back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
ヨルムンガンド(10) (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンドDXFフィギュア ココ・ヘクマティアル単品ヨルムンガンド オリジナルサウンドトラック
ヨルムンガンド(10) (サンデーGXコミックス)
ヨルムンガンドDXFフィギュア ココ・ヘクマティアル単品
ヨルムンガンド オリジナルサウンドトラック




ヨルムンオーケWS000010

世界を股にかけ、殺しを楽しむ凶暴な暗殺集団“オーケストラ”

彼らは自らをアーティストと称する。
戦闘行為を“演奏”、そして武器を“楽器”と呼んで、世界の至る所で狂気の合奏を繰り返して来た。
しかし、一人を残して、全員死亡。

残された男はオペラ会場で乱射事件を起こし、両親に伴われたチナツと出会う。
両親を殺されたチナツは落ちていた拳銃で男を撃つ。
男はチナツが奏でた演奏に惚れ、助手としてそばに置く。
チナツは男を師匠と呼び、慕うが……

たまたま請け負った仕事(ココ・ヘクマティアルの暗殺)の果て、男は命を落とす。
チナツは復讐を誓い、ココのホテルを襲撃に向かうが、我を見失い、ゲン担ぎを忘れたチナツに勝機は無かった。

ココは彼女を気に入るが、チナツは首を振った。
死を覚悟してチナツは叫ぶ。

「我ら、オーケストラは死の音楽を標的に叩き込むアーティストだ! 見損なうな武器商人! 我々は何者の下にも付かない!」


【WAスーパーリアルガン】WA ベレッタ M84FS サイレンサー・モデルヨルムンオーケWS000004
【WAスーパーリアルガン】WA ベレッタ M84FS サイレンサー・モデル

○ベレッタ M84(1期#3 チナツの愛用銃)
ベレッタ社が1976年に開発した中型自動拳銃。
 同社81より連なる“チーター”シリーズのひとつであり、81の.32 ACP弾より強力な.380 ACP弾を13発装填できる。ダブルカラムのため携帯するには少々大きめだが、癖が無いため初心者や公的機関の制服組などによく使用されている。現在は、トリガーガード及びセイフティの形状が異なる84F、セイフティがデコッキングレバーも兼ねている84FSが主流。
 他にも単列弾倉で携帯性を重視した85、85のバレルをチップアップした86(現在は生産終了)、.22口径の87、.22口径スポーターモデルの89などがあり、85の改良型である85Fは日本の厚生労働省・麻薬取締部の捜査官が護身用に携帯している。
 また、84Fはかつて『BDA380(欧州仕様は140DA)』の名で販売される時期があった。これは当時、公的機関向け以外に北米での販路を持っていなかったベレッタ社が、知名度のあったFN社に委託して販路を確立した『迂回生産・販売』用の名前であり、北米では未だその名前が通用している。

No1 M92Fミリタリー (10歳以上電動ブローバック)ヨルムンオーケWS000003
No1 M92Fミリタリー (10歳以上電動ブローバック)

○ベレッタ 92(#3 チナツが改造。拷問に使う)
 ベレッタ92は、イタリアのベレッタ社が同社M1951をベースに、1975年に開発した自動拳銃である。なお、慣例的に名称の頭につけられる"M"は、実際の製品名には使われない。"Model 92"の表記はあっても、"M92"は略称としても使われず、ナンバーのみの"92"が正しい名称表記である。 
 作動はM1951以来ワルサー P38からの影響色濃いプロップアップによるショートリコイル。スライドとの結合にロッキングブロックを用いる構造で、銃身がストレートに前後することから、銃身が揺動する一般的なブローニング方式と比べ命中精度に優れる。同年代に設計された著名なヨーロピアンオートの多くがシングルカラムマガジンを選択した中、ダブルカラム化したのも特徴で、また、ベレッタ製自動拳銃の特徴である上部が大きく切り欠かれたスライドは、軽量で射撃時の反動が比較的少ないうえ、排莢不良も起こり難い。そして幾多の実戦経験と実績に加え、メディアへの露出が高いことから、現在、世界で最も信頼性が高く、知名度が高い拳銃として知られている。
 ベレッタ92の評価を決定付けたのが、アメリカ軍で1978年より開始されたM1911A1に替わる次期制式拳銃トライアルである。本トライアルに参加した92は作動不良の少なさと価格の安さが評価され、SIG SAUER P226を含む多くの対抗馬を抑え、1985年に『M9』の名前で制式採用された。こちらは"M"を含めて制式名称である。
 このアメリカ軍制式となった意味は大きく、イタリア軍やカラビニエリ(Carabinieri:《伊》国家憲兵)が92Fや92SB、フランス陸軍が92G(PAMAS G1)、韓国軍が陸軍特殊部隊用として92FSを採用している。また、アメリカ軍採用以前よりライセンスを取得していたタウルス社でも、(ライセンスの関係から)旧型モデルをベースとした独自モデルを生産しているほか、南アフリカ、台湾などのデッドコピーも含めると生産・採用国は数知れない。
 なおアメリカ軍の採用直後、射撃中にスライドが破断し、破損したスライドが後方に飛び出して射手が負傷する事故が、それも数度起きている。
 原因には設計上の欠陥や強装弾(通常より火薬量が多い弾丸)の連続使用による酷使などが疑われたが、調査の結果判明したことは、製造ロットの不具合によるスライドの強度不足だった。このため92の評価が下落した時期があったが、これは製造工程の見直しと、事故対応*3した92FSに更新し直すことで決着している。またスライドに対する不安を持つユーザー向けに、ロッキングブロックとの結合部を肉盛りして強化したブリガディアと呼ばれる強化型のスライドも開発されている。しかしスライドより先にロッキングブロックが壊れるようになったことから、ブリガディアスライドは生産中止になっている。
 ちなみに92Fと92FSとでは外観の違いはほとんど無い。僅かな違いは、Fではフレームのダストカバーが、スライドのレールと平行な、まっすぐな形状だったのに対し、FSでは僅かにスロープが設けられた点。あとはスライドの刻印と、初期のFのグリップパネルが光沢仕上げであったのに対し、FS以降はマット仕上げになっていることくらいである。一方、米軍採用のM9については、F仕様とFS仕様のモデルとで外観上の差異は無い。
 登場から40年が経過し、流行であるデザインやコンパクト化、ポリマーフレーム化は構造上、対応が困難であるため、他の拳銃に押され気味である。そのためベレッタ社は、92の改良型である90-Twoや、再設計型のPx4などの後継銃を投入し他社に対抗しているが、アメリカ軍制式である以上、ベレッタ92の王座は、まだまだ揺るぎそうにない。


AF1/16 アメリカ軍戦車用 金属(ニッケルシルバー)製 新型ハイグレード ブローニングM2重機関銃 10式戦車にも応用可♪ TBヨルムンオーケWS000008
AF1/16 アメリカ軍戦車用 金属(ニッケルシルバー)製 新型ハイグレード ブローニングM2重機関銃 10式戦車にも応用可♪ TB

○ブローニング M2(#4 チナツが改造して、トラックに固定)
軍用機や装甲車両の撃破を目的としてアメリカで開発された傑作重機関銃。高い汎用性からNATO諸国のほぼ全ての国で採用されており、「マ・デュース」や「フィフティ」などの愛称で親しまれている。自衛隊では「キャリバー」との愛称がある。
 当時のアメリカ軍の要求に対し、1918年にジョン・ブローニングが設計した水冷式銃身の「.50口径機関銃M1921」を原型とする。M1921は1930年代に当時の米陸軍で改良が行われ、「.50口径機関銃M2」として新たに採用された。1938年には耐久性を増したヘビーバレルをもつ「M2HB(M2 Heavy Barrel)」へと更新されて、ほぼ完成形に至った。
 M2は歩兵用小火器弾薬としては最大級の威力を持つ.50BMG弾を長時間連続発射でき、悪環境での信頼性も高く、余計なパワーソースを必要とせず、部品交換で給弾方向を変えることも可能である。基本動作はオープンボルトのショートリコイル式であるが、手動でボルトを閉鎖する事でクローズドボルトからの射撃も可能となっている。整備性も良好と文句の付けようが無いほど完成度が高い。
 ちなみにM2は採用当時、水冷式と空冷式の二つのバージョンが作られて配備されていたが、空冷式のM2HBが充分な性能を有していたため、重くかさばる水冷式M2は廃止されていった。M2HBは、現在に至るまでほとんど姿を変えることなく生き残っている。
 第二次大戦ではアメリカ軍の主力重機関銃として戦車や装甲車、航空機の搭載機銃として幅広く活躍した。国外でも、日本やイタリアが自国の制式弾仕様に改修したコピーを生産・使用している。ただし戦闘機用としては威力の割に大重量で、高いGの掛かる格闘戦では意外に装弾不良率も高く、このため6~8挺の多銃装備でカバーする機種も多い。戦後もアメリカや日本などをはじめ、旧共産圏をのぞく世界各国の重機関銃として今なお第一線で活躍している。後継のXM806も開発中止になっているため、これからもまだまだ現役で使われていく模様。
 一方で、全く昔のままというわけでもなく、クイックチェンジバレルシステムの導入など、現在も地味に改良を続けている。各種光学機器用のマウントレールをはじめ、またシュアファイア社が専用の取り付けマウントを有した投光機を製作するなど、近代化装備の開発が今も各所で行われており、一部ではすでに実戦配備されている。現行モデルはゼネラルダイナミクス社やFNUSA社などの数社が製造を行っている。
 .50口径(12.7mm)と云う高威力のM2は「対物火器」として対人使用は自粛が求められているが、戦場ではお構いなしで頻繁に対人で使われている。ベトナム戦争さなかの1967年には、米海兵隊狙撃手カルロス・ハスコックによって、約2300mの長距離狙撃に使用された。1982年のフォークランド戦争でも陣地に籠もるアルゼンチン軍が装備するスコープ付きM2による狙撃に、質量共に優れるイギリス歩兵が多大な被害を受け、陣地1個1個に対してミラン対戦車ミサイルを撃ち込んで始末したとの逸話も持つ。高い火力と汎用性からテロリストにも重用され、海賊などの武装集団が敵対勢力を建物の壁ごと貫通射撃して殲滅させたとの事例が多数報告されている。
 余談だがこの機関銃、人気番組トリビアの泉のコーナー、トリビアの種に「日本刀とマシンガンどっちが強いか?」という応募が寄せられた時、マシンガンの代表に選ばれた。ちなみにどちらが勝ったかと言うと、発射後7発目にM2が日本刀を真っ二つにへし折った。



ヨルムンオーケWS000006
○チナツ・キャノンスペシャル(#3 チナツの手製グレネードランチャー)

※モデルはトイガン。


No18 M8000クーガーG (10歳以上エアーHOPハンドガン)ヨルムンオーケWS000005
No18 M8000クーガーG (10歳以上エアーHOPハンドガン)

○ベレッタ M8000(#3・4 師匠が愛用。死後、復讐を誓うチナツに受け継がれる)
1995年に92シリーズで有名なベレッタ社が、コンピュータのCAD技術を使って設計した新型自動拳銃。フルサイズの92シリーズと比べてサイズが一回り小さくなっており、より携帯性に優れる。
 本銃の特徴として挙げられるのがロータリーバレルであり、その名の通り発射時にバレルが射線を軸にして30°回転しながら遅延後退し、ロッキングを解除する仕組みである。ロータリーバレルは一般的なティルトバレル式のショートリコイルとは異なりバレル軸が傾かないため命中精度を上げられるメリットがあり、本銃も小型ながら高精度として評価されている。
 性能的には悪くないものの、商業的にはあまり成功したとは言えないようで、これは一説によるとその近未来的なデザインを「ベレッタの美しさが感じられない」と敬遠する人が多かったことが原因だとか。
 本銃の発展型とも言えるPx4が2005年に発売されると同時に、ベレッタ社での8000シリーズの製造は終了している。以降はアメリカのストーガー・インダストリーズ社が、トルコ製のライセンスモデルを「ストーガー・クーガー」として販売している。ベレッタ社もストーガー・クーガーの販売代理店となっているが、こちらのセールスは上々なようである。



高性能1/1スケール アサルトライフル 電動ガン AK47バージョン M900AエアガンヨルムンオーケWS000007
高性能1/1スケール アサルトライフル 電動ガン AK47バージョン M900Aエアガン

○AK-47(♯3 師匠が使用)
 アメリカのM16やドイツのG3と並びしばしば「戦後の三大歩兵銃」とも呼ばれる銃のひとつ。制式名称を"7.62mm Автомат Калашникова(7.62mmカラシニコフ自動小銃)" といい、のちに登場した派生型と区別するため、AK-47と呼ばれるようになった。それら派生型も含め、設計者の名前のままに“カラシニコフ”、または"AK"とも総じて呼ばれることもある。
 1941年、当時戦車兵だったミハイル・カラシニコフ軍曹は 大祖国戦争のさなか、ドイツ兵が使うMP40などの個人用機関銃の威力に衝撃を受けた。その後、負傷し後方部隊に配属されたカラシニコフ軍曹は銃工へと転身し、手始めに短機関銃を開発。その短機関銃は制式化こそ果たせなかったが、手応えを掴んだカラシニコフは戦後まもなく新型主力自動小銃の開発プロジェクトに加えられ、MP44やウィンチェスター M1などを参考に自国に適した突撃銃を開発。トライアルを経て幾度もの設計変更を重ねた末、1949年にソ連の制式突撃銃の座を射止めた。AK-47の誕生である。
 AK-47は後発のM16と比べ、大口径・曲銃床ゆえにフルオート射撃での安定性が悪く、弾道特性に劣る短小弾を用い、単純なタンジェントサイトな上、照準線が短い事もあってセミオート射撃の集弾性能でもやや劣っている。しかし構造がシンプルで、クリアランスが大きい故に少々の塵芥の侵入にも耐え、悪環境に強く、弾詰まりが起き辛い。「水田の泥水の中に隠しても、いざ取り出したときは問題なく作動した」、「炎天下の砂漠で900発の連続射撃に耐えた」など、AK-47の強靱さを語るエピソードには事欠かない。しかしこのタフさ故にメンテナンスなどされないまま使い続けられることも多く、「AKといえば頑丈だが精度が悪い」という典型的なイメージが確立された。クリアランスが大きく信頼性が高いとされる一方、クリアランスの大きさ故に隙間からの異物侵入が大きく、ボルト等繊細な部分へ異物が入りこみ作動不良を起こすという意見もある。特に実際に行われた比較実験で、ダストカバーがセイフティを兼ねるため、発砲可能な状態では異物の侵入に弱いとも報告されている。
 操作も単純で簡単に憶えられ訓練時間も少なく済むため、ベトナム戦争では多数の民兵がこのAK-47を使用した。こと“ベトコン”と呼ばれ、完全な民間人に扮装し、虚を突いた奇襲戦法をとる民兵組織は、アメリカ兵を散々なまでに苦しめた。あげくは、当時まだ信頼性の低かったM16の代わりに、敵から鹵獲したAK-47を持ち歩くアメリカ兵まで現れる始末。冗談のようなエピソードだが、現在に至るもAKを所持したアメリカ兵は時折見られ、それだけ本銃が優秀である証とも言える。
 現在、ロシア軍の制式突撃銃は、後継のAKMやAK74に更新されているが、旧共産圏の国々では未だ相当数の47が制式ライフルとして使用されている。
 また西側諸国でも、SEALやSASといった特殊部隊では、ベトナム戦争当時から、敵地への潜入作戦時にこの銃を使用する隊員が少なからず存在した。強靱な耐久性と、西側標準の5.56mm弾を凌ぐ火力、弾薬調達の容易性などがその理由である。また、その独特の発射音で敵味方を誤認させたり、薬莢などの痕跡から自身の出自を推測させないため、ともいわれる。
 アメリカではブルガリア・アーセナル社、中国北方工業公司(ノリンコ)、ツァスタバ社のAKスポーターモデルが販売され、AWBが布かれた際には、サムホールストックの「スポーツ用」と銘打ったノリンコ製「MAK90スポーター」なるものも存在した。これは名称こそ違うが、少し手を加えれば(全自動の)AK-47へとなるため、コロンビアの麻薬カルテルの間でも好まれたと言う。
 最近ではセンチュリー・インターナショナル・アームズ社やインター・オーディナンス社を通じてかつての敵国アメリカですらAK-47は生産され、光学サイトやレール付きハンドガード、M4タイプのテレスコピックストックで近代化されたモデルも見られるようになった。中東で活動するPMCのオペレーターの武装としても珍しくない。


yoruokeWS000002.jpgヨルムンオーケWS000009

○IMI ネゲヴ(#3・4 師匠が使用)
イスラエルのIMI社(現:IWI)が、ガリルARMの後継として開発した軽機関銃。ガリルと同型のサイドスイング式のスケルトンストックを標準装備するなど、“小型かつ軽量”をコンセプトとしている。給弾方式はベルトリンク給弾(200連箱型弾倉)の他、ガリル、或いは部品の交換により、M16/AR15互換の弾倉が使用可能。ミニミとは異なり通常のライフル同様マガジン挿入口は下に設置されており、これは専用のベルトリンク容器の固定具ともなっているユニークな設計である。
 外観やコンセプトが似ていること。またIMIが一時期ライセンス生産を行っていたこともあって、ベルギー製のミニミとの類似が問われることもあるが、作動方式やボルトの構造、セレクティブファイアの有無など、かなりの相違点が見られる。
 ガスレギュレーターを備え、状況に応じた3ポジションに変更可能となっている。"1"ではマガジン給弾モード。"2"は通常のポジションで、ベルト給弾モード。"3"は悪環境モードで、砂塵やカーボンによって内部がひどく汚れた状態でも作動させるためのポジションであり、ガス圧が上がるため、連射速度が僅かに上昇する。ちなみに、ライフルグレネードが使用可能だった初期のプロトタイプでは、"3"はガス作動をカットするモードだった。
 ショートバージョンのSF(Special Forces)モデル(旧名称:コマンド)は、フォアグリップを装備している。
 2012年3月には7.62mm×51弾モデルのネゲヴ NG7が登場している。こちらはマガジン給弾機構は無くベルト給弾のみとなっている。

※関連記事
○ ココアーミー切っての凄腕スナイパー レーム&ルツこだわりのチョイスをピックアップ!!
○ ココ・ヘクマティアルの『短剣』と『駿馬』!! ココを守るバルメとウゴの高火力銃火器!!
○ ココを慕う『スパイ』&『元スパイ』 アールとトージョーが使用した銃火器
○ ココを支えた職人気質の超ベテラン マオ&ワイリの使用拳銃(榴弾砲)!!
↓『ヨルムンガンド』に本作登場のエアガン・モデルガンのカタログあります。


スポンサーサイト
Template by :FRAZ