back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
マクロスダイナマイト7 DYNAMITE FIRE!!マクロス7 ミレーヌバルキー VALKYRIE VF-11MAXL改 1/144スケール バトロイドモード・ファイターモードセットマクロス7トラッシュ(2)<マクロス7トラッシュ> (角川コミックス・エース)
マクロスダイナマイト7 DYNAMITE FIRE!!
マクロス7 ミレーヌバルキー VALKYRIE VF-11MAXL改 1/144スケール バトロイドモード・ファイターモードセット
マクロス7トラッシュ(2)<マクロス7トラッシュ> (角川コミックス・エース)






マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 1 (アンコールプレス版)
マクロス7挿入歌『突撃ラブハート』
(Youtube 8bit音源)


マクロス7BGWS000002マクロス7BGWS000000

まずはイントロダクションから……

西暦2045年。
巨人型異星人ゼントラーディとの間に勃発した“第一次星間戦争”の終結から35年の歳月が過ぎていた。

超マクロス級の第7番艦“マクロス7”。
それを中核とする超マクロス級移民船団である第37次超長距離移民船団は移民可能な星を求め、当てのない銀河の旅を続けていた。
そんなある日、平穏な日々を過ごすマクロス7船団の市民たちに衝撃のニュースが流れる。
“プロトデビルン”と呼ばれる正体不明の異星人の襲撃。
そして、それと戦い、負傷した兵士は皆、まるで精気を抜かれたように無気力になり、生命機能に異常を来す者すらいた。

その窮状の中、FIREBOMBERのボーカル熱気バサラは愛機ファイヤーバルキリーを操り、戦場へと赴く。
戦うためではない。ただ、歌を届けるために……
当初は統合軍の兵士ばかりか、メンバーのミレーヌにまで冷ややかな目を向けられたが、やがて彼の歌が囚われて操られている者の洗脳を解いたり、敵を威圧することが判明した。
FIREBOMBERはすぐさま民間協力隊“サウンドフォース”として統合軍に編入され、作戦の中軸を担うことになる。
しかし、どんな状況に置かれてもバサラの信念が変わりようはない。
砲火が飛び交おうが、戦場の真っ只中だろうが歌いたい時に歌い、歌で争いを終わらせる。

激しい戦火の中で「オレの歌を聞けぇ!」と叫んで。



マクロス7BGWS000001マクロス7BGWS000003


今、マクロスΔが絶賛放送中なのですが、そのマクロスシリーズの三作目がこのマクロス7なわけです。(河森さん原作では二作目)

河森さんはその頃、「マクロスには、もう手を付けない」と宣言していたらしいのですが、八谷賢一監督のOVA『超時空要塞マクロスⅡ- LOVERS AGAIN』やら、ハリウッドからの実写化の企画が持ち上がったりやらで触発され、遂に重い腰を上げたという経緯があります。
実写化されても、初代マクロス放送終了から10年ほど経っていて、その当時の子供たちはマクロスを知らないでいる。
それならと本作とOVA『マクロスプラス』がほぼ同時進行で作られたのです。
そして、“歌うパイロット”“戦わない主人公”というロボットアニメにあるまじき冒険に出ました。
何故かその目論見は的中して、20年間経つ今でも名作の一つとして語られるほど愛されているわけです。

でも、その当時、見ていた僕を含むアニメファンの間では賛否が大きく分かれていた話題作でもありました。
何せ主人公は戦わない。殴られても殴り返さずに歌い続ける。「ナンジャコリャ-」だったんです。
でも、後半に向かうに従い、頑ななバサラの情熱がファンの間にも溶け込んで、多くの支持を集めていくんです。
もう“一周回って、それカッコイイ”ってことですよ。
初代マクロスで異彩を放った板野一郎さんがマクロスプラスの方に回って、演出がどうなんだろうと思いましたが、全然違和感は無く楽しめました。
何でも当時、原画2~3千枚が普通だったことに7000枚以上も使ったという力の入れ方でしたから。(ただし、使い回しも多いです)


使われた歌も熱いものばかりでしたね?
OPの『SEVENTH MOON』に『TRY AGAIN』『MY SOUL FOR YOU』『突撃ラブハート』などなど。
それにミレーヌの『GO(自由な唄)』『MY FRIEND』
どれも名曲です。
これらの曲は世間的にも評価され’95日本ゴールドディスク大賞アルバム・オブ・ザ・イヤーアニメ部門を受賞してアニソンとしては異例の売れ行きを記録したそうです。

これらの曲は後の作品でも使われ、大いに盛り上げてくれます。
マクロスFでは第17話『グッバイ・シスター』でオズマのテーマ曲のように『TRY AGAIN』『MY SOUL FOR YOU』が使われていましたし、マクロスΔでは第11話『追悼ジェリーフィッシュ』ではチャックの弟たちが弾き語りで『REMEMBER16』を歌っていたり。

これらの名曲は今後のシリーズでも歌われ続けていくことでしょう。
ちなみにこのページの頭に貼ったyoutubeの音源は僕の好みで『突撃ラブハート』にしました。


スポンサーサイト
機動戦士ガンダムUC COMPLETE BEST機動戦士ガンダムUC11 不死鳥狩り<機動戦士ガンダムUC> (角川コミックス・エース)一番くじ 機動戦士ガンダムUC プレリュードオブエピソード7 A賞 ミネバフィギュアスペシャルカラーver.
機動戦士ガンダムUC COMPLETE BEST
機動戦士ガンダムUC11 不死鳥狩り<機動戦士ガンダムUC> (角川コミックス・エース)
一番くじ 機動戦士ガンダムUC プレリュードオブエピソード7 A賞 ミネバフィギュアスペシャルカラーver.




機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) (初回版) 全7巻セット [マーケットプレイス DVDセット]
機動戦士ガンダムUC(episode6)ED 『RE:I AM』
(Youtube 8bit音源)


まずはこの物語のイントロダクションから……

U.C0093年2月末日 ネオ・ジオンの総帥となったシャア・アズナブルは、地上の荒廃が進む中、未だ重力に引かれ、スペースノイドへの弾圧を続ける連邦政府に事実上の宣戦布告を宣言する。
ネオ・ジオンは、周到に準備された計画にそって、翌3月、怒涛の強攻策に出る。
地球へと人工惑星アクシズを落下させるべく行動を起こすが、連邦の外郭新興部隊“ロンドベルによって阻まれる。
後にシャアの反乱。もしくは第2次ネオジオン戦争と呼ばれる出来事だった。

それから3年後。バナージ・リンクスは工業コロニー“インダストリアルセブン”にあるアナハイム工専で勉学に励んでいた。
そこでバナージは運命的な出会いを果たす。
オードリー・バーンと名乗った少女は、戦争を止めるためにビスト財団の当主カーディアス・ビストに会わなければいけないと言う。
オードリーに惹かれ、助けたいと願うバナージは、ネオ・ジオンと連邦の抗争に巻き込まれ、波乱の渦中、戦禍の只中に引きずられていく。


がんだむUCロボWS000000がんだむUCロボWS000001


本作の原作は福井晴敏さんの小説ですね。
福井さんはガンダムファンとして有名です。
ユニコーンの前は∀のノベライズも出されてるのをご存じの方も多いでしょう。
何年か前にNHK-BSであった丸一日ガンダム特番の時、福井さんも呼ばれて「ガンダムは義務教育の一環だった」と豪語し、他の参加者の喝采を受けたのを今でも覚えています。

この作品はTVアニメの『ガンダム』『Zガンダム』『ガンダムZZ』や劇場版『逆襲のシャア』の世界観や設定を踏襲しつつ、現在販売されている小説『閃光のハサウェイ』や劇場版『ガンダムF91』へと連なるよう考えて書いてあります。
1st世代なら「逆シャアの続きがあるんだ」って、テンション上がる内容になっています。
アニメ版にも過去に歴代ガンダムを苦しめたMSやゲーム作品に登場したMSがたくさん出てきますので、それだけでもファンにとっては見応えがあります。
がんだむUCロボWS000002がんだむUCロボWS000003


(ここから先はチョットネタバレになるかもしれません)

主人公が偶然ガンダムに乗ってしまうのはお約束として、過去作品では“戦士”として覚醒していくのですが、バナージはそれとは違う成長をしていく。
兵士ではない彼は、戦いの中でも敵味方ではなく、組織に属さない一人の人間として、目の前の対象と向き合い、理解しようとしたり、説得したり…… 解り合おうとするのです。
彼からは優しい空気が漂っている。
その空気はやがて彼を取り囲む人々へと波及して、本来の人間らしい温かさで満ち溢れる。
嘗て、シャアの父、ジオン・ダイクンが提唱したニュータイプ論。
“人類は宇宙へと進出して、認識力を高め、誤解なく、より理解し合える”
物語後半でミネバに付き従う一部のネオ・ジオン兵士と連邦の戦艦ネェル・アーガマのクルーが協力して、困難に立ち向かう姿は、まさにそれを体現していたかのように思えます。
僕としてはこういった演出はとても好ましく思います。

しかし、アニメ版のラストで登場するあのMAは賛否分かれるみたいですね?
僕はアニメ版のほうが分かりやすくてよかったなと思いますが、人それぞれ価値観は違いますし、そこは見てからの各々で脳内処理していくべきなんでしょうね?

待ちきれない人は今からビデオ屋に行って、続きを借りるべき。
(6/12現在、4巻の途中でたぶん再来週から5巻目入ると思います。ひょっとしたら来週4の終盤~5の初め跨ぐかも知れないけど……)


ラーゼフォン 全9巻セット [マーケットプレイス DVDセット]ヴァリアブルアクション ハイスペック ラーゼフォンラーゼフォン蒼穹幻想曲 Plusculus
ラーゼフォン 全9巻セット [マーケットプレイス DVDセット]
ヴァリアブルアクション ハイスペック ラーゼフォン
ラーゼフォン蒼穹幻想曲 Plusculus

ラーゼフォン DVD-BOXラーゼフォン 多元変奏曲 初回限定版 [DVD]
ラーゼフォンOP『ヘミソフィア』
(Youtube)

まずはこのアニメのイントロダクション。

2013年2月 謎の宇宙人の襲来によって、世界は東京だけを残した滅亡した。
神名綾人は、退屈さを抱えながら、誰とも変わることのない普通の高校生活を送っていた。
そんなある日。2年の時を経て、再び宇宙人が東京を空襲する。
混乱の中、綾人は同級生の美嶋玲香の姿を認めた。
必死に後を追う綾人を黒服の男たちと謎の美女、紫東遙に拘束されかけた。
彼らの静止を振りきって、玲香を追い、苦し紛れに乗った地下鉄は世音神殿にたどり着く。
空中に浮遊する大きな卵。
朦朧とする意識の中、綾人は玲香に促されるように呟く。「ラー… ゼ… フォン」
卵が割れて、彼は巨大な人型兵器“ラーゼフォン”と邂逅する。
綾人は世界の真実を知るためにラーゼフォンを駆り、遥かとともに東京から離脱した。
そして、彼が目にする光景は消滅し、滅亡したはずの世界と人類。それについ先頃まで生活していた東京を包むドーム。“東京ジュピター”だった。
綾人は、“信じてきた世界”と“現実の世界”のギャップに戸惑いながらもラーゼフォンに乗って、東京ジュピターに拠点を置くMU(ムー)と戦うと決意する。

ラーゼフォン0611WS000000ラーゼフォン0611WS000001



本作はメカニックデザイナーとしては、もうお馴染みの出渕裕さんの初監督作品。
あの名作『勇者ライディーン』のオマージュと言うのは周知のことと思います。
他にも小松左京さんの『首都消失』やら、その他のSF小説、特撮をモチーフにしているようです。(僕はよくわからなかったけど…… )

ラーゼフォンのデザインはエジプト神話の太陽神“ラー”をモチーフとしているような趣があります。
隼の頭と人の体を持つラーはエジプト神話中の最高神でもあります。
最終話で世界を変容させるさまは神話の始まりで万物と神々を創造したと語られるラーに通ずるところを感じました。

この『ラーゼフォン』という作品。
一言でいうなら“幻想的”。付け加えて、“刹那的”。
’80~’90年代のフランス映画のようなおおらかさとか清らかさみたいなものを感じます。
ここではこういうことを表現したいんだなって回でオブラートに包むような織り込まれる抽象的な表現とか、心理状態を明示したような回とか。
もはや巨匠と言うしかない菅野よう子さんの音楽がそういった世界観の構築に大きく貢献しています。
ロボットアニメですが、恋の切なさ、儚さ、高揚感をしっかり描いて、アゲるとこはアゲる。泣かせるとこはしっかり泣かすを一つ一つ大事にしています。
一度、全話看破した後に見直すとまた、いろんな伏線に気づけて、違う視点でシナリオを楽しめるのもいいですね。

ラーゼフォン0611WS000002ラーゼフォン0611WS000003


後半に進むにつれ、奏者(オリン)として覚醒しつつある綾人。
やっとの思いで胸に隠した恋心を伝えることが出来た遥。
二人を囲む境遇は、あまりに過酷で残酷だったのですが、世界の“調律”を果たした後の世界で取り戻した二人の時間。
文字通りの同じ“時”を過ごし、幸せを掴む。
「そんなハッピーエンドもあるんだな」って驚かされて、「よかったね」ってホッとしました。

こういう言い方が正しいのかどうかわかりませんがとても芸術性の高いTVアニメだったなって思います。
近年稀に見ぬアーティスティックなロボットアニメなので、まだ見ていない人は是非チェックを!


コードギアス 反逆のルルーシュ DVDマガジン II<最終巻>コードギアス 反逆のルルーシュR2 DXフィギュア ~IN WONDERLAND~vol.2 C.C. 単品 コードギアス 反逆のルルーシュ ナナリー in ワンダーランド (初回限定生産) [Blu-ray]
コードギアス 反逆のルルーシュ DVDマガジン II<最終巻>
コードギアス 反逆のルルーシュR2 DXフィギュア ~IN WONDERLAND~vol.2 C.C. 単品
コードギアス 反逆のルルーシュ ナナリー in ワンダーランド (初回限定生産) [Blu-ray]



コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)コードギアス 反逆のルルーシュ R2 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)
コードギアス反逆のルルーシュOP『Colors』
(Youtube)




半ルルWS000000半ルルWS000001


まずはこの物語のあらましから

皇暦2010年8月
超大国“神聖ブリタニア帝国”と日本は嘗てないエネルギーを内包する地下資源“サクラダイト”を巡って、戦争状態に陥った。
強大な軍事力を持つブリタニアに日本が勝てるはずもなく敗戦。
日本はブリタニアの植民地となり、『エリア11』と称された。
ブリタニアの民は日本人を『イレブン』と蔑み、自由を奪い、支配した。

それから7年後
エリア11に住むブリタニアの少年ルルーシュは謎の少女C.Cと出会い、人を思い通りに操る絶対遵守のギアスを手にする。
暗殺された母の復讐を為すため、盲目の妹の健やかな未来を築くため、ルルーシュはブリタニアに反旗を翻す。
仮面の指導者“ゼロ”を名乗り、日本に点在していたテロリスト、レジスタンスを束ね、超大国ブリタニアを翻弄する。


さて、このアニメの魅力は、ルルーシュという人となりを余すところ無く描いた点にあるのではないでしょうか?
他のロボットアニメでは大方の主人公は「いいもん」として進行していきますが……
ルルーシュは、目的のためには容赦がない。犠牲も厭わない。騙しや裏切りだってやって退けると完全に悪役のスタンス。
こんな素行の悪いヒーローは初めてでした。
持てる知識と行動力とギアスをフルに使って、敵を翻弄し、陥れていくルルーシュの活躍に毎週ハラハラさせられました。
普段の彼は気のいい高校生を演じていたから友人でライバルのスザクですらすっかり騙される始末。

本作をルルーシュとスザクのダブル主人公だと勘違いしている人も多いかと思いますが、主人公はルルーシュただ一人ですよ。
谷口監督もそう明言しています。

さて、この作品の成り立ちですが、バンダイヴィジュアルの湯川さんが呼び掛けた勉強会に本作プロデューサーの河口さん、監督の谷口さんが集まったのが始まりのようです。
河口さんは軽い気持ちで「勉強会ならいいか」と参加したが、ディスカッションが進むに連れ、湯川さんが新作企画として意欲を見せたため、急遽、小説家で脚本家の大河内を交え、設定を詳細に練り上げられていったそうです。
そして、キャラデザインを担当したのは女流漫画家集団の“CLAMP”さん。
河口さんは全く接点のない彼女らにどうコンタクトしたらいいのかと思い悩み、手紙を送って依頼したらしい。後にCLAMPは「手紙で仕事の依頼をされたのは、この時が初めてだった」と言っていた。


このアニメは政治色が濃かったり、若者らしい躍動感もあったりと複雑怪奇。
「ギアス(超能力)」「学園ドラマ」「貴族社会」「ロボット」等の多種多様な要素が盛り込まれた本作に制作スタッフは翻弄されたと言いますが、「ロボット物は所詮、水戸黄門だ(勧善懲悪とか、ヒーローが活躍するという予定調和の意)」という谷口さんと河口さんの共通認識で山場を切り抜けていったということです。

半ルルWS000002半ルルWS000003

本作は本当に容赦がなかった。それは視聴者に対しても。
見てる側が望む展開、予想した展開を大いに裏切って、がっかりさせられたこともありました。
「そこで〇〇が死んじゃうの?!」とか、「もう、ルルーシュボロボロじゃん!!」って。
でも、それは次の展開への大きなステップで一度落ち込んだ気分を一気に盛り上げていくシナリオにもう目が離せない。そんな仕掛けが至る所に施された丁寧な作りになっていて……

R2の最終回は思わず泣いちゃいましたね。
ルルーシュが見せていたのは妹への惜しみない愛と自分を育ててくれた世界への慈しみだったんです。
あのショッキングな最終回は未だに物議を醸していますが、それほどまでに僕達を騙してくれたゼロとルルーシュに感謝しかありません。

きっと今後も奇想天外な“名作ロボットアニメ”とファンやマニアの間で語り継がれていくことでしょう。

ブレンパワード スパイラルブックブレンパワード ヒメブレンパワードブレンパワード〈2〉カーテンの向こうで (ハルキ文庫)
ブレンパワード スパイラルブック
ブレンパワード ヒメブレンパワード
ブレンパワード〈2〉カーテンの向こうで (ハルキ文庫)



ブレンパワード パーフェクトボックス Part 1 [DVD]ブレンパワード パーフェクトボックス Part-2 [DVD]
ブレンパワードOP『IN MY DREAM』
(Youtube)




ブレン解説WS000001ブレン解説WS000000


まずはブレンパワードの世界のあらましから。

世界中が自然災害に見舞われ、荒廃の一途をたどる近未来を舞台にした物語。
海底の遺跡“オルファン”を浮上させ、宇宙へと飛び立とうと目論むリクレイマー。
地球の命の源泉とも言われるオルファンの浮上は、地球上の生態系に深刻な被害を与える。
地球上に住むあらゆる生命体の滅亡を危惧したノヴィス・ノアはリクレイマーの野望を阻止するために立ち上がるのだが……


実はこのアニメを見たのって、ここ2~3年の間なんですよ。
放映当時、「そんなアニメがやってるよぉ」って噂程度に聞いていたけど、僕を含めて周りに誰も見ているっていう奴がいなかった。
何故かというとこのアニメWOWOW初のオリジナルアニメで地上波では見れなかったんです。
その当時、BSはかなり普及していたけど、有料放送に加入してまで見たいアニメかって聞かれると……
その当時、富野作品に対して、少々懐疑的なところもあって、スルーを決め込んでいましたが、永野護&いのまたむつみが参加していると知り、さらに僕が大好きなゲーム“A.C.E”シリーズでシンプルながら洗練されたアンチボディのかっこよさに惹かれ、この足は直ぐ様ビデオ屋に走った。
だいたい、2週間かけて全話看破しました。
メカデザインの永野さんの起用にはエルガイムでの宿題があったようです。
エルガイムの制作時、新人だった彼は富野さんに才能を認められて、キャラとメカのデザイン、世界観の構築などを任されて、彼の意見はほとんど採用されていたようですが……
エルガイムMk-IIのデザインにあたって、永野さんは頭部に(F・S・Sでお馴染みの)ファティマを乗せるつもりだった。
しかし、これは却下されます。
その頃の富野さんは人という“有機質”とメカという“無機質”の融合体という曖昧な存在を快く思っていなかったようです。
富野さんはここに来て、その試みに挑戦しています。
本作に出てくるロボット、所謂アンチボディはメカというより動物的でパイロットと心を通わせたり、強い敵を前に怯えたり、悲しんだり、喜んだり。
生命体か、それに似通った存在として描いています。

ブレン解説WS000002ブレン解説WS000003

この作品はOPが表すように『女性』が各シナリオ中軸に置かれていますので、そういった意味合いからいのまたさんのやんわりとしたキャラが起用されたんでしょうか?
しかし、富野氏はあの大きな瞳に馴染めず、本編では目のところを小さく書き直させているようです。

シナリオでもこれまでとは違ったアプローチがなされています。
(富野作品として)意外だったのが、登場する主要人物(レギュラー)が死んでいないってとこ。
ネリーブレンをユウにたくしたネリーぐらいしか思い浮かばない。
この頃、ザンボット3やイデオンで“皆殺しの富野”と評された彼の作品としては珍しいことです。
富野さんはVガンダム以来制作活動を休止していて、復帰後初になる本作をリハビリと位置づけていたようです。
彼は『第二のデビュー作』と意欲を示し、満を持してこの作品を世に送り出したのでした。
本作は、これまでの富野作品特有の重苦しい鬱展開を極限まで抑えて、のどかさ、おおらかさを前面に押し出した話運びになっています。
特に比瑪やクマゾーたちを中心とした掛け合いがそういった趣向を引き立てています。
しかし、後に作られる∀ガンダムとか、Gのレコンキスタほど牧歌的かと言われるとそんなことはなくて、主人公ユウやライバルのジョナサンの敵味方に分かれての親子の確執とか、ユウの母の愛人がジョナサンだとか、人間関係の生々しさも練り込んであって、富野作品らしさを垣間見ることが出来ます。
何より本作は他に類をを見ないほどのリア充率。アイツとコイツがひっついてって展開が多い。
まあ、いいけどね。別に……

このほのぼのとした新しい富野路線は∀ガンダムやキングゲイナー、Gのレコンギスタに受け継がれていきました。
総合的に両手を上げて「面白い」ってわけではなかったけど、∀やキングゲイナーが面白いと思った方には弩ストライクじゃないでしょうか?

Template by :FRAZ