back to TOP

admin |  RSS
【第10話のシナリオ】

イ400と402による浸蝕魚雷の直撃を受け、海底深くに沈み行く401―――。
フルバーストで索敵能力が弱ったところへの雷撃にイオナは為す術もなかった。

群像の支持に従って、ナノマテリアルによる欠損した場所の再構築を試みるも、400、402の目論見で自己修復プログラムは作動率が低下。
修復が捗らず、強まる水圧と浸水の為すがままに暗海に呑まれていく。

タカオたちは、合流ポイントに到着して、幾許も過ぎても現れない401の安否を気遣う。
タカオとヒュウガは互いの想い人のことで口論を始めたが、ハルナが諌め、反応が消えた海域を目指す。

コンゴウは、怒(いか)っていた―――。
400と402。
何故、勝手に401を沈めたのか?
二人は、401を沈めることは、“霧”の相違であるとして、許可を受ける必要は無い、とした。
コンゴウは、続け様に問う。
「何故、あの海域にいた? 報告は受けてないぞ」
402は、落ち着き払ったフラットな口調で言う。
「我々は、あなたを監視していました」
「?!」
「あなたもタカオたち同様、401に同調する可能性があった」
二人は、コンゴウが401に執着していることを指摘して、哨戒行動に移るよう支持した。
コンゴウは、悩みに至る。
執着?
(私は、)アドミラリティ・コードに反しているのか?


タカオたちの捜索は、迷走していた。
超重力砲同士の干渉の影響で、空間位相に乱れが生じ、概念伝達は、まるで役に立たない。
探そうにもその周辺の深い海溝に沈んでいるとしたら、もう……。
「それでも! 探すしかないじゃない!!」
タカオは、艦を潜水させようとした。ヒュウガは、怒鳴り、タカオの無謀を制止する。
「海上に艦影がない以上……敵は、たぶん潜水艦よ。重巡洋艦のあんたじゃ水中戦は不利」
あまりに冷静過ぎるヒュウガにタカオは、突っかかる。だが、ヒュウガには責任があるのだ。
群像とイオナが託したモノを守る義務が。
タカオは、それを理解し、単独で海溝への捜索に出た。

水圧に耐え切れず、401は崩壊を始めていた。
群像は、艦の機能維持に必要な区画を優先的に保護し、その他の区画を切り捨てることをイオナに命じた。
八方塞がりで明確な打開策もない絶望の中、群像は微笑んでいった。「イオナは……随分、変わったな」
イオナは、意味するところが分からず戸惑う。

その間もどんどんと酸素は薄くなり、温度は低下していく。
それでも、群像はエネルギー消耗を良しとせず、現状維持を指示。

息が荒れる群像。イオナは心配そうに彼の顔を見つめる。
体温は低下を続け、脈拍が上がっていく。低酸素症。これは群像にとって著しい生命の危機。
しかし、群像は、一貫して艦の機能保持を優先させる。
薄れていく群像の意識。
その渦中でイオナは群像が言った『変わった』の意味を理解した。
嘗てなら、命令に従い、背く理由など持ち合わせなかった。
だが、今のイオナは、群像を見放すことなど――――。

群像がイオナに生きろと願ったようにイオナも――――

「いや…… わたしは…… 一人に…… なりたくない…………」

タカオの必死の捜索は続く。海面を遠く離れ、もはや海底に手が届くほどのところまで潜っていた。

暗い海の底で微かに反応を捉えた。401は船体を大きく瓦解させ、散り散りになっていた。
微弱な反応を頼りにタカオは、救命ポッドに眠る群像の姿を見つけ出した。
……が、イオナは、メンタルモデルを犠牲にしてコアのみを残し、姿を消していた。

タカオは、涙する。「これじゃあ……私の入り込む隙間なんて……どこにもないじゃない…………」

タカオは、意を決して、自らのナノマテリアルをイオナに捧げた。

「これが、艦長の望みなら……」

タカオは、微笑みを浮かべたまま消えていった。
そして、イ401はタカオとの融合を果たし、艦体を復元した。

コンゴウは、そのことを察知するや、自らの手で葬らんと息巻く。
だが、アドミラリティ・コードは、コンゴウの東洋方面第1巡航艦隊の旗艦の任を解く。

認められないコンゴウは、感情と401への執着をむき出しにした。
そのことでコンゴウへの疑惑は決定的になり、拘束される事となる。
同情を求めマヤに声をかけるが、マヤもまた、コンゴウを監視するため作られた思考を持たぬ人形だった。

コンゴウは、自分が独りである…… いや、独りであったことを思い知らされたのだった。

蒼き鋼のアルペジオNo.01イ401

【今回のポイント】
◇ちょっと泣かせる回。
◇それぞれの“想い”が色濃く出た回。
◇コンゴウがぼっちに……
◇マヤって、そんな扱い? なのにキット化早いんでやんの……。
◇OPもEDもなかったね。

【見終わって、ひとこと】
タカオが健気過ぎて、うるうる;;
ちょっと、寂しくなっちゃいましたね。
もう一度、合同で戦うところを見たかった。
コンゴウもぼっち決定になって、でも、ざまぁって感じじゃないんだな。
何かあるでしょ? って臭わせて、ざわざわ感が体を巡って……。

で、これって、1クールでしたよね? もう1クール欲しい……。

【記事の紹介】
○蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ 第10話 「その身を捧ぐ」の感想です。  …ひそか日記さん

○蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第10話 「その身を捧ぐ」 感想  …ひえんきゃくさん

○『蒼き鋼のアルペジオ』10話感想 神回!感動して辛くなって最後は唖然としたな…!  …ああ言えばForYouさん


【関連商品】

TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ」OPテーマ 「SAVIOR OF SONG」<蒼き鋼のアルペジオVer.> TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」EDテーマ::ブルー・フィールド
左)TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ」OPテーマ 「SAVIOR OF SONG」<蒼き鋼のアルペジオVer.>
右)TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」EDテーマ::ブルー・フィールド

蒼き鋼のアルペジオNo.02重巡洋艦タカオ
蒼き鋼のアルペジオNo.02重巡洋艦タカオ


HAKUBA キャラ IPHONE 5 アルペジオ タカオ PCM-IP5-0130
HAKUBA キャラ IPHONE 5 アルペジオ タカオ PCM-IP5-0130








このエントリーをはてなブックマークに追加




アフィリエイトならリンクシェア
アフィリエイト B なら報酬は消費税分もお支払



スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ