back to TOP

admin |  RSS
Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _4_result


【第8話のシナリオ】

イスラの夜闇を劈く空襲警報。敵戦闘機のエンジン音、銃声、爆音、叫び声。
あまりにも突然の出来事に浮遊島中が混乱を来す。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _2_result


窓の外を茫然自失して、見蕩れるクレア。
避難を呼びかける兵士の声。
敵は、内陸まで進行していると言う。
そして、その第二波はセンテジュアルに到達しつつある。
クレアは居ても立っても居られず、友達を救うため、屋敷を飛び出した。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _5_result


カルエル、アリエル、ウォルフ、マルコは、先発したヴァン・ヴィール組と合流し、敵の大群との戦いに臨む。
キューンと気流を捲し立て、急降下してくる敵編隊。
射手は、銃を構えてギリギリまで引き付ける。
ドドドド。けたたましく敵の機銃が火を噴く。
「撃てぇ!」
ファウストの号令で射手が一斉に引き金を絞る

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _6_result


銃弾を命中し、数機の撃墜を確認する。
しかし、こちらも相当数が撃墜された。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _7_result

シャロン、ベンジャミン、ノリアキ、ナナコは、陸戦隊に任じられて、拠点防衛に従事する。
次々に舞い降りてくる敵の空挺部隊。
センテジュアルの火の海を我が物顔で駆け回り、銃を轟かせる。
初めての戦闘に怯える学生たち。その中で唯一、シャロンは冷静且つ勇敢だった。
「みんな、しっかりして! 私たちの街や学校が乗っ取られてもいいの?」
シャロンの一喝で勇気を振り絞るベンジャミン。ノリアキとナナコも奮起して、銃を構えた。

駆け付けたクレアは、戦闘に参加する学友の姿に我を忘れ、落ちていた銃を拾い上げる。
彼女の射撃姿勢に覚束なさを感じたイグナシオは、彼女から銃を取り上げて、銃口を敵兵に向けた。
パンッ!
狙い澄まして、バタバタと敵兵を薙ぎ倒す。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _8_result



ヴァン・ヴィール組の戦いは混迷を極め、撤退を余儀なくされるが、敵の包囲陣はあまりに強靭で隙がない。
次々に撃ち落とされる学生たち。
それでも、弱音を吐くこと無く、戦い続ける。
ファウストは、カルエルたちの奮闘ぶりを微笑みを以って、讃えた。


上空に新たな敵編隊。
中央に位置するシルバーの機体には、“銀狐”のエンブレム。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _18_result

砲門を開くなり、あっさりとファウストをその手に掛けた。
次々に味方を撃ち落とされ、ヴァン・ヴィールは全滅。
ウォルフ、マルコもカルエルたちの盾となって撃ち落とされた。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _11_result

逃げ惑うカルエルとマリエル。
巧みな連携から成る波状攻撃に苦しめられ、遂にマリエルまでも負傷する。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _17_result

「冗談やめろよ! 面白くないよ! 一緒にべラスカスに帰るんだ!」
カルエルは神に祈る。喚く。弟でいいからと必死に彼女に声をかけた。
神が聞き届けたか? 
アリエルは目を覚まし様に後ろに張り付いた敵機を撃破する。
しかし、それが精一杯だった。
彼女は意識を失って、項垂れた。
カルエルは、アリエルと無事に地上に降り立つため、懸命に操縦桿を切る。
猛攻は、いつ終わるとも知れず、機体はダメージを蓄積して、カルエルは、もはやと覚悟を決める。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _19_result

その時、国籍不明の戦闘機が、彼ら二人の窮地を救う。
青色のボディに“海猫”のエンブレムが入っている。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _20_result

並み居る敵編隊に突っ込んで、通過して間もなく、敵機は軒並み、火と煙を噴く。
かの機の援護を受けて、カルエルたちは生還を果たすことが出来た。

戦闘は終わった。一夜が明け、変わり果てた町並み。
あまりにも多くのものを失い過ぎた。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _21_result

アリエルの病室でカルエルは自分の無力さを痛感し、涙に暮れる。
目を覚ましたアリエルは、いつまでもいじけてたり、くじけてちゃいけないと彼を励ました。
「だから、くじけるな! カルエル・アルバス!」

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _23_result

そして、銀狐に追われていた時にまだ意識があったと打ち明ける。
「カッコ良かったよぉ。お兄ちゃん」アリエルは、ドヤ顔で彼をからかった。

先の戦闘で国籍不明の戦闘機は、イスラ首脳部宛に書簡を落としていった。
書簡には“聖アルディスタの種子”との記載が―――。
ルイス提督は、同じ神話を持つ送り主に興味をそそられる。
文章の末尾には、紋章と署名が入っている

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 08 _24_result

“神聖レヴァーム皇国 執政長官 ファナ・レヴァーム”


【今回のポイント】
○戦闘で多大の犠牲。空戦に出た学生たちはカルエル機を除いて全滅。
○センテジュアル組で一番肝が据わっていたのはシャロンだった。
○ウォルフやファウストの死に様がリアルっぽくて、ちょっとグロかった。
○『海猫』、『銀狐』の登場
○神聖レヴァーム皇国からの書簡。同じ神話を持つ者同士で交流が始まる予感。


【見終わって、ひとこと】
前回から、敵の計略に嵌ってからの…… 若き勇者たちの出陣回。
でも、戦力差が歴然過ぎて、太刀打ちが出来ない。
分かっていたのだろうけど、やっぱり、祖国(?)が蹂躙されるのを黙って見過ごせない。
現実の歴史を見ているみたいで切なくなった。

やっと分かり合ったと思ったファウストまでも敵の手に落ちて、ウォルフもマルコも死んでしまって、残ったのはカルエル機だけ。
そこからはハラハラ展開。逃げても、逃げても、追って来る敵機に為す術もなくか…… と思った矢先、謎の戦闘機の登場。

海猫の空戦シーンは、すごく綺麗でカッコ良かった。すっかり見惚れてしまいました。
単機であれほどの敵を落とすとは……
どれほどのエースなんだ!!

そして、病室での会話でカルエルを慰めるアリエルが随分と大人でお姉さんらしさを持ち合わせていた。
……と言うか、これまでもずっとそうだったかもしれない。
誰よりもカルエルを理解して、背中を押してあげて、見守って。
母のような慈しみを持った優しい女の子ですね。


【記事の紹介】
○とある飛空士への恋歌第8話『鳥の名前』の感想レビュー  …gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)さん

○「とある飛空士への恋歌」第8話感想 物凄い勢いで死んでいく・・・アリーは生き残ってくれた  …ポンポコにゅーす速報さん

○『とある飛空士への恋歌』8話感想 空戦が見応えたっぷり!追憶ネタも来たな  …ああ言えばForYouさん

○『とある飛空士への恋歌』辛い・・・辛いです(第8話感想)   …なんだかおもしろいさん

1/72 クリエイターワークスシリーズ サンタ・クルス “とある飛空士への追憶” とある飛空士への恋歌 デカキーホルダー クレア
左)1/72 クリエイターワークスシリーズ サンタ・クルス “とある飛空士への追憶”
右)とある飛空士への恋歌 デカキーホルダー クレア

》その他、グッズやフィギュア、ゲームはこちらから(随時更新します)

○アニメ最新作を無料で配信









このエントリーをはてなブックマークに追加




アフィリエイトならリンクシェア
アフィリエイト B なら報酬は消費税分もお支払






スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ