back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 1(クリアブックマーカー付) (完全生産限定版) [Blu-ray]ソードアート・オンライン シノン SAO 朝田詩乃 あさだ しの 抱き枕カバー 等身 150*50cm 同人 アニメ 抱き枕カバー 両面プリント ピーチスキン 可愛い ファスナー付きヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ ソードアート・オンラインII
【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 1(クリアブックマーカー付) (完全生産限定版) [Blu-ray]
ソードアート・オンライン シノン SAO 朝田詩乃 あさだ しの 抱き枕カバー 等身 150*50cm 同人 アニメ 抱き枕カバー 両面プリント ピーチスキン 可愛い ファスナー付き
ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ ソードアート・オンラインII





sao8WS000011_result.gif


さて、BOBもいよいよ決勝。勝負はバトルロワイヤルで。
白熱した銃撃戦を展開するプレイヤーたちが愛用する銃は以下のとおりです。


No2 H&K MP5A5 (10歳以上電動ガン ボーイズ)sao8WS000004_result.gif
No2 H&K MP5A5 (10歳以上電動ガン ボーイズ)

○H&K MP5/モブキャラが使用(固定ストックのMP5A4)
H&K社が1960年代に発表した短機関銃。同社製G3(HK31)のローラーロッキングシステムをそのままに、短機関銃化したものである。ベースとなったG3同様のクローズドボルトの発火方式であるため、当時一般的だった短距離の瞬発的な面制圧を目的としたオープンボルト式の短機関銃とは一線を画す、目標に『当てる』事ができる命中精度を有する。
 しかし、それまでの短機関銃に比べ、部品点数が多く構造も複雑であるために高価で整備性や信頼性に不安があり、発売当初のH&K社は大口の取引先となるドイツ軍への納入を断念。それに替わる納入先として西ドイツ警察や国境警備隊に配備され、その他にも極少数が輸出されていたに過ぎなかった。
 永らく日の当らぬ存在であったが、1977年のルフトハンザ機ハイジャック事件において、MP5を装備したドイツのGSG9が事件を解決したことで一躍有名になり、続く1980年のイラン大使館占拠事件でこのMP5を装備するイギリスSASの映像が世界に公開され、その地位を不動の物とした。
 現在は世界各国の軍・警察で採用され、SWATや対テロ部隊では標準的な突入用火器として使用されている。日本でも90年代の終わり頃、海保の特殊部隊であるSSTがA5を、2002年のFIFAワールドカップの日韓同時開催に伴う警備強化を機に、警察庁がMP5E2(MP5F)をベースにした独自モデル(フラッシュハイダーを装備し、強装弾に対応。俗称 MP5J)を導入している。現在のH&K社では、受注規模の大小に関わらず、新規のオーダーに関しては従来の基本仕様であったA5ではなく、MP5E2型を勧める傾向が強い模様だ。
 しかし近年では犯罪者がボディアーマーを着込むなど、拳銃弾では威力不足なケースが現れたため、完全な室内戦やCQB以外ではM4などのライフル弾を使うカービン/アサルトカービンが普及しつつある。
 軍用としては、高性能とはいえ、高価なうえにあくまで低威力な短機関銃でしかないため、後方部隊の護身用火器としても、採用例は決して多くない。ただ、G3とメンテナンスや生産ラインを共用できるため、ノルウェーやイラン、トルコ、パキスタンなどのG3採用国の一部では、一般兵向けにも支給されている。イランやパキスタンなどでライセンス生産されている製品は独自に輸出もされており、パキスタン製などは安価なこともあって、本家MP5の『替え玉』として映画のプロップガンに使われることもある。
 なお、派手さを求めがちなハリウッド映画ではフルオート射撃ばかりが使われるが、本来は正確なセミオートやバースト射撃を旨とする“簡易狙撃銃”であり、フルオートは使われないことが多い。特にSWATなどのような警察特殊部隊では誤射や跳弾による周辺被害を嫌うのでセミオートが基本である。



マルゼン VZ61 スコーピオン ガスブローバックsao8WS000002_result.gif
マルゼン VZ61 スコーピオン ガスブローバック

○CZE Vz61/モブキャラが使用。
1961年に旧チェコスロバキアが制式採用した小型の短機関銃。“スコーピオン”の異名は、そのストック形状に由来するといわれる。
 戦車兵や航空機パイロットの護身用として開発されたが、コンパクトながら連射性に長け、かつレートリデューサーにより制御性にも優れていた為、社会主義諸国家でライセンス生産され、治安部隊や特殊部隊、時には暗殺を主たる任務とする部隊などでよく使用された。現在でも後継銃のVz83と共に生産され続け、西側諸国でも本銃を採用する警察機構は多い。
 使用する弾薬が小口径なため、市街地や屋外での戦闘には向いていない。ただし、接近戦ではサソリという異称に違わぬ、非常に恐ろしい武器となる。特に工作員らはボディアーマーの無い足を狙い、敵が倒れたところで頭等の急所を狙うという、その名にふさわしい戦法をとるという。
 北朝鮮の工作機関が絡む事件が起きる時、必ずと言ってよいほど、この銃が捜索で発見されている。これは北朝鮮のデッドコピー品ではなく、どうやら純製品であるようだ。
 ちなみに本銃は、セルビア(旧ユーゴスラヴィア)のツァスタバ社でM84というモデル名のコピー版が作られている。冷戦時代当時、共産圏からアメリカへの武器輸出は厳しく規制されていたが、社会主義国ながら中立政策をとっていた旧ユーゴスラヴィアからの輸出は比較的自由だったためだ。M84Aというセミオートオンリーのモデルも製造され、ストックレスのM84Bと共に民間市場で販売された。
 なお、2009年にCZ社はスコーピオン EVO3という小型軽量の新型短機関銃を発表しているが、名前をあやかったのみで直接の関係は無く、設計的にも全く別の銃である





Jing Gong SIG550 電動ガン【バッテリー&充電器つき!】sao8WS000007_result.gif
Jing Gong SIG550 電動ガン【バッテリー&充電器つき!】

○SIG SG550/ダインが使用。
1983年にスイス陸軍がStgw57(SG510)の後継として「Stgw90」の名前で制式採用した突撃銃。シグ社が自社のSG540を元に、スイス軍独自の5.6mm弾に合わせて試作したSG541の発展型である。
 性能に定評のあるシグ社だけに命中精度は高く、精密かつ耐久性にも優れている。値段(1挺約30万円)を別にすれば、もっとも優秀な突撃銃と評する者も居るくらい総合評価は高い。部品相互のクリアランスがタイトかつスムーズで、撃った時のリコイルショックが非常に軽いのが特徴。.223口径クラスのアサルトライフルとは思えないような撃ちやすさであるという。
 ボルト周りはAK47を参考にしたと云われ共通点も多く、作動も同様のロングストローク・ガスピストンとなっている。一方、ライフルグレネード発砲のため、空包使用時にガス圧作動をカットするガスレギュレーターを追加し、リターンスプリングをボルトキャリア前方に配置するなど独自の工夫も見られる。
 弾倉は(採用当時では)ユニークな半透明型で、外から残弾数が一目瞭然となっている。さらに最初から弾倉連結用の留め具が一体成型されており、クリップや金具無しに複数の弾倉を繋げる事が出来る。40mmのグレネードランチャーやライフルグレネードが装着可能なほか、蓄光素材を利用した夜間射撃用のナイトサイトを標準装備する。ガスブロックとフラッシュハイダーとの間にある銃身のバルジは、ライフルグレネード装着用のリングである。また、あまり知られていないがセレクター上部にあるストッパーでフルオートを殺して、バーストオンリーにすることも可能である。
 スイスは地形的に山岳部が多いことから、遠距離狙撃が重要視されるため、NATOスタンダードの5.56mm×45(SS109)よりも遠射能力に優れる独自開発の5.6mm×45(Gw Pat. 90,SS109と同寸で共用可能)が使用される。高倍率のスコープを装備すればPSG1にも匹敵する命中精度を持つスナイパーライフルに早変わりする(このような改造版はフランスのGIGNに狙撃ライフルとして配備されている)。
 ちなみに、国民皆兵のスイスでは徴兵期間を終えた国民にライフルを貸与しており、多くの家庭でSG550が保管されている。
 バリエーションとして、銃身長を短縮しバイポッドを排したカービンモデルのSG551、551よりさらにコンパクトなカービンであるSG552/SG553、狙撃用にモディファイされたSG550スナイパーがある。とくに550スナイパーは、セミオートのみで、スコープ、セットトリガー、ブルバレル、フルアジャスタブルストック(折りたたみ式)、角度も調節できるパームレスト付きグリップ、より安定性に優れたバイポッド、銃身過熱による陽炎防止用のゴムバンドなど、幾つもの追加装備によって、1挺90万円以上と輪をかけて高価なライフルとなっている。
 また、7.62mm×51弾モデルのSG750やそのカービンモデルのSG751も登場している。




No3 マック11 (フルオート) (10歳以上電動ブローバック)sao8WS000010_result.gif
No3 マック11 (フルオート) (10歳以上電動ブローバック)

○イングラムMAC11/モブキャラが使用。
1969年にゴードン・イングラムの経営するSionics社が、同社のM10の小型版として開発した短機関銃。小型になっても連射速度は相変わらずで、連射時の制御難はM10以上。当初は9mm×19口径で設計されたが、あまりのじゃじゃ馬ぶりに、弾薬を弱装の.380ACPに落とさざるを得なかったとも言われている。とにかく弾をバラ撒くことが前提であり、ただでさえ小さい上に発射サイクルが早いせいで命中精度はすこぶる悪い。
 Sionics社はM11を開発した後、ミリタリー・アーマーメント・コーポレーション(Military Armament Company:MAC)と社名変更した。その5年後にMAC社が倒産するなどして製造元は二転三転するが、ユーザーからは未だに「MAC」ないし制作者の名を取って「イングラム」と呼ばれている。また、サイズがちょうど聖書(ポケットバイブル?)に近いからなのか、『バイブルサイズ』という小洒落たニックネームもあったとか。
 見た目でM10と見分けるのは難しいが、M10はフロントサイトに1つ、リアサイトに3つの穴が空いているのに対し、M11はリアサイトに1つしか穴が空いてない。
 M10の仕様を受け継いで銃口にはサイレンサー脱着用のネジが切ってあり、取り付けたサイレンサーはバランスを取るためにも使われるという。また、このネジはセミオートオンリーの市販型(ピストルタイプ)にも残されており、オプションで、サイレンサー同様の外形のエクステンションバレルを装着できた。これはそっくりなだけの市販品ということで減音効果が全くなく、外側に多数の放熱口が空けられているのが特徴である。
 余談だが、初期の市販型は容易にフルオートに改造可能だったため、シアー改造部品などが出回って問題となり、一時販売中止に追い込まれた事もあった。また、販売元がサイレンサー組み立てキットの製作会社と提携して、常套的に購入者との仲介をしていた記録がある。これらのこと*1から今でも犯罪者らの間で人気があり、実際に犯罪に使用された例もある。

 なお、後年MAC社から製造権を受け継いだSWD社やCobray(コブレイ)社からは、9mm×19弾を使用するものや、クローズドボルトのM11も発売された*2。
 ちなみに右の画像はそのバリエーションモデルの一つ、Cobray SWD M11/9。口径を9mm×19に改めると共に、レシーバーの後半部を延長してボルトの後退量を稼いでいる。このため発射サイクルが低下し、多少はコントロールしやすくなった。M10、M11系列の最終発展型で性能も安定しており、生産終了からかなりの年月がたった今でも結構な人気モデルらしい。
 現在でもマウントレールやサイドコッキングレバー等のカスタムパーツが出回り、高性能化したM11で射撃競技に挑む者も存在する。



sao8WS000001.jpgsao8WS000003_result.gif

○ヴィッカーズ重機関銃/獅子王リッチーが使用。
この機関銃は、メトロポリタン=ヴィッカース社製の水冷式重機関銃であり、弾薬はイギリス軍の制式小銃であったリー・エンフィールド小銃と同じ.303ブリティッシュ弾(7.7mm×56R)を250連発の布製リンクに装着して使用する。
この機関銃は大変頑丈で信頼性が高く、戦場においては10挺のヴィッカース重機関銃が12時間連射し続けて、10挺合計で百万発の銃弾を発射し100本の銃身が磨耗して交換を余儀なくされたが、本体が排莢不良や装弾不良などのトラブルに陥ったことは一度もないほどであった。
運用は1挺につき6-8人のチームで行い、その役割分担は射手と装填手が1名ずつ、残りの4-6名は機関銃の携行を補助すると共に予備部品や整備用品、弾薬を携行する。
重量はどの型かによって前後するものの、一般的には機関銃本体が11-13kg、三脚が18-23kg、布製リンクに装着された250発の弾薬が入った弾薬箱が1個当たり10kgである。
4.3リットルの冷却水は銃身周りのウォータージャケットに入り、射撃によって熱を持った銃身を冷却する。ウォータージャケットにはゴム製と思われるパイプが付属しており、これがウォータージャケットから放出された水蒸気を水に戻す復水器に繋がっている。この機器は水を手に入れにくい野戦、特に第二次大戦の北アフリカ戦線に代表される砂漠戦では特に重要であった。




東京マルイ ボルトアクションエアーライフル L96AWSO.D.ストックVer★スナイパーライフルsao8WS000009_result.gif
東京マルイ ボルトアクションエアーライフル L96AWSO.D.ストックVer★スナイパーライフル

○L96/死銃(デスガン)が使用。
 イギリスのAI(Accuracy International/アキュラシー・インターナショナル)社が1980年代に開発したボルトアクション式狙撃銃。1984年にイギリス軍がL42A1に替わる制式狙撃ライフル「L96A1」として採用した、同社のPM(Precision Marksman/プレシジョン・マークスマン)ライフルの発展型である。より強力な弾に対応するためレシーバー(機関部)が強化されるなど、L96A1からのフィードバックにより改良がなされている。“Arctic Warfare(極地戦闘用)”の名が示すとおり、寒冷地での使用も想定したライフルである。
 ストックは従来的な曲銃床タイプではなく、サムホール(親指を通す穴)を空けたピストルグリップを有するストレートタイプとされた。このデザインは銃口の跳ね上がりの抑制に優れるだけでなく、とくに伏射のさいのグリッピングで手首への負担が少ない。また、ポリマー製ストック内に仕込まれたアルミ合金製のフレームでレシーバーのみを支え、バレルをストックに干渉させないフリーフローティングバレルなど、高精度ボルトアクションの基本と新機軸が併せて取り入れられている。命中精度の向上に比重を置いた設計で、リコイルの抑制のために携行時の軽便さを犠牲にして重めのつくりとしている。
 様々なバリエーションがあり、基本モデルのAWをはじめ、ストックのカラーを黒とした警察用のAWP(AWポリス)、インテグラルサプレッサーを装備したAWS(AWサプレッスド)、スーツケース内に納めて隠蔽可能な特殊任務用のAWC(AWコヴァート)、法執行機関向けの廉価版モデルAE(アキュラシーエンフォースメント;上掲写真)、強力なマグナム弾を使用するAWM(AWマグナム)、.50口径弾を使用するAW50などがある。

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。