back to TOP

admin |  RSS
艦隊これくしょん -艦これ- 大和改 軽兵装Ver. (1/8スケール ATBC-PVC 製塗装済み完成品)艦これなのです! 艦隊これくしょん -艦これ- (ドラゴンコミックスエイジ)艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編4 (電撃コミックスNEXT)艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 四 (角川コミックス・エース)



お疲れ様です! 司令官!

吹雪01WS000001_result<

•はじめまして、吹雪です。末っ子の電ちゃんまで含めて、特型24姉妹のお姉さんです。よろしくお願いします!

oといっても、実際は私から始まる特I型10姉妹、綾波ちゃんの特II型10姉妹、暁ちゃんの特III型4姉妹で区別することが多いんですけど、
基本的には私と血の繋がった可愛い妹たちです。だから、みんなまとめて吹雪型って呼ぶこともあります。ちょっとややこしいですけどね。
……複雑な家庭事情みたいって?変な想像しないで下さい!

・「ワシントン(海軍軍縮)条約」というのは、軍艦の建造や保有数を制限する当時の軍縮条約です。
特に戦艦や空母のような強力な艦は厳しい制限を受けてしまったので、規制の緩い小型の、例えば私達駆逐艦のような補助艦艇を充実させてバランスをとろうと当時は考えられたのです。
そんな事情から、厳しい要求を乗り越えて生まれた艦隊型駆逐艦の新基準、それが私、吹雪です。
睦月姉さんの時点でも充分に当時の高性能艦だったのですが、37ktの高速力はそのままに長大な航続距離や航洋性を確保しつつ重武装化を実現させた私達の出現に、世界中が驚いたと言われているんですよ!

o具体的に睦月姉さんと比べてみると、魚雷は3連装の2基6門から3基9門に、主砲は12cm単装4門から12.7cm2連装6門にパワーアップしているのです。
この魚雷発射管9射線というは日本海軍の駆逐艦としては二番目に多い同時発射数なんですよ。
駆逐艦の小さな船体にこれだけ武装を積むのは大変ですけど、3基搭載した連装砲の2基を後ろ、1基を前に持ってくることで、上手に重心バランスを取って解決しています。
このアイディアのおかげで駆逐艦も重武装化ができるようになったので、以降の駆逐艦で踏襲されることになりました。
初春型? ……大変だったみたいですね。
 
o革新的だったのは武装だけではありません。駆逐艦としては初めて冷蔵庫や医療設備を搭載した艦でもあるんです!

1/700 艦これプラモデル No.25 艦娘 駆逐艦 吹雪ミクロマンアーツ 艦隊これくしょん-艦これ-MA1003駆逐艦吹雪
1/700 艦これプラモデル No.25 艦娘 駆逐艦 吹雪
ミクロマンアーツ 艦隊これくしょん-艦これ-MA1003駆逐艦吹雪

•そんな駆逐艦の代表格な私ですが、日本が誇る酸素魚雷は積めません……妹たちの中には、改装して特別に積める様にした子(響・潮)もいたって聞きますけど、
標準装備になるのは白露ちゃんからです。でも、艦娘になった今なら大丈夫、バッチリ搭載できます!酸素魚雷、一斉発射よ!

•私達特型駆逐艦が狙い撃ちにされたのが1930年の「ロンドン海軍軍縮会議」です。駆逐艦の保有に細かい制限が設けられ、私達特型駆逐艦の保有数まで制限される事になってしまいました。

oこの制限の影響で特型の駆逐隊は四隻体制から三隻体制に改められたため、私は第十一駆逐隊から離れ新設の第二十駆逐隊へ編入される事になります。
第二十駆逐隊では磯波ちゃんや東雲ちゃんと共に主に南洋や厦門方面で行動し、1932年の上海事変では上海上陸作戦に参加しました。
タミヤさんから発売中のウォーターラインの私「吹雪」のパッケージ絵の駆逐隊番号が「11」ではなく「20」なのは、この頃の私を書いたものだからなんです。

•その後1936年に呉鎮守府警備隊として第十一駆逐隊に再び編入されましたが、私が居ない間の1934年に深雪ちゃんが電ちゃんとの衝突事故で沈んだり
1935年に第四艦隊事件で初雪ちゃんや白雪ちゃんが負傷したり、第十一駆逐隊のみんなに悲しいつらい出来事があったようです…



酸素魚雷! 一斉発射よ!

吹雪01WS000002


  
o第四艦隊事件に居合わせなかった私も事件後改修工事のため呉工廠に入渠しています。
この時に船体の補強工事に伴い、重量増加した結果、竣工時に38ノットを誇っていた速力も34ノット程度までに落ちました。その代わりに耐波性や凌波性は向上して、新型駆逐艦にも負けないほどになりました。
太平洋戦争時に特型駆逐艦(綾波型 暁型含む)が38ノット出ていると誤解されている方がいますが、残念ながら34ノットなのです。

•1937年には木曾さんが旗艦を務める第四水雷戦隊に編入され、中支・北支で船団護衛などに従事。
10月には杭州湾上陸作戦に参加しました。
•1938年に第二水雷戦隊に編入され、北支で行動。その後の1939年には第二航空戦隊に編入されています。

o私の所属というと「第三水雷戦隊」というイメージが強いかもしれませんが、これでも私、結構色々経験してるんですよ!最初の旗艦は鬼怒さんでしたが神通さんや那珂さんの配下に付いた事もあります!

•そして1940年10月。比叡さんが御召艦を務めた日本海軍最後の観艦式「紀元二千六百年特別観艦式」では
長門さんを先頭とする第二列にて白雪ちゃん、初雪ちゃんと共に参加しました。

o「波荒き太平洋を守る連合艦隊の旗艦長門をはじめ、海の精鋭100余隻、満艦飾を施し、6つの縦列をしいて
水天の彼方まで連なり、瑞光満つる空には海軍機500余機、銀翼を連ねて式場に進む。」とは当時のニュースの言葉。
私には重い言葉ではありますが…ありがとうございます!もっと頑張りますね!


•1942年の1月に味方の輸送船団の護衛中に起こったエンドウ沖海戦では川内さんや白雪ちゃんたちと協力して敵駆逐艦を1隻撃沈しました!

•3月のバタビア沖海戦ではいち早く敵艦隊を発見、触接して日本側の勝利に大きく貢献しました!
この戦いは敵巡洋艦2隻、駆逐艦1隻撃沈に加え、輸送船団の護衛成功という大勝利だったのですが
味方の魚雷が陸軍の輸送船数隻を撃沈してしまい護衛隊司令部が謝罪しに行く騒動になってしまいました。

•バタビア沖海戦後、叢雲ちゃんを迎え、第十一駆逐隊は実に11年ぶりに四隻体制に復帰したんです!
•ミッドウェー海戦には後方の主力部隊の一員として参加しましたが、前衛の南雲機動部隊の壊滅により作戦は中止され、交戦することなく撤退となりました。

•その後は私は主に叢雲ちゃんと一緒に行動。ガダルカナル島への増援・揚陸作戦を五度遂行しました。
•最期はサボ島沖海戦です。
青葉さんが発見した艦影が敵か味方かわからないと言うので目視で確かめようとしたんですが、やっぱり敵でちょっと近づき過ぎて、ボコボコに撃たれて沈んじゃいました……。

•っと、実は私で「吹雪」は二代目なんです。先代の私は村雨ちゃんや霰ちゃんの先代と姉妹でした。あの日本海海戦でも頑張ったって聞いています。

o戦後も「ふぶき」の名前は、海上保安庁で二回使われました。残念ながら現在は両方とも退役しており、初期艦娘五人で、後継者が現役でないのは私だけになってしまいまいました。


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ