back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
NKJ56_reikokkurengatatemono500.jpg



一九世紀の中盤。宗教上の奇跡を科学的見地で解明しようとする学問が現れます。

この学問を『ニューソート』と言います。
日本語では『光明思想』と訳され、
「気持ちを明るく保つと運命が開ける」
…と言う風な考え方をしています。


エマソンと言う哲学者は、キリスト教とインド哲学を踏まえて、
「神は、人間の心の中に描かれたものを受け取り、それを現象の世界に形作る力を持っている」
……と言いました。

その後継者のエディ夫人は、
「人間の心は神に直結している」
…とし、
「神は我々人間を助けよう、より幸せにしようとしている。その事実に気付けば、誰だって奇跡は起こせる。従って、奇跡は出鱈目に起きない。神の摂理に従って起こる」
…と指摘しました。

「人間は今生では幸せになれない。幸せは来世に於いて初めて体感できる」とした、
旧来の教えを覆し、
「幸福は今生でこそ、満喫すべき」と力説しています。

二〇世紀に入ると、『ニューソート』に変革期が訪れます。

多くのニューソート信奉者が、『奇跡』を『成功』あるいは、『願望達成』と言う言葉に置き換え、
「どうすれば、成功できるのか(願望は達成されるのか)?」
…と、つぶさに語り始めました。

それまで『神』と呼んで来たものも、『潜在意識』と言い換えました。
それは、フロイトやユングの理論を検証した結果、潜在意識にもう一つ大きな働きがある事に気付いたからです。

「潜在意識には私達が常々考えている事、つまり、想念を現実化させてしまう働きがある」

つまり、
「幸福な人生を営めるか、否かは、潜在意識の活用次第である」
…と、唱えました。

宗教家でありながら、ニューソートを説いたジョセフ・マーフィーは以下の通り、定義しました。

・潜在意識には私達の想念を受け入れると、それを様々な現象として引き起こす性質がある。

・その為、良い事を思えば、良い現象が起き、悪い事を思えば、悪い現象が起こる。

・潜在意識には事の善悪を判断、選別する能力はない。嘘や冗談も通じない。全て、顕在意識の指示に忠実に従う。

・顕在意識にプラスとマイナスの感情のせめぎ合いがある時、より強い感情の方に支配される。


これと類似する思想は東洋、西洋を問わず、古代より語り継がれています。

そして、現代に於いて、その加護の下で、
皆さんも奇跡を享受できるのです。

その事実を知ってください。




本日は読んで頂き、本当にありがとうございました。

[関連記事]

大いなる『神仙思想』@『気』のチカラ(2013-9/21)
この世界の摂理を知ろう!!(2013-9/19)


《インスタントショップ始めました!》
ぜひ見て欲しい一品 「これは良いものだ!!」










にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村


成功哲学 ブログランキングへ






このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ