back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_3_result

【第11話のシナリオ】

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_4_resultToaru Hikuushi e no Koiuta - 11_result

敵が張った煙幕に惑わされ、混乱を来すルナ・パルコの艦橋。
クレア(ニナ・ヴィエント)は、失われている風呼びの力を試してみたが、発現することはなかった。
観測機の通信が途絶えたまま、闇雲に砲弾をぶっ放すが、敵艦に命中する気配がまるで無い。
そこへ直掩していた学生からの入電。観測を引き継ぐ旨の打診。
兵力を割けないこの状況。指揮を執る騎士団長メルセは、観測機代行を任せると返答する。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_5_result

敵戦艦の能力は、ルナ・パルコと同等。しかし、煙幕で視界は遮られているため、戦況的にはルナ・パルコが不利。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_6_result

イグナシオは、着弾の様子を見て、友軍に着弾観測をしている者がいると気が付く。
この空域の友軍機は、2機しかいない。
カルエルは、急いでノリアキたちの救援に向かう。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_9_result

二人の機体は敵戦艦に肉薄する。より精密なデータを集め、ルナ・パルコへと打電する。
離脱中、砲撃を受け、ベンジャミンは右手を失った。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_12_resultToaru Hikuushi e no Koiuta - 11_13_result
Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_11_resultToaru Hikuushi e no Koiuta - 11_16_result

ベンジャミンが送った情報により、全弾命中。敵艦は沈んでいく。
敵艦に接近していた二人のエル・アルコンは爆風に飲まれ、大破。パラシュートで脱出したが、下は聖泉。助かる見込みはなかった。
『我に構うな』
救援に来たカルエルたちにそう手信号で合図した。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_17_resultToaru Hikuushi e no Koiuta - 11_21_result
Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_23_resultToaru Hikuushi e no Koiuta - 11_20_result

二人の名を喚くカルエル。敵は、悲しむ暇など与えてくれなかった。
怒りがカルエルに眠る潜在能力を目覚めさせる。
軽快に操縦桿を切り、敵機を翻弄し、次々に墜としていく。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_24_result

ルナ・パルコに迫る飛空機群。
雷撃を受け、致命的な損害を被る。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_25_result
「ここで死ぬのですか?」
「きっと、わたしは、死んだほうがいいから……」

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_29_result
「僕はどうしたら……」

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_31_result
「カルエルくん、ごめんなさい。わたしを許さなくていいよ」
「あなたのことが大好きなの!!」
「最後だから…… わたし、ここで死ぬから……」
「わたし、あなたに恋してるっ!!」

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_32_result
「カール。憎しみに囚われないで…… 光だけを見ていて……」

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_33_result
「生きろ……」

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_34_resultToaru Hikuushi e no Koiuta - 11_35_result

クレアは、再び風呼びの力を取り戻す。
「カルを死なせない!!」
クレアの力は、敵飛空機を撃退し、長かった戦闘に終止符を打つ。
彼女が起こした奇跡は、これだけでは終わらない。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_36_resultToaru Hikuushi e no Koiuta - 11_37_result

沈みかけたルナ・パルコを支え、滞空させる。
そして、レヴァームからの救援が追いつき、残敵の殲滅戦を繰り広げる。

Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_38_result
Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_41_result
Toaru Hikuushi e no Koiuta - 11_42_result


「戦いは終わった。誰もが思った。けれど、僕達が旅を続けるには、さらなる犠牲が必要だった……」


【見終わって……】

○キレたカルエル。強すぎww
パラシュートで聖泉に落ちていく二人を見てブチ切れMAXのカルエル。
急に強くなった。
確かに怒りにはそんな作用があるそうな。
以前、テレビで女は怒ると動体視力が8倍上がるとか言ってましたし……。
男でもアドレナリンとかの作用で興奮状態になって、決断力とか集中力やら運動能力やらが高まるそうですよ。
キレたカルエルは、全周囲の敵位置情報を瞬時に見極めて、イグナに指示。
イグナも嫉妬する艶やかな操桿とセンスでバッタバッタと敵機を落としていく。
その猫写が美しいっていうか、すごい滑らかでカッコ良かった。

彼は、この作戦を通じて、とてつもない成長を遂げていた。
飛空士としても、人間としても。
デッキに出てきたクレアに生きていて欲しいと伝えて、憎しみの象徴となっていた母からの脱却を決意した時の彼の顔は清々しかった。


○ノリアキとベンジャミンの激闘
前回、観測機をやられ、それを見ていた二人。
誰かがやらなければならない状況で突貫する二人。
その覚悟たるや……
ナナコやシャロンを守るために何が何でも勝たなければならない。
敵艦に接近して、精密に速度や風向きを測って、味方に報告。
当然、砲撃の巻き添えも当然考えていたと思う。
それでも、勝利のために敢えて無茶をやり遂げた。
パラシュートで落ちていくベンジャミンは死を覚悟して、我に構うなって指示。
仮にカルエルの機体に乗せてもらえても重くなって、逃げられないだろうね?
死にゆく者の哀愁を漂わすこと無く、潔く晴れやかな態度が印象的だったな。
最後の方でバンテラスに助けられていて、ホっと一安心。
これからも空気読めないのりピーの減らず口が、聞ける訳ですね。


【記事の紹介】
○とある飛空士への恋歌第11話『恋歌』の感想レビュー  …gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)さん

○とある飛空士への恋歌 第十一話「恋歌」 感想!   …もす!さん

○とある飛空士への恋歌 TokyoMX(3/17)#11  …ぬる~くまったりと さん

○とある飛空士への恋歌 第十一話「恋歌」 感想  …趣味人の宿部屋 さん



○アニメ最新作を無料で配信









このエントリーをはてなブックマークに追加



アフィリエイトならリンクシェア
アフィリエイト B なら報酬は消費税分もお支払





スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『とある飛空士への恋歌』 第一一話 観ました

なんか原作小説を読んで居たと言っても記憶違いが多々あるようでなんかアテにならないなぁ〜的な…。 というわけで弾着観測を始めたノリアキ・カシワバラとベンジャミン・シェリフのペアですが、観測結果を欲しがっている当のルナ・バルコの中では飛空科学生の観測結果な...

とある飛空士への恋歌第11話『恋歌』の感想レビュー

のりピーとベンジャミンの死亡フラグはどうなったの&カルエル覚醒から超エースモード開眼&クレアの告白と風呼びの力復活…と、イベントラッシュ回でした。 ミツオと同じく、一番危険なポジションでの観測を成し遂げたのりピー達でしたが、シャロンの愛とバンデラス先生の...
Template by :FRAZ