back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE(通常版) [DVD]ルパン三世vs名探偵コナン (少年サンデーコミックス)
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE(通常版) [DVD]
ルパン三世vs名探偵コナン (少年サンデーコミックス)

今、あなたはどんな車に乗ってますか?
車は、それを選んだ人のステイタスを映し出します。

それは映画やアニメでも同じ。

『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』でも、たくさんの名車が登場します。
登場人物が垣間見せるセンシティブなチョイスを御覧ください。

ルパン愛車WS000000ルパン三世愛車WS000007_result

○アルファロメオ グランスポルト・クアトロルオーテ/ルパン三世の愛車
イタリアの自動車雑誌クアトロルオーテを主宰していたジャンニ・マゾッキが、ミッレミリアなどのスポーツカーレースで活躍した6C1750グランスポルトを復刻させようと提唱したのが始まりである。忠実に復刻するのではなく現代(1965年)のアルファ・ロメオのコンポーネンツを用いて当時の雰囲気を現代に蘇らせるのが目的だった。この企画はアルファ・ロメオとオリジナルの6C1750グランスポルトも手がけたカロッツェリア・ザガートがそれに応える形でスタートした。
エクステリア・デザインはザガートが当時の図面を引っ張り出して、それを元に新しくデザインを起こした。
パワーユニットは101系ジュリアTIおよびジュリア・スパイダーの4気筒1,600ccDOHCエンジンとギアボックスを流用している。足回りもジュリアの設計を用いている。ステアリング機構はラック・アンド・ピニオン式を採用しており、ウォーム・アンド・セクター式を採用した101系ジュリア、ジュリア・スパイダーに比べて、前輪の荷重負担が軽減されている。ブレーキはボディデザインに合わせてドラムブレーキ式が採用された。


HARLEY-DAVIDSON 2000 FXDL Dyna Low Rider 1/18 ハーレーダビッドソン ダイナローライダー ハーレールパン三世愛車WS000005_result
HARLEY-DAVIDSON 2000 FXDL Dyna Low Rider 1/18 ハーレーダビッドソン ダイナローライダー ハーレー

○ハーレーダビッドソン ダイナ(FXDL?)/峰不二子の愛車(灰原も以前愛車にしていた)
ハーレーダビッドソン・ダイナ (Harley-Davidson Dyna ) とは、アメリカのオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンが製造しているオートバイシリーズの一種。ハーレーラインナップの中ではダイナファミリーと呼ばれている。
V型ツインエンジンのFLとスポーツスターXLのフレームを合わせて誕生したFXを起源とし、専用のリアサスペンションとトランスミッションによりスポーティーな走りをする。エンジンはフレームにラバーマウントされているためバランサーはない。ハーレーダビッドソンの中で唯一FXDWGを除いてミッドコントロールとなっており、小柄な体格でも扱いやすくなっている。



1/24 スポーツカー No.110 1/24 アンフィニ RX-7 タイプR 24110ルパン三世愛車WS000001_result
1/24 スポーツカー No.110 1/24 アンフィニ RX-7 タイプR 24110

○アンフィニ RX-7/佐藤刑事の愛車
1991年10月、2度目のフルモデルチェンジによりFD3S型 RX-7が発表され、同年12月より販売開始。このフルモデルチェンジを機に、1971年から20年続いた「サバンナ」の呼称がはずされ、当時の販売店系列「アンフィニ」の名を冠して「アンフィニ・RX-7」として発売された。後に販売店のアンフィニ店がユーノス店と統合したことにより、車名が「マツダ・RX-7」となる。開発コードはX105。マツダ販売網で扱われるようになってからは、車体先端のエンブレムが、マツダのロゴマークとなった。キャッチコピーは『アンフィニのスポーツです。』『その非凡さが、アンフィニ。』『ザ・スポーツカー』『ザ・ロータリースポーツ』。
エンジン出力は、シーケンシャルツインターボが搭載された13B型ロータリーエンジンで255psだったが、初期型255ps車のパワーウェイトレシオ(重量/出力比)は5kg/psを切っていた。後にエンジンの出力向上が行われ、1996年1月のマイナーチェンジで265ps(MT車)、1999年1月のマイナーチェンジでは280psに達し、一部のモデルでパワーウェイトレシオは6.11kg/kw(4.50kg/ps)に達した。


YSN◇トヨタヴェルファイア/ライセンス車ラジコンカー/パープル-WD-Ⅱルパン三世愛車WS000003_result
YSN◇トヨタヴェルファイア/ライセンス車ラジコンカー/パープル-WD-Ⅱ

○トヨタ ヴェルファイア(ハイブリットZR)/アランが不二子の監禁に使用。後、不二子の移動用車両
「2.4Z」・「3.5Z」をベースに、シャンパンゴールド加飾のプロジェクター式ヘッドランプリング、メイン材にアルカンターラ(ゴールド パーフォレーション)、サイド材にクロコ調本革(クロコダイル風柄を型押しした本革)&ブラック人工皮革(レッドステッチ)を採用した専用シート、デュアルパワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機構付)、パワーバックドア(挟み込み防止機能付)&バックドアイージークローザー等を装備した特別仕様車「2.4Z"Golden Eyes"」・「3.5Z"Golden Eyes"」を発売。併せて、カタロググレードの「3.5V」・「ハイブリッドV」・「ハイブリッドZR」にはプレミアム本革シート、ラグジュアリーセカンドシートアームレスト&シートコントロールスイッチ、シートポジションメモリー・リターン機能、セカンドシートベンチレーション&快適温熱シート、読書灯、専用ブラック加飾スマートキーを追加装備した"PREMIUM SEAT EDITION"を新設し、ハイブリッド車には発電機を非常用電源として使用できるアクセサリーコンセント(AC100V-1500W)をオプション設定に追加。さらに、「2.4Z」・「3.5Z」をベースに、全高を約30mmダウンさせた専用チューニング・サスペンションの採用、ボディ剛性の向上を行うとともに、専用前後バンパー、全席アルカンターラ採用の専用シートなどを装備したスポーツコンバージョン車「G's」を発表した(「G's」は11月12日販売開始)。



トミカリミテッドヴィンテージ TLV-65b ダットサン ブルーバード 1200DX (茶)ルパン三世愛車WS000002_result
トミカリミテッドヴィンテージ TLV-65b ダットサン ブルーバード 1200DX (茶)

○ダットサン ブルーバード(410型)/銭形警部の愛車
後にブルーバードのイメージを牽引することになるSSSが設定された初めてのモデルでもある。日産初のフル・モノコック構造の車体を採用、当初のボディタイプは、4ドアのセダンとエステートワゴンのみ。先代に引き続き北米輸出が図られたほか、新たに欧州へ輸出されている。スタイリングはピニンファリーナによるものであったが、欧州調の尻下がりラインが不評で、販売台数で初めてコロナにリードを許す。エンジンは当初先代からのキャリーオーバーであるC型1000cc45馬力とE型1200cc55馬力であったが、電源は310系までの直流発電機(ダイナモ)から、交流発電機(オルタネーター)に変更し、発電性能を向上させている。トランスミッションは310型系以来のフルシンクロの3速MTで、1200ccには「サキソマット」のオートクラッチの設定もあった。グレード構成は、1000ccはSTD、1200ccはSTDとDX、ファンシーDX、エステートワゴン。



【Bburago】 ワーゲンビートル(1955)1:18 ベージュルパン三世愛車WS000006_result
【Bburago】 ワーゲンビートル(1955)1:18 ベージュ

○フォルクスワーゲン TYPE1/アガサ博士の愛車
タイプ1(Type 1 )は、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン社によって製造された小型自動車。「ビートル」Beetle や、「カブトムシ」の通称でも知られる。
1938年の生産開始以来、2003年まで半世紀以上も生産が続き、国際的な自動車市場で多大な成功を収めた。四輪自動車としては世界最多の累計生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的大衆車である。



ミニチャンプス 1/18 メルセデス ベンツ Eクラス ブラック 2009 MINICHAMPS MERCEDES-BENZ E-CLASS (W212)アランの車WS000001_result
ミニチャンプス 1/18 メルセデス ベンツ Eクラス ブラック 2009 MINICHAMPS MERCEDES-BENZ E-CLASS (W212)

○メルセデス・ベンツ Eクラス(W212)/アラン・スミシーが乗車
2009年のデトロイトモーターショーで正式デビュー、日本国内では同年の6月にデリバリーが開始。W210から採用され続けてきた楕円型4灯式ヘッドライトは、斜め四角型のものへと変更されている。またW120で採用されていたポントンタイプと呼ばれるリアフェンダーを強調するサイドプレスラインが取り入れられたが販売面は好調とは言えず、2012年には水平基調の穏やかなものに改められたと同時にヘッドライトも二灯式に改められた。
機構面ではW211から引き続き採用された機能に加えてSクラス (W221) から採用された「COMANDシステム」も搭載された。安全面では「ニーバック」を含めた9つのエアバッグを筆頭に「NECK PRO (ネックプロ) アクティブヘッドレスト」「アクティブボンネット」「アダプティブハイビームアシスト」「アテンションアシスト」が採用された。
メーカーオプションとして、Sクラスから採用された「ナイトビューアシスト」の改良型である「ナイトビューアシストプラス」や、メルセデス初搭載の「レーンキーピングアシスト」などがある。ナビゲーション関係では、地上デジタル放送チューナー (日本仕様のみ) を搭載し、DVDからHDDへと変更された。
日本仕様は「COMANDシステム」が全車へ搭載されると共に、E250 CGIとE63 AMG及びクーペを除く全車に「ダイレクトセレクト」も採用された。W211の後期モデルから登場したアバンギャルトSは廃止され、E250 CGIとE300のみエレガンスの設定がある[1]。当初はディーゼル車はラインナップされておらず、ステーションワゴンと共にW211型が販売されていた。


スポンサーサイト
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。