back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
【第6話のシナリオ】

タケダとの戦で当主ノブヒデを失ったオダ家。
悲しみにくれるノブカツ、イチヒメを捨て置き、家中では、ノブナガ派とノブカツ派に分かれ、跡目争いが本格化していた。

ミツヒデは、未だ、自責する心を止めることが出来ず、一人苦しみに悶えていた。ヒデヨシの慰めを聞いても、心穏やかになることはない。
いっそ、罵倒してくれた方が清々しかったのかもしれない。
ミツヒデは、心の置き場を探して打ちひしがれ、不手際を自嘲するに終始した。

城内では、ノブヒデの葬儀の準備が滞り無く進み、式典当日を迎える。
霊前に親族と家臣一同と居並ぶが、肝心の喪主ノブナガの姿が見当たらない。
いくら、時を待っても現れぬノブナガに痺れを切らしたノブカツ派家臣団は、ノブカツを喪主代理に奉って、式を執り行おうと提案する。
ミツヒデは、これに反対したが、一同の合意とノブカツの意志(あくまで代理として、喪主を務める)により、式典を始めることとなった。

ノブカツが式典の始まりを告げようとした時、ようやくノブナガが姿を現した。
……が、
彼の出で立ちは、葬儀にそぐわぬものだった。婚約式で見せた、あの傾奇者の風体で式場に乗り込んで来たのだ。
仰天する家臣団を尻目にノブナガは、つかつかと霊前に歩み進む。

その後の彼の行動に皆が言葉を失った。

あろうことか、ノブナガは香炉を掴むなり、灰を柩や祭壇にぶち撒けたのだ。
如何に“うつけ者”とは言え、あってはならない乱心である。
ノブカツ派の筆頭であるハヤシ・ヒデサダは、怒り心頭で刀を抜いた。
しかし、ノブナガが発した神器の風(桜吹雪)に戦いて、ハヤシは、腰を抜かす。

ジャンヌは、彼の行いを理解しかねた。
愛想を尽かして、城を出ることを決意する。
ダ・ヴィンチは、彼女の行動を見透かしていた。
待ち伏せて、引きとめようとしたが、もはや、彼女の意志は決している。

ダ・ヴィンチは、偏った見識に惑わされず、フェアな観察眼を持つべきだと諭して、また、いつものようにカードを差し出す。
ジャンヌは、別れの挨拶代わりに、と一枚引いた。

『力』

絵札には、猛獣を抱く美女が描かれている。
“力”を持つ猛獣を抱くには、それ以上の大きな力が必要だという意味らしい。
城を出て、森を彷徨うジャンヌは、大きな唸り声を聴く。
それは、滝に打たれ、必死に悲しみを堪えるノブナガの唸り声だった。
ジャンヌの目に涙が滲む。
ノブナガが秘めていた悲しみを知り、胸が熱く、苦しくなった。

ノブカツは、家中の騒乱を収めるために一時的に家督を継ぐ決心をしたとミツヒデに告げる。
一時的に引き受けて、皆の理解が及ぶのを待って、ノブナガに家督を譲ると言うのだが、そんな慣れ合いが許されるほど甘くない。
ミツヒデは、この期に至って、苦渋の決断を下す。
オダの行く末を守る者として、“鬼”となり、幼き頃から知るノブカツを手に掛ける覚悟を決めた。

銃の照準器を覗き込み、ノブカツを狙うミツヒデ。
しかし、同じ頃、ノブナガにも、また、暗殺者の手が及んでいた。

パーンッ!
双方で弾ける火薬の音。

ノブナガの目が大きく見開かれる。
彼が見たのは、胸を打たれ、力尽きるヒミコの姿。
ヒミコは、占いによって、災いを悟り、身を挺して、ノブナガを守った。

血に塗れて、倒れ込むノブカツ。
銃弾に胸を撃ち抜かれ、血を吐きながら、撃ち手を見据える。
突然の災いに驚くこともなく、彼は、何故か微笑みすら浮かべていた。
もしかしたら、彼は、この顛末を予測していたのかもしれない。
「頼み…… ましたよ……」

“鬼”になると覚悟を決めたミツヒデではあったが、どうしようもなく溢れ出る涙を止めることは、些か出来なかった。


【今回のポイント】
○どんどん闇に落ちていくミツヒデ。
○史実同様に灰を投げつけたノブナガ。
○ジャンヌ、ノブナガの悲しみを知り、魅力に引き込まれる(?)
○打たれたヒミコとノブカツの今後は?
○イチヒメが父から預かった家督の品。
○ハヤシ、シバタはノブナガを軽んじ、命を奪う算段。

【見終わって、ひとこと】
今回、チョット重い回……
ミツヒデの闇堕ちは、どんどんと進行してますね?
この分だと本能寺もやっちゃうんでしょうね。

ノブカツとミツヒデの対話。
ノブカツは、自分が家督を継ぐと言ったことで、ミツヒデが何らかの手を下すことを留意していたんじゃないでしょうか?
最後の「頼みましたよ」がヤケに意味深で心に引っかかってます。

これでノブカツとの跡目争いは無くなったとはいえ、ノブカツ派の家臣が大人しく、ノブナガに着くとは思えない。
これから、何かしら起こるんじゃないかな。

そして、撃たれたヒミコ。
あれって致命傷?
あんだけOPに存在感出しといて、まさか死ぬとかないでしょうね!!
これから、タケダやら、ウエスギやら、西の星やらと一戦も二戦も控えている状況で益々ヤマタイ国の力が必要なときなのだから、生きておいて欲しい…… と思ったのでした


【記事の紹介】
○『ノブナガ・ザ・フール』6話感想 ヒミコがああああああ!?眠気なんて吹き飛ぶ展開だった  …ああ言えばForYouさん

○【ノブナガ・ザ・フール】6話感想 ミツヒデ、織田家皆殺しリーチじゃないですか……  …俺の楽しみがネットばかりなわけがないさん

ラブラドライト ホールドハードラインペンダント シルバー925 (宮野真守さん着用) 【Sploosh スプルーシュ】 FOOL THE WORLD(アニメ盤)
左)ラブラドライト ホールドハードラインペンダント シルバー925 (宮野真守さん着用) 【Sploosh スプルーシュ】
右)FOOL THE WORLD(アニメ盤)

》その他、グッズやフィギュア、ゲームはこちらから
送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!









このエントリーをはてなブックマークに追加




アフィリエイトならリンクシェア
アフィリエイト B なら報酬は消費税分もお支払








スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ