back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
革命機ヴァルヴレイヴ (完全生産限定版) (1期+2期)全12巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]革命機ヴァルヴレイヴ 裏切りの烙印(1)<革命機ヴァルヴレイヴ 裏切りの烙印> (シルフコミックス)1/144 ヴァルヴレイヴI 火人 イノゼント ゼロ(革命機ヴァルヴレイヴ)
革命機ヴァルヴレイヴ (完全生産限定版) (1期+2期)全12巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
革命機ヴァルヴレイヴ 裏切りの烙印(1)<革命機ヴァルヴレイヴ 裏切りの烙印> (シルフコミックス)
1/144 ヴァルヴレイヴI 火人 イノゼント ゼロ(革命機ヴァルヴレイヴ)





革命機ヴァルヴレイヴ (完全生産限定版) 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
革命機ヴァルヴレイヴ (完全生産限定版) 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]


VAL!122WS000001.jpg


真暦71年。人類総人口の7割が地球から離れた宇宙都市・「ダイソンスフィア」で暮らす世界は、「ドルシア軍事盟約連邦」と「環大西洋合衆国(ARUS)」の2大勢力に分かれて対立し、中立の小国・「ジオール」は平和を謳歌していた。
モジュール77の咲森学園似通う時縞ハルトを囲む平和な日常はドルシア軍の諜報員エルエルフらの襲撃に寄って一転。謎のロボット“ヴァルヴレイヴ”を巡る交戦に巻き込まれる。
成り行きからヴァルヴレイヴに乗ったハルトは、もう『人間』ではなかった。
“カミツキ”と呼ばれる存在に身をやつし、経緯上、仲間になるしかなかったエルエルフの協力を受け、学生たちの真の自由を守るために混沌の戦いに挑む。

VAL!122WS000003.jpgVAL!122WS000000.jpg
VAL!122WS000002.jpgVAL!122WS000004.jpg

言わずもがなのサンライズロボットアニメですね。
監督は『ローゼンメイデン』の松尾衡氏。構成は『コードギアス反逆のルルーシュ』の大河内一楼氏。
この顔ぶれを見れば、安心して見れるはずなのですが……
当時は同じシーズンに放送された『マジェスティックプリンス』と『ガルガンティア』という2本のロボット比べられて、評価はあまり高くはなかったですね。
どっちかというといわゆるリアルロボット路線ど真ん中の作品だったので、これに馴染まないという人が多々いたようです。
う~ん……
確かに奇想天外と言うにはちょっと物足りないけど、オジサン達なら普通に楽しめるじゃないかなって思う。
僕は大好きですね。
軍事大国ドルシアに対抗するのは、たった5機のヴァルヴレイヴとエルエルフの奇策のみ。
駆け引きも巧妙に考えてあったし、スリルは十分ありました。
最後の方でエルエルフが廃人なったときはどうなるかと思ったけど、ちゃんと持ち直して、ラスボス戦のキーマンだったりして……
ストーリー展開の妙は流石だと感じた作品です。
この時代に商業的にも大成功なんで名作って言ってもいいんじゃないでしょうか?


でもね、このアニメ……
何はなくても6号機のパイロット蓮舫小路アキラで持っていると思うの。
かなり、マジで。





スポンサーサイト
cadenzaWS000000.jpg劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza
劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza
去年の今頃(2015.10.3公開)の作品ですが、やっと見ることが出来ましたので感想を書きたいと思います。


○あらすじ

cadenzaWS000001.jpg

かつて、アドミラリティ-コードの意義を巡って、戦ったヤマトとムサシ。


cadenzaWS000002.jpg

霧の艦隊と行動をともにしていたと思われる千早翔像は再び人類の前に姿を現した。
人類の敵として……


cadenzaWS000003.jpg


理解し合った仲間たちの協力を受け、霧の艦隊と交戦、突破。

cadenzaWS000004.jpg

ムサシの下へたどり着いたイオナは……



○感想

見終わって、まず感じたこと。この映画は“愛”に満ちているってとこですかね。
いわゆる恋愛じゃなくて、家族愛とか友愛とかの?
ちょっと(?)のすれ違いで対立したヤマトとムサシだけど、その裏には大きすぎる愛が潜んでいる。
相互理解できなくなったとき、人が対立を選ぶかように。
人類に牙を剥いたのは父と慕う者をうしなった悲しみゆえでもある。

理解を止めたムサシは非情になってしまったのです。
理解し合うって結構大変。わかった気になってもそれは自分の解釈であってホントにそうとは言い得ない。
だからって理解を諦めてはいけない。心が近づくには思いやりやら、優しさ、慈しみ、施し――
つまり、愛が必要なんですよ。
この映画のエンディングはとても愛に溢れたいました。
普通に感動できた。

何でも岸誠二監督はコンセプトとして、「家族になる物語」を謳ったということです。
なるほどね。
そういえば、そんな暖かさがありました。

戦闘シーンも相当金かかってますよ。
いいタイミングに順番でイオナを助けに来る仲間たちにはちょっとワロタけどww
やっぱり劇場版だけなことはある、違うなって思います。

総合的に見て、纏まりよく退屈せずに楽しめる作品ですので、このアニメ知らない人にも前作(TV版ダイジェスト+新作なのでTV見てない人もダイジョブ)合わせて是非見て欲しい。


dorihuta-zu118WS000000.jpg



歴史上の勇者達が大集合ですごい面白い。
日本の戦国時代から幕末、戦時中。日本にとどまらずローマ帝国や映画で有名な銀行強盗まで登場して物語の造形がとっても深くて面白い。
豊久と信長の思惑にはズレこそあるが国盗りの一点で一致している。
まだまだ漂流者は送り込まれて、豊久たちにどう関わっていくのかって楽しみです。
土方歳三が敵方っていうのも意味ありげで面白い。

しかし……

廃棄物のボスは誰なんでしょうか?
イエス様?



tekketu89WS000000.jpg


○あらすじ

マクギリスとラスタルの水面下での権力争いは続く。
マクギリスは盟友オルガに助勢の代償として、火星の支配権譲渡を提示した。
息巻く鉄華団だったが、タカキは妹を悲しませたくないと鉄華団を退団を決意する。

火星に戻った鉄華団は大仕事の準備に追われる。
MSは次々と搬入され、オルガは火星を統治するお偉方との面会を果たす。

そんな折、ラスタルはドルトでの武装蜂起以来、活発化したコロニーの独立運動抑制として、鎮圧部隊を派遣する。
その中に仮面の男ヴィダールの姿もあった。


○感想

そうか……
タカキ抜けるのか?

チビッコたちにとってはいい兄貴分だっただけに惜しまれます。
彼の退団が鉄華団に齎した影響力は意外に大きく大仕事を控えた鉄華団の発奮させる動機にもなってます。
特に親友のライドあたりに。

か、火星の支配権を餌にするのですかマクギリスさん!?
大きく出ましたね。
彼特有の余裕でしょうか?
オルガも引き受けたが、テイワズ内では大騒ぎで、名瀬が奔走。
腹を切るとまで言って……
その甲斐もあって何とか丸く収まったはいいけど何か燻ってる。
多分、内部抗争は避けられないのでしょう。

あれ、オル☓メルかと思ったら
雪☓メルだって!?
完全に騙された!!
まあ、美女と野獣的な組み合わせっていまどき珍しくも無いし。
いいんじゃない。
オルガがどう思っているか知らんけど。


遂にヴィダール出陣!
乗機の名はヴィダール!
ひねりがない!!

でも、相当強い!
阿頼耶識なんでしょうね。アレも。
鉄華団との衝突がいったいどうなるのかってとっても気になりますね。

origin4WS000000.jpg

○あらすじ
連邦との軋轢の中で生じた起こるべくして置きた衝突。
後に人は“暁の蜂起”と呼んだ。
ガルマの指揮の下で実行されたこの事件は、連邦との確執を生み、遂に決別の時を迎える。

若きシャアは先導した責任を取り、士官学校を退学。地球へと向かう。
そこで知り合ったララァという少女。彼女は不思議な感覚を持っていた。

しばらくして、ジオン軍に復帰したシャアは亡命したミノフスキー博士を追ったのだが……


○感想
オリジンはTVでは語られなかったエピソードが満載でオタク心を弄られますね。
へえ、ガンタンクだけじゃなく、キャノンもあったんだなんてチョット驚き。
本編とは全く別のストーリー軸なんでしょうが……

orgin402WS000000.jpg




ララァとシャアがいつ知り合ったかという問いに詳細に描かれた辺りはファンとしては見逃せない。
インドの出身なんですね? まあ、そんな風貌ですから。

ミノフスキーは亡命途中に落命し、志を継いだアムロの父、テム・レイが陣頭指揮に立ち遂にガンダム開発に乗り出す辺りからはシャアの出番は無いのですが、本編物語の黎明期を如実に描いています。
何故、ガンダムが必要になったのか?
皮肉なもんでシャアの活躍がそうさせたんです。
そして、ガンダムが造られて、アムロが乗り込んで。
シャアと戦って、更に互いの戦闘データを元に新しいMSを造って。
この連鎖と裏方同士の駆け引きがあの戦争に潜んでいたんたんだなって。
当たり前をちゃんと見せてもらいました。

そして、赤い旧ザク。
次のガンオンの無料機体ですね。性能がとても楽しみなんですが、連邦側あんな弱い機体でいいの?
ゲームだから調整はすると思うけど……

最後の方はシャアっていうよりテム・レイとアムロが主役っぽい。
それもなかなか見応えあってよかった。

でも、これって次の話に続くのかな?
楽しみなんですが、何年かかるのかってチョット心配……


tekketu67WS000000.jpg

○あらすじ
薪苗暗殺に始まった泥沼の紛争。
チャドを欠く鉄華団地球支部はタカキを中心に善戦するのだが……
ラスタルとの盟約でうごくガランにかき回され、戦線は混乱に陥っていた。
異変に気づいたオルガは至急、三日月たちを派遣する。
敵将迎撃の任を受け、タカキ、アストンは隊長機に攻撃を仕掛けた。
たが、その機体に乗っていたのは、密かに彼らを支援していたマクギリスだった。
マクギリスの反撃を喰らい、アストンが命を落とす。火星からの援軍が到着し、事態はたちまち終息。
タカキは地球支部のリーダー代理として、混乱に加担したラディーチェを始末した。

○感想

ん~……

今回どうだろう?
人の死を以って感動ってパターンは、もう飽き飽きなので思い入れが薄い。
もう、地球支部編始まってから嫌な予感っていうか、このアニメ普通にフラグ見せるから誰か死ぬのは分かっていたけど……

ガランにはもう少し生きていて欲しかったなって思った。
復讐のための展開がもう少し見たかった気がします。


ハッシュの初陣は散々で凹むハッシュ。
でも、これからの成長を垣間見せるには良い演出だったと思います。
彼のこれからには大いに期待しています。

前々から思っていたこと、もう皆さんもお気づきだと思いますが……
アキヒロ☓ラフタが実現しそう。
1期でシノとの訓練に明け暮れるアキヒロを見て何だかモヤモヤいていたようで?
幸せな話題として、是非盛り上がって欲しいところ。

総評して今回もまあ、概ねいい話ではあったと思います

Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。