back to TOP

admin |  RSS
ROBOT魂 機動戦士Zガンダム [SIDE MS] キュベレイ 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュアFW GUNDAM CONVERGE EX12 ノイエ・ジール 1個入 食玩・ガム (ガンダム) HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 第6形態 1/144スケール 色分け済みプラモデル
ROBOT魂 機動戦士Zガンダム [SIDE MS] キュベレイ 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
FW GUNDAM CONVERGE EX12 ノイエ・ジール 1個入 食玩・ガム (ガンダム)
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 第6形態 1/144スケール 色分け済みプラモデル


zaku2j douga

僕はこれまで散々「人が減った」だの、「やめていく人が少なくない」だのと言ってきたけど……
でも、振り返れば0083の頃と変わらないくらい? 
ひょっとしたらソレよりは多いのかもしれない。

つまり、ガンオンにはそれだけのプレイヤーが未だ残っている。
この事実が意味するところは、『ガンダムオンライン』というゲームが楽しい、面白い、時間を費やすに値するゲームだというプレイヤーの評価と言って過言じゃないと思う。

ただ、新規プレイヤーはと言えば、大して増えているような印象を受けない。
自分が参加する常連時間帯を見てみるとほぼ同じメンバーだし(?)、昨日はピーク帯でサブ垢作って、新兵戦場を覗いてきたが、やはり人がいない。

現在の新兵キャンペーンは高ゲル、デザク(強)の銀図とレンタル。それに50戦の間、GP獲得3倍らしい。(16・3・23まで)

悪くはないと思うけど??
新兵が抱えるハンデを正しく理解するなら、もっとサービスした方がいい。

思えば、始めた当初、F重作るのもやっとだったし、強化はなかなか追いつかないし、戦場に出てみれば、フル強化のガンダム系だらけ!!
立ち回りもわからず、前に出過ぎてヘイトが集まり、装甲脆いし即死……
GPガシャを回して、強機体と言われるものを手に入れるが銀図で、しかも「ソレの銀図は使えないよ」というオチ。

それが日常だった。
この『ガンダムオンライン』というゲーム、新規にはとても厳しいのではないだろうか?

とにかく、設計図は手に入りにくいし、強化するGPを稼ぐのに苦労した。
今現在、GPガシャの廃止とアイテムがガシャから出ないシステムなので、新規にはさらに機体入手とGP稼ぎがとても難しくなっている。

「ガシャ回せば、何かしら銀図ぐらい出るでしょ?」運営の野暮な声が聞こえてきそうだ。

しかし、金図なら万全な強化が見込めるし、銀図では装備できない武器があったりして、長い目で見れば金図で手に入れたい。
このゲームのシステムを理解したのなら、そう考えるのは心情。

僕は、このゲームにどんどん人が集まって欲しいし、長く一緒にプレイして貰えるのなら、僕らが始めた頃よりも「高待遇過ぎる!」と羨むような特典がついても全然ネガらない。
むしろ、そうあって欲しいと考えている。

“伍長昇進で500万GP貰える”だとしても、“340コストの金図が貰える”だとしても、以前のブログに書いた“全兵種から各一枚ずつ高コストのレンタル機体配布”でもいい。
プレイヤーが増えるなら、僕らの抱えるストレスの幾つかは減っていく。
新しい楽しみ方が増える可能性だってある。

例えば……

マッチングの待ち時間減っていくかもしれない。
現在、大規模戦しかやることがないが、人員が増えたことで新しいコンテンツが増えるかもしれない。
新規が増えることで財源が潤い、新しいサービスが始まるかもしれない。

ガンオンは今だって儲かっているのかもしれない。
だけど、もっと儲ける間口を広げて欲しい。
如何に基本無料のゲームだとしても、ボランティアじゃないんだから。
稼がなきゃ、開発も何も出来ない。
人集めの目的だって、結局利益を得るきっかけ作りだろう。

ならば、もっと儲ける算段をすべき。
儲けて、僕らにフィードバックして欲しい。

今の運営は“ガンダム人気”の上にあぐらをかいて、この状態が永遠でもあるかのように思っている節がある。

だが、このゲームって基本的に大規模戦しかコンテンツ無いからマンネリ化にはとっても早く至りやすい。(局地戦は死にコンテンツなんで問題外)
ひょっとしたら、今度のぶっこわれ機体の登場で劇的に人が減るってことも無いとは言い切れない。
過去にそんなことがあったと聞くし、可能性は否定できない。

だからこそ、まだ人がいる今、人を集めなきゃ。
人がいなくなってからじゃ、マッチングしなくなったりとか、プレイヤーの質の低下とか、ゲームとして機能しなくなって、そもそも何も出来なくなったりとか……

そういう言うネガティブな連鎖で途端にサービス終了になったりしかねない。
対戦相手あっての対戦ゲームだし、ロビチャ賑わってのオンラインゲームだと思う。

運営サイドは、いい意味でもっと“金の亡者”になって、本気を出して欲しい。

スポンサーサイト
ZEONOGRAPHY #3007 アクトザク(ザクフリッパー) HGUC 1/144 RX-78GP02A ガンダムGP02A サイサリス (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY) 「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)
ZEONOGRAPHY #3007 アクトザク(ザクフリッパー)
HGUC 1/144 RX-78GP02A ガンダムGP02A サイサリス (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)


gp02-1WS000001.jpg

2016・2・24のアプデで実施された“統合整備計画”。
たぶん、この調整は今後実装されて、増えていく可変機に対する対空兵器の強化が目的じゃないかと思われる。

ビームの威力強化とマゼラの弾速強化を主軸に施されたが、この調整によって、決して小さくない連邦の戦力UPを促す結果になってしまったようだ。
連邦の機体は低コスト帯からビーム兵器を持っていて、全兵種において幅広く普及している。

それに引き換え、ジオンは低コスト帯は実弾兵器がメインで一番安いビーム持ち(スナイパーを除く)は280コストのガルバルディα(重撃)じゃなかったか?
原作を考えてもアクトザク・ゲルググ以降のMSになるので、どうしてもコストは高くなるし、連邦に比べ、数も少ない。

マゼラの弾速が早くなったとは言っても、連邦におけるビーム兵器ほどの普及率はないと思うし、パッと耳にして“威力強化”に比べ、インパクトが薄い。

確かにジオンでありながら一部の機体には影響はあったかもしれない。
しかし、今のところ、このアプデから享受された恩恵というモノを感じ取ることが出来ない。

実施前から一部プレイヤーは、この結果を危惧していた。
なのに、何故制作する側に実施後の顛末を想像することができなかったのか?

大々的に勿体つけた割にあまりにお粗末なアプデだったと言う他はない。(結局、ライゲルの速度はそのままだし……)

ここ最近、百式・テトラの凌ぎ合いで揺らいでいるパワーバランスが一気に連邦有利に傾いたのではないか?

ジオンプレイヤーの離散が心配でならない。

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.7 炎龍編II<初回生産限定版>【Blu-ray】 クイズ de GATE自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりGATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 特地第三偵察隊 メッセンジャーバッグ
「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.7 炎龍編II<初回生産限定版>【Blu-ray】
クイズ de GATE自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 特地第三偵察隊 メッセンジャーバッグ



sentouWS000001.jpg


異世界を行く伊丹たち第3偵察隊。
彼らの機動力を支えるのは日本が誇る軍用車両の数々。
今回はその中から、第3偵察隊の配備車両+戦車1種を紹介します。

1/35 ミリタリーシリーズ 陸上自衛隊 高機動車 (キャンバストップ) (FM42)戦闘車WS000001
1/35 ミリタリーシリーズ 陸上自衛隊 高機動車 (キャンバストップ) (FM42)

○高機動車

人員運搬や物資運搬など多用途に利用可能な、マイクロバスとトラック両方の性格を併せ持つ車両。災害派遣など、一般道路を使用する際は、73式小型トラックや73式中型トラックなどと共に使用される。
非装甲車両(ソフトスキン)として設計されており、ボンネットはFRP製で、防弾構造になっていないが、一般的な積層方法で製造されるメガクルーザーに対し、高機動車では真空成型となっている。ラジエーターも一般の自動車同様、垂直に置かれている。
一部車両は運転席と助手席の間のスペースにエアコン装置を装着している。初期生産型はシートのリクライニング機構が省かれていたが、後の改良でリクライニングシートとオプションでCDプレイヤー付きラジオが設定された。
固定武装は無いが、銃架をロールバーに取り付ける事で、普通科隊員が装備している5.56mm機関銃MINIMIを据え付けて射撃する事ができる。
現在生産されている73式中型トラックと本車のシャーシは、4WSの有無、ホイールベース、ばねレート以外は共通となっている。


1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.275 陸上自衛隊 軽装甲機動車 イラク派遣仕様 35275戦闘車WS000003
1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.275 陸上自衛隊 軽装甲機動車 イラク派遣仕様 35275

○軽装甲機動車

普通科などの隊員の防御力と移動力を向上させるのが目的の装甲車であり、性能や想定する任務は、歩兵機動車(Infantry mobility vehicle, IMV)に類する。 固定武装は無いが、乗員が天井ハッチから身を乗り出して5.56mm機関銃MINIMIや01式軽対戦車誘導弾などの火器を使用できる設計になっている。車体は装甲化され、避弾経始も考慮されているが、具体的な防弾・防爆性能は公開されていない。小型かつ軽量であるためC-1 輸送機、C-130H 輸送機、CH-47J/JA 輸送ヘリコプターなどで空輸することが可能となっている。
平成9年度から「小型装甲車」の名称で開発が開始され、平成12年度に部隊使用承認された。コスト低減を目的に、比較的短い周期でモデルチェンジされる民生部品が多用されたため制式化はされておらず、○○式という名称は付けられていない。
政策評価においては、 従来の隊員の機動力がトラックや高機動車等の非装甲車両であったことから、装甲防護力が脆弱であるため脅威下における戦闘には適さなかったが、軽装甲機動車の整備が進むことによりゲリラや特殊部隊等に対応するために必要な機動力と防護力の強化を実現できた、 遠隔地や島嶼部に展開する場合、従来の装甲車両は空輸性に制約があり迅速に集中・展開させることが困難であったが、軽装甲機動車の整備が進むことにより遠隔地や島嶼部への展開能力を向上することができた、イラクやハイチなど我が国とは大きく異なる過酷な環境下においても、その性能を十分に発揮しており、これらの任務の遂行に寄与している、と評価されている。


1/72 ミリタリーモデルキットNo.SP 陸上自衛隊 73式特大型セミトレーラー戦闘車WS000002
1/72 ミリタリーモデルキットNo.SP 陸上自衛隊 73式特大型セミトレーラー

○74式戦車

105mm戦車砲を搭載し、レーザ測遠機、弾道計算機、砲安定装置等を持ち、正確・迅速な射撃ができる。
空冷ディーゼルエンジンおよび姿勢変換のできる油気圧懸架装置を持ち、路上および路外走行性能に優れ、また、潜水渡渉も可能。
低姿勢であり、優れた防護力を有する。

※関連記事
○自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりの車両・航空機
○自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりの兵士武装

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035 GIGABYTE ビデオカード Geforce GTX750Ti搭載 ロープロファイル対応 GV-N75TOC-2GL【改良版】KOTION 日本正規代理店 EACH G9000 ゲーミングヘッドホン ヘッドセット 3.5mm 高集音性マイク LEDライト付 ヘッドアーム調整可能 PS4 タブレット ノートパソコン iPhone 6/6s/6 plus/5s/5c/5 スマホ対応 (ブラック&ブルー)
【国内正規代理店品】X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035
GIGABYTE ビデオカード Geforce GTX750Ti搭載 ロープロファイル対応 GV-N75TOC-2GL
【改良版】KOTION 日本正規代理店 EACH G9000 ゲーミングヘッドホン ヘッドセット 3.5mm 高集音性マイク LEDライト付 ヘッドアーム調整可能 PS4 タブレット ノートパソコン iPhone 6/6s/6 plus/5s/5c/5 スマホ対応 (ブラック&ブルー)


キャプWS000001

まず、詳しい話は後回しにして、症状と回復できた対処を先に……

インストール後に残っていた前OS のフォルダ(Windows.Old)を寝る前に削除して、翌日帰って来て、電源入れたら、右下のネットワークと音声デバイスのところに☓が付いているじゃないか?!
当然、ネットは繋がらず、音声も出ない。ディスク管理は開かないし、他にもいろいろあったかもしれませんね。
 
……ってんで、検索で「 msconfig 」と入力し、システム構成を見てみるとチェックが入っていないところがたくさんありました。
どれをチェックしていいのか分からなかったので、ひとまず「すべて有効」をクリック。
その処置でネット、音声デバイス等の復旧を確認。
そして、“システム構成”の細かな設定はネットで検索して、手動でやりました。
今はもう万全です。
                   


                      ◇                 ◇


それにしても昨日はてんやわんやでした;;

帰ってきて、しるびさんのYOUTUBE見ようかなと思ったら、繋がらない。

「ああ、昨日のアレがアレしてるんだな? まあ、いいや。明後日休みだし、ゆっくり対処するとして、音楽でも聴こうかな♫」

音楽のフォルダを開いて、ダブルクリック。あれ?? 音出ないし……
代わりに血の気の引く音を聞いた僕。

ウィンドウズ10が原因のトラブルが多発しているとは聞いていましたが、
まさか自分がそうなるとは夢にも思っていず、ネットの記事もスルーしていた訳でして、なってみて「ああ!読んでおけばよかった」って。

慌てて、長期休暇中のWindowsVista PCを叩き起こして、「そうだ! リカバリーディスクを作ろう」とオフィシャルからISOをダウンロードした矢先、電源ボックスが「くぅ~ん くぅ~ん」と音を立て、電源ON・OFFを繰り返して涙目。

それでもこっそり、親父の書斎に忍び入って、勝手にPC使わせてもらって、なんとかリカバリーディスクのダウンロードに成功。

まあ、インストールする訳ですが、「そもそもデバイス系は正常に動いてて、不具合出てるからこのインスコ意味なくね?」って気がついた。
そして、インストール失敗☓2


またやろうかと思ったけど、やっぱそこじゃないんだよ!
要はWindowsに認識されてないんだから、そこをやらなきゃ!

どうやって?

何度もシステム開いてみたり、デバイスマネージャー開いて、デバイスの動作確認したり、試行錯誤して、
レジストリーかな? と思った瞬間、何故か頭に『msconfig』の文字(普通レジストリーを見るときは“regedit”だよ)が浮かんで、速攻検索。

見てみるや、システム構成の各項目のチェックボックスが真っ白。
ああ! これに違いない!

すべて有効をクリックした瞬間……
ネットワークと音声デバイスに反応が出て、思わずガッツポーズ。

時間にして6時間弱。長い戦いでした。
あ~♫ 直ってよかった。

みなさんもWindows10をインストールする際はくれぐれもご用心!!

P.S
ちなみにさっきシステム構成の再設定済ました。
その時見たのがこの記事…Windows 7 の不要なサービスを停止(無効)にする方法


MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)HGUC 1/144 MSN-00100 百式 + メガバズーカランチャー (機動戦士Zガンダム)HGUC 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)
MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)
HGUC 1/144 MSN-00100 百式 + メガバズーカランチャー (機動戦士Zガンダム)
HGUC 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)


ガーベラテトラで思う


パワーバランスってホントに難しい。
機体の大きさ、積載量、装備の種類や威力、アーマー値、防御性能。
機体各々、どれも同じものはない。
そりゃそうだろう。
それが個性ってもんだから。

コストが高ければ高いほどポテンシャルは高くなる。
数多のプレーヤーは強さを求めて、それを手に入れようとする。
それが人情というものだし、現世の自然な風景だと思う。
それを活かす腕があるなら、どんどん使っていくことがチームに貢献するということにもなる。

だけど、その都度起こるシーソーゲームに振り回され、振り落とされる人も出てくる。
……とは言っても、それでも踏み止まって試行錯誤と工夫を凝らして戦い続けるプレイヤーはだって、まだまだ俄然残っている。

別に誰しも強要されてやらされている訳じゃないから、ヤメるも思い止まるも個人の自由。
楽しまなきゃ損なのだから、好きな方を選べばいい。

そして、いつか自分が望む状況が来たら……
例えば、キュベレイがありえない上方修正とか、実装されたバウがぶっこわれ機体だったとか?
そんな時に戻ってきて貰えるんなら、それはそれでいいんじゃないだろうか?

ただ、制作する側はそういった『ぶっこわれ機体』が出る度に相手陣営に決して少なくない人の減少があり得ると心得て、対策を練ってほしいものだ。

MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)HGUC 1/144 MSN-00100 百式 + メガバズーカランチャー (機動戦士Zガンダム)HGUC 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)
MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)
HGUC 1/144 MSN-00100 百式 + メガバズーカランチャー (機動戦士Zガンダム)
HGUC 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)


ガーベラテトラで思う



嘗ての大戦の始まりの時。
我が日本には零戦と呼ばれた名機が存在した。
大東亜の空を優雅に飛び回り、その性能は当時の世界最高峰だった。
敵国は恐れをなし、正面切っての戦闘を禁忌とした。
しかし、時が経つに連れ、敵国は持ち前の工業力を活かして、新型の戦闘機を次々に送り出し、遂には零戦を凌駕する。
これまで築いた栄光は無残に引き裂かれ、ただ為す術もなく蹂躙されたのだった。

実際の戦争さながらにガンオンの中でも同じ現象が起きている。
アレケン時代、フレピク・ナハト、そして、今は百式・テトラだろうか?

しばらく、ゲロビに蹂躙されてきた連邦。
連邦側のプレイヤーの動画を何本か見ていたけど、やはり相当げんなりした様子で悪態をついていた。
ガーベラテトラの出現で離れていった連邦サイドのプレイヤーも少なくないらしい。
ジオン側のチャットではガーベラテトラを絶賛し、みんなで挙って入手しようと活動していた。

そして、時は経ち。
連邦に新たな機体が実装された。
エゥーゴ切っての名機である百式。
これの実装により、再びパワーバランスは揺らぎ始めた。
強力な拡散バズを持ち、テトラとは打って変わって継続戦闘能力も高い。
そして、ボディーはビームコーティングが施されている。

連邦がこれを期に息を吹き返したと言うが、今度はジオン側で離れていくプレイヤーが出てきたらしい。

う~ん……

どうなんだろう? 
やっぱ無双できないと面白くないということなのか?
蹂躙されるのが悔しいということなのか?
底辺プレイヤーの僕には思い及ばないことなんだけど、何だか物悲しい。

ゲームは楽しむためにやるものだから、ストレス溜めてまでやるもんじゃないけど、このプレーヤーの減少傾向に何とか歯止めが掛かって欲しい。

今日午前4時台で863人しかいなくて強くそう思ったという話でした。

ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュアASSAULT KINGDOM EX10 ユニコーンガンダム&バンシィ 1個入 食玩・ガム (ガンダム) 【Amazon.co.jp限定】機動戦士ガンダム THE ORIGIN III (2巻連動購入特典:「1~4巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
ASSAULT KINGDOM EX10 ユニコーンガンダム&バンシィ 1個入 食玩・ガム (ガンダム)
【Amazon.co.jp限定】機動戦士ガンダム THE ORIGIN III (2巻連動購入特典:「1~4巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]


宇宙世紀WS000001


1978年から放送を開始して一躍、日本中に社会現象を巻き起こした『機動戦士ガンダム』。
今もなお、その人気は衰えることを知らず、ありとあらゆる派生形を生み出しつつ、進化する本作。

そのルーツである『宇宙世紀』シリーズをアニメ評論家氷川竜介氏(本動画では歴史学者リュースケ・ヒカワを自称)の解説で紐解いていくファン必見の動画です。

ドキュメンタリー映像として使われるアニメーション部分には、本編動画以外にゲーム作品のアニメパート動画などを一つのストーリーとして編集し、某国営放送チックなドキュメンタリー番組に仕上げてあります。

これを見れば、宇宙世紀シリーズのすべてがわかると言っていい超大作です。
ぜひご覧あれ!!



一年戦争史 再生リスト
https://www.youtube.com/channel/UCs_egr2EhQUhyTPILFyIJkw


ドラマチック育成ゲーム 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 DVD-ROM版新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd(セカンド) エヴァンゲリオン 明日香 風 猫耳 帽子 バッジ2個付き コスチューム用小物
ドラマチック育成ゲーム 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 DVD-ROM版
新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd(セカンド)
エヴァンゲリオン 明日香 風 猫耳 帽子 バッジ2個付き コスチューム用小物


evaWS000001.jpg


たまたま、ヨウツベでガンオンの動画流しっぱなしにしていたら、この動画を拾ってなんか、もうスッキリ!!

ずっと不思議に思っていたこと!

何故、いきなり第三使徒なんだ?
何故、大都市の地下にあんなデカいジオフロントが?
ファーストインパクト、セカンドインパクトがどうやって起こったのか?
使徒は一体どこから来たのか?

……などなど。

エヴァンゲリオンファンが討論を重ねてきたあの謎が遂に解明!!
オンエア時に不明確だっだ裏設定が詳細に説明してあって、「ああ! アレはそういうことか!」と思わず唸ってしまうこと請け合いです。

僕もこれを見て、断片的にしか知り得なかった世界観とか、あの司令の思惑とかが繋がって、とってもすっきりしました。

これって公式なんですよね? きっと。
……と想ったら、一部自己創作なようですが、よく出来ています。

でも、この動画はもう随分と前のものだし、知っている人はもう知っているのか?
知らない人は是非、見て欲しい動画です!!


エヴァンゲリオンがさらにわかる動画:旧【最終調整版】
https://www.youtube.com/watch?v=TeoFnVoiQAs


HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグシオンリベイク 1/144スケール 色分け済みプラモデル HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 新MS C (仮) 1/144スケール 色分け済みプラモデルHG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 流星号 (グレイズ改弐) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグシオンリベイク 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 新MS C (仮) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 流星号 (グレイズ改弐) 1/144スケール 色分け済みプラモデル



指揮WS000000


最近、深夜の戦場。
低階級と一緒だと、経験が浅い人たちが指揮をとることがままある。
経験の浅さ故に指示の意図が不明瞭だったり、指示が無い、もしくは指示の更新が遅かったり。
歩兵の不評を買って、“K”されてしまっている。

でも、僕はそんな新米指揮官たちにエールを送りたい!

だって、プレイヤーの多くは、そんな鋼のメンタルを持ち合わせていない。

どの戦場であっても指揮官はいたほうがいいに決まっている。
でも、誰しも気後れして、なかなか前に出れないもの。
だから、その意志があるのなら、どんどんやってくれた方が歩兵も助かる
指揮に専念して戦場の隅々まで見てくれる人がいるといないとでは歩兵の動きも随分と違ってくるのだから。

ただし、以下の条件に限る!!

○まず、参加するプレイヤーは様々なモチベーションで戦っていると理解すること。
 昇格、降格がかかっている人がいたり、エンジョイ勢だったり。
 それらの思いを担って……と言うと大げさだが、彼らへの責任がある立場であると心得られること。

○指揮官システムとそれにまつわる各制御が出来る。
チュートリアルで十分に訓練していること。代理指揮での参戦経験を積んでいること。

○マップの隅々まで理解し、マップごとの敵、味方のセオリーを熟知している。

○明快な指示が出せる。指示の更新、時間指定が出来る。

○マップ上の動き方から相手の思考を推測できる。

○みんなが納得できる歩兵参戦経験、戦績がある。

○礼儀正しい徳のある人である。うまく行かなくても口汚く罵らない。投げ出さない。

まあ、最低でもこのくらいは必要だと思う。

詳しいことはYOUTUBEで見つけた動画があるのでコレを参照。
Feartime a.k.a Yushi さんのこの動画には指揮に関するエトセトラが細やか丁寧に解説されています。
指揮をやっていきたいなら、要チェック!!


【ガンオン】指揮官解説 ~目指せ良指揮官!~【Gundam Online】Commander Commentary ~aiming to good commander!~
https://www.youtube.com/watch?v=O9bumtLSG1o


Google
ガンダムコレクション5 ザクタンク カメレオン 《ブラインドボックス》HGUC 1/144 MS-05L ザクI・スナイパータイプ(ヨンム・カークス機) (機動戦士ガンダムUC)ZEONOGRAPHY #3007 アクトザク(ザクフリッパー)
ガンダムコレクション5 ザクタンク カメレオン 《ブラインドボックス》
HGUC 1/144 MS-05L ザクI・スナイパータイプ(ヨンム・カークス機) (機動戦士ガンダムUC)
ZEONOGRAPHY #3007 アクトザク(ザクフリッパー)


狙撃11WS0000

今回リニューアルされたリボーコロニー。
本拠点周りの障害がいっさい取り払われて、攻めやすく守りにくい設計になっている。
それはあたかもどちらが先に全拠点を破壊するかというレースゲームを推奨しているかのように。

守りにくいのだから、いっそ守りを置かず全力で攻めて、敵よりもいち早く全拠点を落としてしまえ的な流れに実は僕はついていけない。

それは僕のこのゲームへの関わり方に由来する。
……というのも、僕はどちらかと言えば、キルデス、それも一対一の駆け引き、航空戦とかで言うところの格闘戦的(サーベルで斬り合うじゃないよ)な駆け引きを楽しみたいと考えているようだ。
今回のアプデでそれを再認識したような気がする。

もちろん、いつも隙あれば拠点を殴りに行くけど、今度の新しいリボコロはそれしか出来ない感に満ちている。
そして、ものの1,2分で終わって、何だかモヤモヤしている。

確かにほかの人にはこういったレースゲームを楽しめるのかもしれない。
楽しむ人が多くいて、僕もあくまで好みの話をしている。
だから、文句をつけるのはお門違いなんだけど……

再三、ブログに書いてきたが、僕がプレイできる深夜、早朝帯が最近、人がいなくて随分と待たされる。
時に30分待ちなんかザラにあったりもする。
そして、いざプレイ、はい! 2分で済ました……では、何だか味気ない。
コレが3回も連続した日には退室したくもなるし、実際にした。

それに言うも隠さず、このマップは強襲機体を優遇したマップ。
以前、ここの運営は、『強襲の数が多すぎる』とか、『他の兵種も使ってください』って調整をしたばかりじゃないか。

いったい、後衛職の人たちはどう思っているだろうか?
僕は基本的に狙撃や重撃中心でこのマップ出だしはバズ持ちゲルJで突っ込んでいる。
同じ後衛職でも狙撃ならまだ何とかなる。
例えば、支援専とか、(ジオンには少ないけど)砲撃専。
やることがかなり制限されるような気がする。
これらの職も等しく、活躍できる場を提供すべきじゃないだろうか?


例によって、また上申しときますわ……

HGUC 1/144 MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン (機動戦士ガンダム/MSV) HGUC 1/144 MS-14JG ゲルググJ (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)キーホルダー TWIN D (ウィングガンダムゼロカスタム×ガンダムデスサイズヘルカスタム)
HGUC 1/144 MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン (機動戦士ガンダム/MSV)
HGUC 1/144 MS-14JG ゲルググJ (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)
キーホルダー TWIN D (ウィングガンダムゼロカスタム×ガンダムデスサイズヘルカスタム)

gelc douga


ロビーチャットを見ているとよく見かけるのが、運営をディスるログ。
……で、いつも言いたくなる。

タイプする場所そこじゃない! 運営メールだ!

言葉が汚かったりするけど、みなさん良い意見とか持っていたりするからもったいないと思う。
確かにHP開いて、メールフォームの手続きして、メール打ち込んでは手間だけど。

制作サイドもチャットログ確認して、知ってるかもしれないけど、チャットに打ち込んだことはあくまで世間話程度の意味合いしか持ち合わせない。

変えたいなら、やはり、運営に直談判するしかない。
そういうのが積もり積もって、初めて民意になるんだと思う。

選挙でもそうだし、ガンオンでもそう。
票を入れてこそ、変わる世界があるんだと思う。

ちなみに僕もこのブログで書いていることは全部、要望として運営さんに送っている。

みんなの意見でガンオンを今より良くしていきましょう!!

ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E. 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュアHG 機動戦士ガンダム サンダーボルト 量産型ザク+ビッグ・ガン (GUNDAM THUNDERBOLT Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデルPG 1/60 ザクII用カスタムパーツセット#1
ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E. 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
HG 機動戦士ガンダム サンダーボルト 量産型ザク+ビッグ・ガン (GUNDAM THUNDERBOLT Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
PG 1/60 ザクII用カスタムパーツセット#1




zaku2j douga


今に始まったことじゃないけど、深夜~早朝帯。
接続プレイヤー数が1000人切っている事が多い。
それでも他ゲーに比べれば、多いのかもしれないけど、いろいろ、チョット心配。

プレーヤー数が少なければマッチングに支障をきたし、待ちきれない人はそのままログオフ。
さらにマッチングに支障。さらに待ち時間が長くなる。
その連鎖で徐々に人は減り、サービス停止へと……。
オンゲでは珍しくない風景かもしれない。

その状態を回避するには、やはり新規プレイヤーの獲得が重要になってくると思う。
どのゲームにも言えることだが、随時に新規が増やせなければ、やがて人は減っていく。

何故なら人は“飽きる”動物だから。
どんな人間も長い間、同じ状態、状況に置かれるとその状態に慣れ、感情が薄らいでいく。

溢れんばかりの幸福もそう。
どん底の不幸もそう。
これら、“楽しい”や“辛い”もしばらくすると、それが当たり前になってくる。
感情移入が出来なくなってくる。
そして、新しいモノを知らず知らず求めていく。
見つけるとそちらに感情移入して、近かりし過去から離れていく。

だから、今いるプレイヤーに依存しているようではそのゲームに未来を望めない。

ネットを弄っているとよくオンゲの広告にぶち当たる。
目に写ったどのゲームも新規特典が豪華だと思った。
中には、Lvの初期値(?)が2桁のものや中級武装が貰えたりとか。
こうなると新規の敷居も低いので、取っ付き易いのかもしれない。

一方、わがガンオンを見てみると……

ご新規さんには、ちょっと辛い。

初期機体はザクばっかり。(良い機体だけど、それだけってどう?)
特典機体も1機で比較的クセのある機体のみ。
しかもGPガシャが無くなったので欲しい機体が手に入りにくい。
よしんば、手に入るけど500万GP貯めるまでかなりの時間がかかる。
さらにGP貯まりにくい。

僕も2,3ヶ月前だったか?
サブ垢作った事があったけど、上記の理由で今はそっちではやっていない。

そうそう!

それに今思い出したが、僕が始めた頃って、新兵卒のための戦場(25vs25だったけ?)があったけど、今(2,3ヶ月前のサブ垢作った頃)閑散としていて、ほぼNPCを相手に戦うから、実際の大規模戦の雰囲気が掴みづらい。
そして、いきなり大規模戦でデッキはレンタルザクばっかだから、カモにしかならない。

「そこから這い上がって来い!」ってスタンスなのか、何なのか。
ガンダム好きじゃなかったら、挫折してたと思う。
たぶん、ガンダム好きってだけで続けている人も少なからずいて…… むしろ、そういう人たちばかりだからなのか?
運営サイドはそういう現状にあぐらをかいている気がしてならない。
新規にはあまり目もくれない。

ガンオンも「ご新規さんに優しいよ」って態度で臨んで欲しい。

特典で320~340コストのレンタル機体でいいから、全兵科から1機体ずつ出してもいいんじゃないだろうか?
例えば強襲なら高ゲル、重撃ならゲルキャ、砲撃なら砲ゲル、支援ならフリッパー、狙撃ならアクトなりゲルJ なり。
そうすれば、新規も臆することなく戦えるし、そのレンタル期間中に自分がどの兵科に適しているかとか知ることが出来るんじゃないかな?
レンタルだから使い続ければ、いずれ失くなる。
でも、使っていた機体に愛着も湧いて、その機体獲得のために課金とかあるかもしれないから、運営にとっても損な話じゃないと思う。

それに強化のためにGPを多めに付与してあげるのもいいかもしれない。

上記のことはともかく、
新規と古参のスキル以外の部分での格差の是正は、早めにやっていたほうがいいように思う。

P.S
でも、砲撃はグレーデンが最強だと思うの。

機動戦士ガンダムUC ラプラスの箱マルチスタンドガンダムで英語を身につける本―あの名セリフは英語だとこうなる!機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE
機動戦士ガンダムUC ラプラスの箱マルチスタンド
ガンダムで英語を身につける本―あの名セリフは英語だとこうなる!
機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE

ガンオンマスデバWS000000


より強くなりたい。
誰だって、そう思っていることだろう。
機体や兵器をフルマスしたり、銀図を購入して特性をあげたり。

差し詰め、兵器の最適化は費用もそこそこで効果が期待できる。
その際に欠かせないのがマスターデバイス。

通称“マスデバ”

兵器の強化可能回数を高めて、兵器性能を向上させることが出来るソレを含んだシステムはガンオン至上屈指の神システムと言えるんじゃないかな?
僕の主軸になる機体にはコレが惜しむなことなく使われて、成績向上に一役買っている。


さらにこのマスデバを使うことで特殊兵装を備えることも出来る。
僕はアクトザクのマレット機を強襲の主軸にしている。そして、盾がなくなるデメリットを承知でマスデバ兵器の二刀流T式を持たせている。
これが結構面白くて堪らない!

しかし、その他のマスデバ兵器を見てみると…… 僕的には小首を傾げるしかない。

先ゲルの投げナギナタ。
ヅダのライフル。
ザク改のバルーン。

使いドコロが今ひとつわからない。
みんなから“ネタ兵器”と揶揄され、貴重なマスデバを使ってまで装備する意味が無い。
何でこんなもの作ったのかと失笑せざる得ない。

これって制作サイドの開発費の浪費なんじゃないだろうか?

基本、ゲームとは楽しむためにやるもんだ。
それを制作する側はゲームシステムの末端まで楽しむことに配慮する義務があるんだと思う。
まして、これの開発には稀にしか手に入らないマスタバを使わなければいけないのだから、その性能も費用対効果でなければ、誰も納得しない。

何度も言うが、マスデバ自体、とても良いシステムだと僕は考えている。
これにワンランク上の楽しみを付与する意味で使える兵器の実装、既存の兵器の上方修正が必須なんじゃないだろうか?

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ロゥリィ・マーキュリー 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 【T.W.G.】 栗林志乃&64 式7.62mm 小銃キーホルダーGATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 特地行動報告書
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ロゥリィ・マーキュリー 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 【T.W.G.】 栗林志乃&64 式7.62mm 小銃キーホルダー
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 特地行動報告書



がて11WS000006



日本政府が特地(帝国)との和平交渉を推進する中、伊丹は任務を放って、周囲の熱い要望に応えるかのように僻地へと向かう。

挑むは、この異世界最大最強の害獣“炎龍”。
伊丹はレレイとテュカの魔法、ヤオら、ダークエルフ一行の捨て身の攻撃に助けられながら、どうにか炎龍を葬ることに成功した。

炎龍討伐を経て、伊丹たち一行に平穏が訪れたかに見えた矢先、帝国では皇帝モルトが倒れ、皇太子ゾルザルの不穏な計画が動き出そうとしていた。

急転直下の波乱を含んで展開する『GATE- 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』 炎竜編に出てきた銃火器と前回紹介できなかった銃火器をPick up!!



GATE銃00WS000000がて11WS000002

○110mm個人携帯対戦車榴弾(パンツァーファウストⅢ)/対炎龍の秘密兵器 1期3話・2期5話

 ドイツのデュナミト(ダイナマイト)ノーベル社(Dynamit Nobel AG)が開発した携帯式対戦車擲弾発射器。1978年、西ドイツ陸軍(当時)の要請によって、パンツァーファウスト44の後継として開発に着手され、1992年、統一後のドイツ連邦軍に制式採用された。
 本体は使い捨てのカートリッジ(HEAT弾頭&カウンターマス)と、再使用が可能な照準・発射装置から構成されている。外見はRPG7に似ているが、こちらは発射筒の部分も使い捨てとなっており、この内部に発射薬とカウンターマスが収められている。発射時には鉄粉製カウンターマスが後方に10mほど噴出し反動を相殺、発射炎(バックブラスト)が少ないため、建物内部からも発射可能である。RPG-7同様に弾頭は無反動砲式で、発射された直後にロケットモーターを点火し飛翔する。照準器とつながったストック部分は再使用される。このグリップ部にはH&K社の刻印と、G3/MP5系と見た目の似たセーフティセレクターが付いている。
 先端のプローブと呼ばれる信管は伸縮が可能で、対戦車用途ではプローブを伸ばして使用するが、完全に縮めた状態では強力な榴弾として使用できるように設計されている。
 戦車を正面から撃破できる強力な貫通力(最大700mm以上の圧延均質装甲板を貫通できる)を持ち、人員携帯型ロケット弾としては最大級の貫通力がある。取り扱いも簡単で安価な事からドイツ以外でも、スイスでは「PzF84」、日本では「110mm個人携帯対戦車榴弾」の名前で採用、ライセンス生産されている。陸上自衛隊ではLAM(Light Antiarmor Munition:軽対装甲火器)と呼ばれており、また砲ではなく消耗品扱いの個人装備用弾薬として配備されている。



honeyBee WAREHOUSE M26 レモン・グレネード(ダミー)がて11WS000003
honeyBee WAREHOUSE M26 レモン・グレネード(ダミー)

○M61破片手榴弾(栗林が使用 1期6話)

 M61は、1950年代にアメリカで開発された破片手榴弾で、M26の後継である。弾殻はスティールをプレス加工して作られた滑らかな紡錘形でその外観から「レモン」のあだ名で呼ばれている。
 なお、大戦中のMkII手榴弾等に施されていた表面の格子状の溝に関しては、現実には溝の間に泥が入りかえって滑りやすくなったり、破片形成にもたいした効力を発揮しないことが判明し、より効果的な、刻み目の付いた鋼製ワイヤを弾殻の裏側に貼り付けることで廃止されている。
 M61は、前身であるM26にジャングルクリップと呼ばれる安全装置を追加したもので、クリップ以外に外観上の大差はない。携行中、何かに引っ掛けて不意に安全ピンが抜けてしまい、そのままレバーも脱落して信管が作動してしまうケースがあったため、ピンを抜いただけではレバーが外れないよう押さえるクリップが付加されたものだ。
 着発信管を取り付けたM26A2と呼ばれる変り種も存在したが、生産は少なく、M26もすべてM61かM67に更新され、退役している。




ブローニングM2重機関銃セットA (三脚架つき) (1/35 35-L8)がて11WS000004
ブローニングM2重機関銃セットA (三脚架つき) (1/35 35-L8)
 
○ブローニング M2 キャリバー.50(車両に搭載)

軍用機や装甲車両の撃破を目的としてアメリカで開発された傑作重機関銃。米軍の要求に対し、1918年にジョン・ブローニングが設計した水冷式銃身の「.50口径機関銃M1921」を原型とする。
 M1921は1930年代に当時のアメリカ陸軍で改良が行われ、「.50口径機関銃M2」として新たに採用された。1938年には耐久性を増したヘビーバレルをもつ「M2HB(M2 Heavy Barrel)」へと更新されて、ほぼ完成形に至った。
 M2は桁外れな威力を持つ.50口径弾を長時間連続発射でき、悪環境での信頼性も高く、余計なパワーソースを必要とせず、部品交換で給弾方向を変えることも可能である。整備性も良好と文句の付けようが無いほど完成度が高い。
 ちなみにM2は採用当時、水冷式と空冷式の二つのバージョンが作られて配備されていたが、空冷式のM2HBが充分な性能を有していたため、重くかさばる水冷式M2は廃止されていった。M2HBは、現在に至るまでほとんど姿を変えることなく生き残っている。
 第二次大戦ではアメリカ軍の主力重機関銃として戦車や装甲車、航空機の搭載機銃として幅広く活躍した。ただし戦闘機用としては威力の割に大重量で、高いGの掛かる格闘戦では意外に装弾不良率も高く、このため6~8挺の多銃装備でカバーする機種も多い。戦後もアメリカや日本などをはじめ、旧共産圏をのぞく世界各国の重機関銃として今なお第一線で活躍している。
 一方で、全く昔のままというわけでもなく、クイックチェンジバレルシステムの導入など、現在も地味に改良を続けている。各種光学機器用のマウントレールをはじめ、またシュアファイア社が専用の取り付けマウントを有した投光機を製作するなど、近代化装備の開発が今も各所で行われており、一部ではすでに実戦配備されている。現行モデルはゼネラルダイナミクス社やFNUSA社などの数社が製造を行っている。
 .50口径(12.7mm)と云う高威力のM2は「対物火器」として対人使用は自粛が求められているが、戦場ではお構いなしで頻繁に対人で使われている。ベトナム戦争さなかの1967年には、米海兵隊狙撃手カルロス・ハスコックによって、約2300mの長距離狙撃に使用された。1982年のフォークランド戦争でも陣地に籠もるアルゼンチン軍が装備するスコープ付きM2による狙撃に、質量共に優れるイギリス歩兵が多大な被害を受け、陣地1個1個に対してミラン対戦車ミサイルを撃ち込んで始末したとの逸話も持つ。高い火力と汎用性からテロリストにも重用され、海賊などの武装集団が敵対勢力を建物の壁ごと貫通射撃して殲滅させたとの事例が多数報告されている。


HK 416D (18歳以上次世代電動ガン)がて11WS000005
HK 416D (18歳以上次世代電動ガン)

○HK416(特戦群隊員が使用 1期9話)

 2000年、当時イギリスBAe社傘下だったH&K社は、技術力を見込まれイギリス軍の主力火器SA80の改良を請け負った。その実績から当時デルタフォースの研究開発部門に属していたラリー・ヴィッカーズ監修のもと、デルタフォースとの合同研究開発・フィールドテストを行い、M4を含めたM16系の近代改修モデルとも云うべきH&K版M4――コルト製と区別するため「HKM4」と呼ばれる――を2004年に発表する。
 HKM4は、M16系の特徴であったボルト作動方式を変更し、同社G36やXM8のガスピストン作動システムを移植。2万発もの発射に耐える耐久性(公式発表)を実現し、その後の耐久性・信頼性向上を目的としたガスピストン式AR15クローンブームの先鞭となった。
 発表時のデモンストレーションでは泥水に浸したHKM4を引き上げ、そのまま射撃を行うという驚くべきパフォーマンスを披露。HK416へとアップグレートされた後の2006年のデモンストレーション動画では米軍SOCOM基準の耐水射撃テストをM4と共に行い、難なく射撃を行うHK416に対し、M4は同じテストで機関部が破損するというテスト結果となった。しかしこれに関しては、テストはM4側は水を抜く暇を与えず即座に射撃行っている、初期には耐水能力を保証しているモデルは特注モデル(A2)のみであったなど、些か誇張された箇所も多かった。
 他にもハンドガード部の変更による銃身の過熱問題への対応、SA80改修時に開発したジャム頻度が低い新型スチールマガジンの採用など、外観そのものが大きく変わるような変更はほとんどなく、各部の信頼性向上への改修が多い。そのため操作方法は従来と全く同じで、既存のM16系ユーザーも違和感なくHKM4に移行できるよう考慮されている。ほぼM4の上位互換とも見える仕様だが、(以後登場した他のガスピストンAR15も同様だが)ガスピストン作動へ変更された事で、重量はやや増加し、またガスによりボルトが直接後退するM4と異なり、バレル上部のピストン運動がボルトを後退させるため反動でマズルが跳ね上がり易くなっている。
 2005年には、コルト社からの抗議により名称を「HK416」へと変更。FN社製SCARといった対抗馬もあらわれ、並行して試験されていたXM8も計画自体がキャンセルされるなど逆風もあったが、現在は着々と採用実績を伸ばしつつある。
 現在のところ、アメリカ、インドネシア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、韓国での採用が伝えられている。主に特殊部隊などの限定的なものがほとんどだが、ノルウェーでは、現用のG3に替わる制式主力ライフルという、大口採用である。トルコではライセンス生産による同様の制式化が予定されていたがキャンセルされた。またイタリア、ドイツ、フランスの特殊部隊、海上自衛隊の特殊部隊「SBU」でも試験的に導入されたとも云われている。
 珍しいところでは、アメリカ軍がHK416D10RSの「上半分」のみをSOPMODキットとして供給しているようで、通常のM4カービンのロアレシーバー(要は下半分)に、HK416のアッパーアセンブリが組み合わされたライフルを携行する特殊部隊員の写真が見られる。
 2011年5月2日にビンラディンを襲撃、殺害した米国海軍DEVGRU(旧SEALチーム6)所属の隊員が本銃を使用していたという情報が海外のミリタリー系サイトで話題となった。


※関連記事
○自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりの車両・航空機
○自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりの兵士武装


「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/144スケール 色分け済みプラモデルアーマーガールズプロジェクト MS少女 ガンダムMk-II(ティターンズ仕様) 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
アーマーガールズプロジェクト MS少女 ガンダムMk-II(ティターンズ仕様) 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


ガーベラテトラで思う

「新しい金図が欲しい」

最近、うわ言のように呟いている。
思えば、GPガシャのシステムが変更になってからというもの、新しい機体が手に入りにくくなった。
500万GP出せば、それは手に入るだろうけどNガシャには他にもたくさんの恩恵があった。
欲しい金図に至るまで何回も回して出た銀図は特性の強化に使えたし、それまでにアイテムも無数にドロップしたし、いらない初期機体を売れば、かなりかなりのペイバックがあった。

何より欲しい機体が選べて、GPが許す限りチケットを購入できていたから、飽きっぽい僕でもGPを稼ぐべく、やり込み要素があった。
YOUTUBEを見てみるとGPガシャ回すだけで1つの動画が成り立つほどなので出にくいとしても評判は悪くなかったと思う。

しかし、今のシステムになって、報酬で出ると言われたチケットもなかなか出ないし、
いざ回しても欲しい機体は選べない。
そして、すでに700枚位回してみたが金図が一枚も出ない。
……となると、僕はそこまで慌てるようにやり込もうなんて気がしなくなった。


それにデッキボーナス廃止も首を傾げたくなる。
ユニットを使ってもあの恩恵の薄さたるや……

攻撃力アップは素直に喜べる。
7%は相当でかい!
でも、他がお粗末すぎて、デッキボーナスの頃が良かったなって感じになってくる。

これを始めに至ったのは、運営さんの何らかの見通しありきなのは明らかだけど、
一体何を狙っていたのか?

いくら回しても金図が出ない(場合もある)GPガシャへの補完的措置?
デッキ構成の自由度拡張?

それが建前のような気がして仕方ない。
邪な匂いしかしない。

Zプロジェクトのオフイベで大々的に変革をアピールしたのに蓋を開けてみれば、「何だ、結局前と変わりないじゃん」って言いたくなってくる。
キュベレイも今のところダメダメだし。

会社だから利益の追求は必然だけど、それもプレイヤーありき。
だから、プレイヤーを置いてきぼりにするような政策はお控え願いたいものです。

ガンオンは素直に面白いと思うし、これからもやっていきたいと思う。
だからこそ、苦言も出ちゃうのねって言うお話でした。

HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN) HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN YMS-03 ヴァッフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN YMS-03 ヴァッフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)





ganonシンゲル

再三いいますが僕のPCは低スペック。それがこちらの3万円pc(16・1・11の記事)
低スペックだとあらゆる場面でカクつきが生じる。
この現象…… ずっと僕ら低スペ人だけのものだと思っていた。
でも、最近動画を見るようになって、名だたる大物プレーヤーのお歴々も同じ苦しみを背負っていると知った。

思うに今のガンオンって変なところにこだわりすぎている気がする。
例えば、雨エフェクト。
あれが有ると無しとじゃクライアントの動作が随分違う。
アレって必要な演出かといえば…… どうでもいい。
むしろ、重くなる分邪魔でしかない。

そして、ずっと思っていたけど、ガンオンは51on51にこだわり続けるべきなんだろうか?
確かに100人が遊べるって言われると数的にキリもいいし、所見でスゲエみたいにはなるけど現実はマッチングやら、CPUに負荷がかかり過ぎたりとか悪影響もあったりする。
せめて、45on45ぐらいにならないものだろうか?
それで負荷が大幅に減ることは無いにしろ、雨の戦場とか遺跡やBAでの戦闘はかなり楽々になるだろう。それに多くのぷれーやーがディスっているオフピークのマッチングにも大いに貢献できるはずだ。
待ち時間を少なくし、円滑な動作を可能にすることでプレーヤーのストレスはかなり減ってくるもんだと思う。

今月(2016・2月)には統合整備計画を予定しているみたいだけど、それ以前整備すべきことは山のように残っている。
たぶん、今回僕が言ったことは僕以外の人たちも思っていて、まあ、実際、動画でもかなりの人が同じことを言っていし、
幾人かは運営に要望をあげていたりするんだと思う。

みんながハイエンドモデルを持ってるわけじゃない。
みんなが長時間待てるわけじゃない。
みんなが長時間プレイできるわけじゃない。

そのことを運営さんにも知ってほしい。
……って、要望を上げましたとさ。

HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN) HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN YMS-03 ヴァッフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN YMS-03 ヴァッフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)


gannonn160110.jpg


みんなが思っていることだとは思うけど……

あ、今『機体強化大作戦』ってイベ中なんだけど、ま~っ 出ないね。

イベチケが!

出ないって諦めてるし、出ても1つ、稀に2つで気分あがりません;;
もう、そのためにこのゲームやり込もうって気にならないもん。
最近の深夜早朝帯じゃあ、もう接続数3桁になるなんて、ざらにある。


今回に限った話じゃなくて、報酬から何か出る系のイベントってあんまり期待できない感が否めない。
イベント、イベントっつってもEXガチャイベ以外プレーヤーがついてきていないんじゃないかな?
いっそ“イベント”なんて言わず、“○○週間”っていい方した方が潔し
Pが変わったって話だったけど、サービスが足りないのは前と一緒。何が変わったかわからない。

運営さんはこれで良しと思っているのだろうか?
たぶん、イベチケ配りすぎるとマスチケが売れなくなるとか、これに慣れてプレーヤーの要求の敷居が高くなるから嫌ってことだろうけど、そのせいで何もかも中途半端。
それって結局、運営さんへの信頼を下げているって気がする。
さて、商売人として、どんなだろう?

前回のガンダリウムγのイベントでそこそこ盛り上がったんだから、そのままの勢いを維持するようにイベントを刷新する必要性があったんじゃないかな?
ジオンはあのイベ結構喜んでるよ。
リックディアスなんていい機体がもらえて。
これはちょっとやり込もうかなとか、
これはフルマスしちゃおうかなって、マジに思ったもん。嬉しかったもん。

ね、プレーヤー喜ばせ、楽しませればイン率UPは望めるし、その増えた中から課金も望めるかもしれない。

だから、またガンダリウムγイベみたいなイベントがあればいいのに……なんて……
まあ、素人の浅知恵だけどね。



HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN) HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN YMS-03 ヴァッフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN YMS-03 ヴァッフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージ(専用ザク・コントローラー同梱)


gannonn160110.jpg


「支援、さっさとレダ置けよ!」とか、
「支援、仕事しろ!」とか。

試合に参加するたびに見かけるレスだが、見る度に「こいつ、支援やったこと無いんだな」って失笑してしまう。

僕も最近は、ごくたまにしか支援やらないし、やってもリペ中心なんでレダ支援中心のプレイヤーの気持ちを代弁できようはずはないんだけど……

はっきり言えることは彼らは彼らなりの仕事をちゃんとこなしていますよってこと。

格闘専の人は自分なりの角待ちポイントを押さえてるし、狙撃専の人は的確な高台、遮蔽ポイントを抑えている。
同じように支援やる人だって、だいたいどこに置いたら良いかなんて、重々承知しているはず。

じゃあ、なんでレーダー無いの?
それは大体の場合、壊されてるから。

その原因の一つに戦線の後退がある。
ラインが下がれば下がるほど、味方側は目の前の敵だけに意識が集中、視野狭窄になる。
その状態で防御のほころびが生じ、隙すら生まれる。
そうなると敵はその隙に乗じて、こちらの勢力圏内に潜入。
当然、その過程で見つけたレーダーは悉く破壊される。
砲撃だって飛んで来るし?


だから、実はレーダーがないのは、歩兵にだって責任がある。

今に始まったことじゃないけど、膠着状態で前に出ない人って、あまりにも多すぎ。

コスト高い機体に乗ってるからか?
脆い機体に乗ってるからか?

フリーの拠点を前に動こうとしない。

誰かがやるのを待ってるのか?

まあ、ジオンは盾持ちも少ないから、連邦に比べリスクは高いに違いない。
それでも誰も前に出ようとしない現状にしびれを切らして前進してみると意外と味方はついてきてくれたりもする。

やっぱりジオンは前に出てなんぼ、攻めてなんぼなんだと僕は思う。
支援をとやかく言う前に歩兵は与えられた機体と持てる技能を十分に発揮して戦線を優位に導くべき。

P・s そんなにレダ欲しいなら、自分のデッキにレダ支援一機入れたらいいじゃん



FW GUNDAM CONVERGE ♯1(ガンダム コンバージ ♯1) [123.ガーベラテトラ](単品) FW アルティメットオペレーションプラス5 AGX-04 ガーベラ・テトラ 《食玩》FW GUNDAM CONVERGE EX07 デンドロビウム #1[123]ガーベラテトラ セット
FW GUNDAM CONVERGE ♯1(ガンダム コンバージ ♯1) [123.ガーベラテトラ](単品)
FW アルティメットオペレーションプラス5 AGX-04 ガーベラ・テトラ 《食玩》
FW GUNDAM CONVERGE EX07 デンドロビウム #1[123]ガーベラテトラ セット



ガーベラテトラで思う


フレピク・ナハトが空を飛ばなくなって、もうどれくらい経つのかな?
それだけでジオン民の僕にとって穏やかなガンオン生活が過ごせている気がする。

しかし、連邦民の一部の人からは相変わらずネガる声が途絶えない。
それは驚異的なビームを垂れ流すガーベラテトラの存在があるからにほかならないわけだが……

確かにあの攻撃力は異常かもしれない。
緑の閃光が瞬くやいなや、その射線にいる敵をあっという間に死体に変わる。
その威力を以って現在のジオン最強機体と言わしめ、過半数のプレイヤー所有しているので、初動はまさしく“ゲロビオンライン”!!
為す術もなく朽ちていく連邦民から妬みの声があがるのもわかるような気がする。

だけど、ガーベラテトラの存在がジオンを優位にしているかというと一概にそうとは言えない気がする。
だって、ガーベラって、すぐ前線から引いていくから。
例えば、ニューヤーク。ゲロビ軍団が3拠点をジオンが制圧したとしても、取った後は前線から一斉に去って行く。
弾薬が尽きて、補給に帰るガーベラ。
その隙に連邦は立て直して、一気に拠点強襲、そして奪還。
そんなことがよく起きる。
その後もガーベラを攻撃の主軸とするジオンはラインを押し上げることが出来ずにじりじり押されて本拠点そばでの乱戦に持ち込まれると、もう“負け試合”待ったなし。

僕みたいな深夜、低階級戦場では、もう手の施しようがない。
ガーベラ使うことには別に異論も文句もないけど、そればっかだとチーム全体的なバランスが一時的な突出力に偏りすぎて、持続性に欠けているってことを忘れて欲しくない。

しかし、現在のジオン。
他に決定打があるかというと、そうじゃないってところもネック;;
いろいろ考えさせられる……

P.S テトラって銀でもいけるのでしょうか? 銀図なら持ってるけど作るかどうか思案中。



Template by :FRAZ