス - 普通I科A組 / 好きな戦車 - II号戦車E/F型 / 好きな花 - 桜 / 出身 - 熊本県熊本市
本作と漫画『リトルアーミー』版の主人公。装填手兼通信手→車長。大洗女子学園唯一の戦車道経験者であり、戦車道チームの隊長として作戦立案なども任されるが操縦は本人曰く苦手。自室には負傷して包帯を巻いた熊の縫いぐるみがある。普段は心優しく引っ込み思案でドジっ娘の面が目立つが、戦車道では経験に裏打ちされた大胆な行動力と臨機応変な戦術変更、そして地形を読み解いての戦術立案に長けており、姉からも高く評価されている。また生来の心の優しさは戦車道においても発揮され、落伍者を見捨てずにチーム一丸で勝利を目指す姿勢を見せて、大洗女子学園戦車道チームをひとつにまとめ上げる。なお、第1話では、クラス全員の生年月日を全て覚えているという記憶力を示している。また第二次大戦にも詳しく、ものの例えにミハエル・ヴィットマンとジョー・ エキンズの名を出し、エルヴィンをはじめとする歴女チームを納得させている。
実家は西住流戦車道の家元で、黒森峰女学園の西住まほは姉。1年生から黒森峰女学園の副隊長を務めていたが、前年の公式戦で僚車が攻撃を受けて川へ落下した際、仲間を救出するため降車した間に自身が搭乗していたフラッグ車を撃破されて敗北したことを、師範でもある母親から叱責された。このことが原因で黒森峰女学園を去り、戦車道が無い大洗女子学園に転校する。学園の戦車道復活に伴い、経験者であることから生徒会長の杏に戦車道の履修を強要されて一度は拒否するが、友人達の思いを受けて再び戦車に乗ることを決意する。それまでは家の名に恥じぬように、そして母と姉の期待に応えるためだけに戦車道に打ち込んでいたが、転校先の新たな仲間たちと共に戦ううちに、彼女自身も仲間たちを信頼する大切さを学び成長し、チームの大黒柱となって仲間たちを支え、遂には姉との一騎打ちを制し、大洗女子学園を優勝へ導く。
漫画版『リトルアーミー』では10歳。当時は戦車を好意的に捉えており、仲間達と搭乗していた。また、姉に対しても強い憧れを抱いている。





あんこうチームWS0000001/48 ミリタリーミニチュアシリーズ MM アメリカ戦車 M26パーシング 32537
1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ MM アメリカ戦車 M26パーシング 32537

武部 沙織(たけべ さおり)
身長 - 157cm / 誕生日 - 6月22日 / 血液型 - O / クラス - 普通I科A組 / 好きな戦車 - M26パーシング / 好きな花 - ピンクの薔薇 / 好きな教科 - 家庭科 / 出身 - 茨城県大洗町
小説版では主人公。車長→通信手。フランクな人柄のムードメーカーで、転入したてでクラスで孤立していたみほに最初に声を掛けた。麻子とは小学校からの幼馴染。何事も恋愛につなげる節があり、恋愛経験は無いが結婚雑誌を読むことが趣味の「恋に恋する」少女で、戦車道の履修も異性にモテる要素と考えて選択した。料理が得意で納豆が好物。普段はコンタクトレンズで眼鏡は掛けずに複数を持ち歩いているが、料理など本気を出す時は掛けることもある。メンバーと親しくなってからは、みほと優花里をそれぞれ「みぽりん」「ゆかりん」と呼ぶ。非常に友達思いで、戦車道履修を拒絶するみほを生徒会三役の詰問から華と一緒にかばったり、僚車の救援を迷っていたみほに声を掛けて背中を押したりと、要所要所で内気なみほをフォローした。誰とでも直ぐ親しくなれる気さくな性格は、他のチームメンバーや後輩達の心の支えにもなっている。第7話後半で、学園艦内探索中に複雑な艦底内部で迷子となった時は、不安に駆られた1年生たちを励ましていた。また、メール打鍵速度の速さが作戦に活かされたこともある。日に日に通信能力、コミュニケーション能力を発揮し、初めての練習の時とはうって変わって、全国大会では各車両への的確な通信で大洗の勝利に貢献する。皆が知らぬ間に難易度が有る第二級アマチュア無線技士を取得していたり、料理上手と努力家の一面も見せる。それらと同様に戦車の知識でも当初は「戦車なんてどれも同じに見える」と言うほど無知だったが、黒森峰のIII号戦車を少し見ただけで言い当てるまでに詳しくなる。戦車のデータ・スペックを書き記したと思われるノートを持ち込んでおり、そのノートから黒森峰のマウスの巨大さに驚いて発した一言がマウス攻略の糸口となった。あんこうチームの中で沙織だけは家族が出て来ないが、両親と妹が居るとの事。




あんこうチームWS0000041/35 伊CV33セリエII初期型小型戦車カーロベローチェ
1/35 伊CV33セリエII初期型小型戦車カーロベローチェ

五十鈴 華(いすず はな)
身長 - 163cm / 誕生日 - 12月16日 / 血液型 - B / クラス - 普通I科A組 / 好きな戦車 - C.V.(カルロ・ベローチェ)L3/33 / 好きな花 - 藤 / 出身 - 茨城県水戸市
操縦手→砲手。華道の家元の娘で、1日1回花を生けることを日課とする。長いストレートの黒髪を持つ大和撫子で、常に丁寧なしゃべり方をし、一人称に「わたくし」を使うなど清楚で古風な雰囲気を醸し出しているが、そんな雰囲気には似つかわしくない大食。華道よりアクティブなことをやりたいという理由で戦車道を選択する。沙織とはみほと知り合う前からの友達で、恋愛ネタやことわざを間違えた発言にツッコミを入れる。母に対しては意思を明確に告げるなど芯が強く、暗い場所や厳しい麻子の祖母、更にはあんこう踊りにも恐れないなど肝も据わっている。「生ける花は五十鈴流そのもの」と母に当初評価されていたが、実は本人の華道に対する態度もそうである。戦車道の履修が原因で母から勘当されるが、その戦車道の影響により華道の新境地を開いたことを認められて和解している。また非常に匂いに敏感で、樹木や花の匂いにかすかに混じる戦車の鉄と油の臭いを嗅ぎ分けた。
鋏以外の刃物を扱ったことがなく、包丁などの扱いが全くダメで、お嬢様育ち故に料理の経験も無い。その為にジャガイモの皮剥きで指を切ったほど。華道で培った凄まじい集中力を生かし、当初からその非凡な射撃センスを見せ、他校の熟練砲手に負けないその射撃技術で大洗の勝利に大いに貢献する。






あんこうチームWS000003ankou12.pngannkou11WS000000.png

秋山 優花里(あきやま ゆかり)
身長 - 157cm / 誕生日 - 6月6日 / 血液型 - Rh+O / クラス - 普通II科C組 / 好きな戦車 - 7TP双砲塔型(ナヒュール中戦車も気になる存在) /好きな花 - たんぽぽ / 出身 - 茨城県土浦市
漫画『コミックフラッパー』版では主人公。砲手→装填手。学園艦生まれで実家は秋山理髪店。戦車への愛情と共に造詣も深い筋金入りの戦車マニアで、自宅の部屋には戦車関連の品々が飾られている。1年前の決勝戦で黒森峰女学園の副隊長として指揮を執っていたみほを見て以来、彼女に対して強い憧れを抱いている。みほ同様に引っ込み思案な面があり、みほたちと知り合う前は趣味の合う友人が居らず孤立気味で、両親から心配されていた。その一方、相手の戦力を把握するために独断で潜入した諜報活動では独自に入手した制服で変装して短時間で動画編集を行うなど大胆さと器用さを併せ持ち、試合でも必要な場面では降車して単独で偵察を行う。その勇猛果敢さから、エルヴィンから「グデーリアン」と言う「ソウルネーム」でも呼ばれるようになった。なお、サンダース大学付属高校に潜入した時に、ナオミに所属と階級を問われてとっさに「第6機甲師団のオッドボール三等軍曹(映画『戦略大作戦』に登場する人物)」と名乗っており、サンダース内ではこの名前が優花里のニックネームとなっている。チームメイトにも軍隊式の敬語で接し、苗字に殿を付けて(「西住殿」「武部殿」など)呼ぶ。
登校するときのかばんはミリタリー仕様のバックパックで、いつでも野営できるよう飯盒やコッヘル、金属食器等を携帯している。ブーツや折り畳み式スコップなども持っており、テントの組み立て方やMREにも詳しく、戦車以外のミリタリー知識にも精通している。また、信号ラッパの吹奏も得意。豊富な軍事知識や、戦術行動時には大胆なほどの行動力を見せたりすることから、隊長のみほを戦術・精神の両面で支え、大洗の全国制覇に貢献する。
母親譲りのくせ毛で、もさっとした髪型をしている。中学校入学までは父親と同じパンチパーマにしており、友人がいなかったのはその髪型のせいだったのではと沙織に突っ込まれている。
『コミックフラッパー』版のアンツィオ戦では、B1 bisにて臨時の車長を務めている。





あんこうチームWS0000021/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.20 ドイツV号戦車 パンサーG型
1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.20 ドイツV号戦車 パンサーG型

冷泉 麻子(れいぜい まこ)
身長 - 145cm / 誕生日 - 9月1日 / 血液型 - AB] / クラス - 普通I科A組 / 好きな戦車 - コストパフォーマンスを含めた強さでパンターG型 / 好きな花 - オリーブ / 出身 - 茨城県大洗町
操縦手。沙織とは小学校からの幼馴染で、基本的に無表情で抑揚の無い男のような口調で話す。ロングヘアに白いカチューシャを付けている。極度の低血圧のためいつも眠そうにしているが、戦車道を続けている影響で改善傾向にあり、本人も自覚している。読書と昼寝が日課で、座右の銘は「果報は寝て待て」。苦手なものは早起き、お化け、祖母(麻子は「おばぁ」と呼ぶ)、高いところ。特にお化けと祖母が同じ位に苦手。成績は学年首席で博識な一面を見せたり、戦車マニュアルに目を通しただけで瞬く間に操縦を覚えたりと頭脳明晰だが、245日という驚異的な連続遅刻回数を持つ遅刻常習犯で、進級に必要な単位が不足しており留年の危機にあるため、戦車道の成績優秀者に与えられる特典の「遅刻見逃し200日」と「通常授業の3倍の単位」を獲得する必要に迫られ(ただし半分は沙織の巧みな脅しによるもの)、選択科目を当初の書道から戦車道へ変更した。粗野でぶっきらぼうな印象だが、チームメイトは沙織以外の3人を「さん」付けで呼んでいることから、礼儀正しい性格の持ち主。
小学生の時に両親を事故で亡くしており、唯一の肉親でもある祖母をとても大切にしている。メンバーで唯一船舶科に友人(中学時代の同級生)がいる。戦車操縦能力は大洗随一で、IV号戦車の他にも八九式中戦車やルノーB1bisを巧みに操縦しており、他チームからも一目置かれる。更に操縦指導を生徒会から任されるも、「どうしたら戦車の操縦が上手くなるのか?」と問うアヒルさんチームに対して「説明書に書いてある通りに操縦しただけ」と返答。「その説明じゃ分かりません」と返されて言葉を詰まらせた。よって指導力があるかは疑問。実戦においても、隊長みほの指示の通り動く高度な運転技術で、大洗の全校制覇に貢献する。

スポンサーサイト
ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]ねんどろいどぷち ガールズ&パンツァー (ノンスケール ABS&PVC塗装済みトレーディング可動フィギュア 12個入りBOX)
ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]
ねんどろいどぷち ガールズ&パンツァー (ノンスケール ABS&PVC塗装済みトレーディング可動フィギュア 12個入りBOX)


『戦車』と『萌え』が融合した画期的アニメ作品。
2012年10月~2013年1月まで放送され、多くのファンを魅了した『ガールズ&パンツァー』が帰ってキタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’━!!

ガールズ&パンツァーこれが本当のアンツィオ戦ですWS000000_resultガールズ&パンツァーこれが本当のアンツィオ戦ですWS000001_result

本編第7話「次はアンツィオです!」では語られなかったアンツィオ高校との戦い。
(本編の登場は、この2カットでアテレコ無しでした(p>□<q*))

ガールズ&パンツァーこれが本当のアンツィオ戦ですWS000002_resultガールズ&パンツァーこれが本当のアンツィオ戦ですWS000004_result


OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』では、ベールに包まれ、物議を醸したあの戦いが遂に映像化!!
イタリア的な雰囲気で「ノリと勢いだけはある」「調子に乗られると手強い」と恐れられた彼女らの獅子奮迅の戦いぶりを堪能してください。

しかし、イタリアの戦車って、たしか……
それはさておき、↓これがアンツィオ高校戦車道部のラインナップです。

スケール限定シリーズ 1/35 イタリア 重戦車 P40 89792アンツィオ戦WS000000_result
スケール限定シリーズ 1/35 イタリア 重戦車 P40 89792

○P40重戦車/アンチョビ(安斎千代美)搭乗
P40(Carro Armato P40)またはP26/40(Carro Armato P26/40)は、第二次世界大戦中にイタリアで設計・開発された重戦車である。本車は75mm砲とブレダ8mm機銃、および追加の機関銃を対空機銃架に装備した。公式なイタリア軍における呼称は、カルロ・アルマートは「装甲車輌」、Pは「Pesante(ペサンテ、「重」の意)」、26は車重が26t、40は1940年制定であることを示す。
設計は1940年に開始されたものの、イタリアが連合国との休戦に調印する時期までに、ごく少数の車輌しか生産されなかった。またその後、生産された少数の車輌はドイツ軍によって使用された。

P40は連合国およびドイツ軍の中戦車に相当する唯一のイタリア軍の戦車であった。25から30tの車重を持つこの戦車は、出現の2、3年前においては「重戦車」の範疇に分類された。フィアット M13/40 のような戦車設計は10から15tの車重を持ち、「中戦車」と考えられた。P40は重戦車と呼称されたが、国際標準においてこれは中戦車であった。


セモベンテ 75/18 M40-M41ガールズ&パンツァーこれが本当のアンツィオ戦ですWS000005_result
セモベンテ 75/18 M40-M41

○セモヴェンテM41/カルパッチョ搭乗(セモヴェンテ部隊長)
セモヴェンテ da 75/18またはセモベンテM40は第二次世界大戦中のイタリアの突撃砲である。MはMedio=「中」の略。“40”は完成年度ではなく、先に開発されたM13/40中戦車の車体を流用して造られた車両であることを意味し、試作車の完成は1941年であった。なおイタリアでは自走砲全般をSemovente(セモベンテ)と呼称していたが、現在一般的にはこの突撃砲の愛称として定着している。
ドイツ軍のIII号突撃砲にならって計画された歩兵支援用装甲戦闘車両である。M13/40中戦車の車体をベースとして固定式戦闘室と限定旋回式Da 75/18 75ミリ榴弾砲を設置し、1941年に試作車が完成、最初期型はM40/da75/18と名付けられ制式化、実戦配備された。初期の60輌はM13/40の車体を、以後の162輌はM14/41の車体を利用して製造された。
低い姿勢による待ち伏せに威力を発揮し、M13より装甲がやや厚く、また比較的安価な製造コストも歓迎されて、第二次大戦時イタリア軍で最も成功した戦闘車両といわれる。もっとも、それらは相対的な評価であり、ベース車と同じく信頼性の低い走行装置、旧態依然としたリベット止めの装甲、ショットトラップを生じている主砲防盾など欠点も多かった。


1/35 伊CV33セリエII初期型小型戦車カーロベローチェガールズ&パンツァーこれが本当のアンツィオ戦ですWS000003_result
1/35 伊CV33セリエII初期型小型戦車カーロベローチェ

○カルロ・ヴェローチェ(33年型)/ペパロニ搭乗(C.V.33部隊長)
C.V.33は、戦間期にイタリアで開発され、第二次世界大戦まで使用された豆戦車。各型式を合わせ2000輌から2500輌が生産され、第二次世界大戦突入時、イタリア軍が最も多く装備する装甲戦闘車両であった。イギリス製のカーデン・ロイド豆戦車の独自発展型で、当初C.V.33(カルロ・ヴェローチェ=快速戦車、33年型)として採用され、その後改良型のC.V.35、C.V.38などが作られた。1938年、イタリア陸軍の車両分類名称変更により、それぞれL3/33、L3/35、L3/38と改称されることになった。L3は3トン級の軽戦車を指す。
1929年、イタリアはイギリスから4輌のカーデンロイド Mk.VIを輸入。このライセンス得て、C.V.29の名称で21輌生産した。さらに、独自の発展型がフィアットとアンサルドによって開発され、フィアット=アンサルドC.V.33(もしくはCV33、C.V.3/33)として制式採用された。
C.V.33は、カーデンロイド Mk.VIおよびC.V.29同様の無砲塔・2人乗りの豆戦車だが、車体は完全に新設計の、それらよりも大幅に延長されたものとなった。カーデン・ロイド Mk.VIの初期の無蓋の戦闘室は、着席した乗員の肩の高さまで装甲板があるのみで、後期のタイプやC.V.29ではこれにピラミッド型のハッチを付けた。これに対し、C.V.33では戦闘室が増積され、上面には2つの平板なハッチを持つ。また乗員の配置はC.V.29までとは逆に、右が操縦手、左が車長兼機銃手となった。エンジン室のデザインはその後のL6/40軽戦車やM11/39以降の中戦車でも踏襲された。


Template by :FRAZ