back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
【The Risingのシナリオ】※ネタバレ(ザックリと詳細記載)なので見る予定ある人は要注意!!

様々な人種、民族。そして、特殊な超能力を持つNEXTが共生する大都市シュテルンビルト。
その軋轢か? 今日も多くの犯罪がこの街の市民を悩ませる。
しかし、幸いにもこの街には、ヒーローがいた。
NEXTの力を持った彼らが街と市民の安全を守り、その模様は、HEROTVで逐一お茶の間に届けられた。
この街のヒーロー人気は、アイドルや映画スターにも匹敵する。
これまで様々な難事件を解決して来た嘗てのトップヒーロー“タイガー&バーナビー”も健在だった。
“ワイルドタイガー”こと鏑木虎徹は、能力が減退を理由に引退を表明したが、ヒーローであり続けたいと言う衝動を抑え切れず、軽犯罪を対象とする二部リーグでの活動を再開していた。
同じく引退の意志を示した“バーナビー”ことバーナビー・ブルックスJrも彼の復帰を受けて、再びコンビとして二部に参加する。
能力の衰えがないバーナビーの能力は、二部にあって、あまりにも抜きん出ていて、彼自身、物足りなさ…… 不満を感じていた。

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_3_result


やり切れなさを抱えるバーナビーの口からは、一部復帰を望む愚痴が零れる。



そんなある日―――。
二人に一部昇格の話が舞い込む。二人はアポロンメディアの新オーナーのマーク・シュナイダーに呼び出される。
マークは、好きな金額を書き込めと契約書を差し出す。バーナビーは、快くサインをした。
そして、虎徹を自分の部屋に呼び、話を詰める。

復帰イベントは、大ホールを取って、盛大に執り行われた。
報道陣を前にマークは、一部リーグに途中参加する二人を紹介する。

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_result映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_1_result


バーナビーと……
彼の新パートナー“ゴールデンライアン”ことライアン・ゴールドスミスだった。
あの時、虎徹も一緒に呼び出したのは、バーナビーに気持よくサインさせるためのマークの謀だったのだ。
それでも虎徹は、バーナビーのための最良の選択、と文句も言うこと無く、彼の提案に頷いてみせた。
彼を仲間と慕う他のヒーローたちは、非道なマークに反感を募らせたが、どうにもすることが出来ない。
それから間もなく、二部リーグは取り潰され、虎徹は職を干される。
ベンに紹介されたタクシードライバーも勝手が分からず、些か難儀していた。

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_7_result


新コンビ“バーナビー&ライアン”が活動を始めて間もなく、奇妙な事件が勃発した。
まるでシュテルンビルトに残る伝説。“女神の天罰”を連想させた。
“女神は、罪を悔いない民衆に光の刃を降らせ、家畜を水に沈め、眠りの病を蔓延らせ、尚も改めない民衆を街ごと地中に陥没させた”

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_9_result


最初の事件では、唸り声の後、割れたビルの窓ガラスが(煌めく刃の如く)市民を襲う。次は、海上を結ぶ幹線道路から家畜を乗せたトラックが海に転落(溺れる家畜)。
次の事件を防ごうとヒーローたちは、街の捜索を始める。
だが、事件は起こった。
ファイアエムブレムは、広場に横たわる多数の市民を目撃する。
そこで佇む老人に声を掛けたが、彼こそ、この一件の張本人だった。
ジョニー・ウォン。眠りを授け、その人が持つトラウマを呼び起こすNEXTを使う。
ファイアエムブレム。ネイサン・シーモアは、易易と彼の術中に落ちた。

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_10_result


ヒーローたちは、彼の身を案じながら、最後の災厄“街の陥没”を防ぐために警戒を厳に捜索を続ける。
そして、女神を祀る祭典。ジャスティスデー当日。
映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_13_result


犯行グループは、あからさまに行動を起こした。
スカイハイ、折紙サイクロン、ロック・バイソンが追うリチャード・マックスは、声(音の圧力?)を操り、どんな攻撃も弾き飛ばした。

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_5_result
映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_8_result


バーナビー&ライアンが追うカーシャ・グラハムは、分身を操って翻弄し、丸い刃(中国の圏やインドのチャクラムのような投擲武器)を使って攻撃する。
ドラゴン・キッド(後からブルーローズも合流)は、ファイアエムブレムの仇とジョニーを追った。

そして、アポロンメディアのビルでは、鉄骨や鉄線など金属で構築された化け物がマークを襲い、虜にする。

襲撃を期に全権を委ねられたアニエスは、ワイルドタイガーの復帰を認める。
タイガーは、化け物の追跡の過程でマークを狙うルナティックと遭遇。
“正義”に対する思い入れ、価値観の違いから対立する。

ヒーローたちは、苦戦を強いられながらも、どうにか対処策を見つけ出す。
リチャードの攻撃は、折紙の擬態能力で音を跳ね返すのをきっかけとして……
カーシャは、バーナビーの誘導で細い谷間に入った所をライアンの重力操作で身動きを封じ込められる。
ジョニーは、トラウマを克服し、彼の能力を受け付けないファイアエムブレムとドラゴンキッド、ブルーローズの連携で捕縛された。

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_12_result

化け物を追うルナティックとタイガー。
裁く力の無い正義。即ち悪の温床と豪語するルナティックと正義だとしても人を殺めることを認めないタイガーの戦いは続く。

映画『劇場版 TIGER BUNNY -The Rising-』予告編_14_result


マークは、鉄塔の磔台に拘束され、処刑を待つばかりとなっていた。
彼をそうしたのは、なんと、彼の秘書ヴィルギル・ディングフェルダーだった。
ヴィルギルは、父を騙して、自殺に追い込んだマークを憎んでいた。
駆けつけたバーナビーの説得が彼に届くことはなかった。
ヴィルギルは、邪魔をするバーナビーとライアンに攻撃を仕掛ける。

そこへルナティックとの戦いから弾かれたタイガーが落ちて来た。
バーナビーの能力回復を待って、(ライアンの援護を受けつつ、)久しぶりのコンビネーションを繰り広げる。
息の合ったファイナルアタックは、化け物の体を貫いて、マークの救出に成功。ヴィルギルも捕縛された。

この事件の後、全権を任されたアニエスによって、タイガーの一部リーグ復帰が認められ、タイガー&バーナビーは再び、コンビを組むこととなる。

そして、ライアンは、新しい職場へと転職し、新天地へと旅立つ。


【今回のポイント】
○アニメとは思えない臨場感!!
○成長したカリーナと楓に思わず生唾……
○ネイサンが抱えた心の闇。葛藤。そして、克服するまでの軌跡がイイ!
○鏑木家の家族愛に心温まる。
○方向性に悩む最下位ロックバイソンが笑えた。
○新技を編み出したドラゴン・キッド。
○“天然”を笑われることに悩んでいたキース。でも、最後に開き直る。
○今回、(全般的に)擬態を効果的に使って、活躍する折紙。カッコイイ!!
○『GOOD LUCK MODE』の音声が聞けなかったのがザンネン。
○タイガーとバーナビーの新スーツにチョット違和感。


【見終わって、ひとこと】
いや~~~!面白かったです!!
まずは、映像美。
本作、フルCGで(なのかな?)でちょっと引きの絵になると、まるで実写の演者が動いているようでスンナリとあの世界に引き込まれました。
ホントにハリウッドのSF見てるんじゃないだろうかと思ったくらいクオリティ高かった。

シナリオも飽きそうになる前にポンポン新しい展開があって、気分よく見れた。
新キャラ、ライアン。嫌味なキャラになるんじゃないかと予想してたけど、そこまでなかったな。

そして、物語の中盤の軸になる昏睡状態のネイサンの葛藤。
過去の回想。苦悶する彼(彼女?)の姿が瞼の裏に焼き付いて離れない。
眠りの中で耳に入るホァンとカリーナの声をきっかけにトラウマから脱する流れに感動しました。

鏑木家の件は、いつもながら心がホッコリしますね。
今回、楓も言うことオトナになってるし、虎徹が母親に似てきたというのも分かる気がする。

まあ、難を言えば、スカイハイこと、キースにもう少し活躍して欲しかった。
僕的には、そのくらいで総合評価90点以上じゃないでしょうか。

【記事の紹介】
○劇場版『TIGER & BUNNY -The Rising-』 感想スレ  …ぷりそく!さん

○『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』 感想!  …TIGER&BUNNY面白すぎる!さん

○劇場版 TIGER & BUNNY The Rising  …映画.comさん

○「劇場版TIGER&BUNNY The -Rising-」感想  …それは本当かキバシヤ!さん



○アニメ最新作を無料で配信









このエントリーをはてなブックマークに追加




アフィリエイトならリンクシェア
アフィリエイト B なら報酬は消費税分もお支払








スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ