back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第17話のシナリオ】

先発したミノリたちパーティーは、ゴブリンの大軍に起死回生の打撃を与えるべく、電光石火の奇襲を画策し、ゴブリンの進撃を遅らせることに成功していた。

エターナルアイスの古宮廷では、円卓会議、領主会議が各々で方策を練っていた。

冒険者と大地人。

両者の間に未だわだかまる利害関係は、迅速な決断を妨げていた。
守護神『イズモ騎士団』が当てに出来ない大地人には、もはや冒険者の力を頼るしか他にない。
しかし、高慢な貴族たちは、どこの馬の骨ともわからぬ冒険者に侮られまいと、イズモ騎士団の不在を隠し、保身を貢ずるに躍起になっていた。

長らく待たされて呼ばれた本会議の席上、ツクバのキリバ公は、(冒険者は、)神の恩恵を受け、不死の体を与えられた者たちなのだから、この未曾有の事態に対処して当然だ、と論ずる。
ミチタカは、(真意をさぐるため、派兵反対の立場の役割として、)これに激昂し、大地人の傲慢だと罵る。

会議が混迷の渦中にあった時、会議場のドアが開き、レイネシアが足を進める。
あの怠け者で気弱なレイネシアが殺伐とした空間を凛とした面持ちで歩く。
立ち止まり、クラスティに向くとレイネシアは言った。
「これからアキバの街に向かいます。伴をしてください」

一同は唖然と口を開き、耳を疑った。
レイネシアは、アキバで礼節を以って義勇兵を募りたいと言って、さらに礼節を尽くす相手に隠し事をすべきでないとイズモ騎士団の不在を明らかにした。

クラスティは、(派兵に賛成する立場でもあったことから)レイネシアの申し出を受け、彼女を伴って、アキバへと飛び立った。

シロエは、怠惰で臆病な一人の姫君が、迷走していたイースタルの未来に一石を投じたことを確信する。

【今回のポイント】
○確執が露呈する大地人と冒険者。(気の遣い過ぎと損得勘定の打算)
○順調に作戦を進めるミノリたち。
○覚悟を決め、アキバへと赴くレイネシア。
○ルディの手にはマジックアイテムの籠手が……


【見終わって、ひとこと】

長い間、別々の世界で生きて来た大地人と冒険者。
そう易易と折り合いなんか付けられるはずもない。

それにいくら不死とは言え、記憶を失くすって言うことは大変なこと。
シロエも派兵は念頭においていたとは言っても、そう言った危険に仲間を追いやることには抵抗があったはず。
おいそれとは頷けないでしょう。

レイネシアの勇気ある行動、言動は、それらを払拭して、両者の関係に新しい息吹を吹き込んだ。
物語のステージは、飛躍的に広がって、同じ大地に生きるものとしての共生が始まる予感を孕んでいる。

OPで何回も見ていたあのシーンが遂に見られるんだなって、ちょっと嬉しい。
あのシーン……って言えば、アレももうすぐか……?


【記事の紹介】
○ログ・ホライズン 第17話 机ドン!&レイネシア姫頑張る!の回(感想)  …アニメっこねっとさん

○ログ ホライズン 第17話 「怠惰で臆病な姫君」 感想  …LittleColorsさん

○ログ・ホライズン第17話『怠惰で臆病な姫君』の感想レビュー  …gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)さん

○『ログ・ホライズン』第17話の感想 ニート姫ことレイネシア姫が頑張った回でしたwww  …アニよるさん


※今日のおすすめ
ログ・ホライズン ICカードステッカー B ログ・ホライズン ICカードステッカー A
左)ログ・ホライズン ICカードステッカー B
右)ログ・ホライズン ICカードステッカー A

>その他グッズはこちらへ









このエントリーをはてなブックマークに追加




アフィリエイトならリンクシェア
アフィリエイト B なら報酬は消費税分もお支払




スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。