back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さばげぶっ!11WS000000_result

さて、秋も深まりを見せ、夏アニメもそろそろ終わりが見えてきた。
『さばげぶっ!』も次回(第12話)で最終回。

最終回が間近に迫ったとは言え、平常運行のこのアニメ。
今回も楽しく見させていただきました。

スウィーツデコされたデザートイーグル。デザートだけに??
そして、カニとカモの間に芽生えた奇妙な友情。
ハッピーエンドからの……
さばげぶっ!らしい、良い幕引きでした。

今回は3種の銃が登場。詳細は以下のとおりです。



KAAG67SV トンプソン シカゴタイプ フルメタル電動ガン M1928(シルバー)さばげぶっ!11WS0000020_result
KAAG67SV トンプソン シカゴタイプ フルメタル電動ガン M1928(シルバー)

○オートオードナンス トンプソン/カモが校門に隠していた。
ジョン・タリアフェロー・トンプソン(John Taliaferro Thompson)の立ち上げた、オートオードナンス(Auto-Ordnance)社が開発した短機関銃。サブマシンガン(Submachine Gun)という呼称を定着させた銃であるとともに、この呼称を用いた初めての銃でもある。
 最初に量産されたモデルは、1921年に開発されコルト社で委託生産されていたM1921である。軍用として売り出すも、非常に高価な上、射程の短さなど欠点ばかりが取り沙汰され、採用には至らなかった。かくして大量の在庫を抱えてしまったオートオードナンス社は、M1921をセミオート限定に改修し、「M1927」として民間向けに発売した。映画等でよく登場する50発入りのドラムマガジンを装備した銃はこれである。 
 フルオートへの改造が容易であることから当時シカゴマフィアの間で絶大な人気を誇り、地元警察やFBIにも採用され、独特の発射音から「シカゴタイプライター」「シカゴピアノ」とよばれた*1。しかし、M1927が非常に高価であることには変わりなく、望んで入手できるのは、当時莫大な富を築いていたマフィアや、警察などの公的機関くらいであった。悪名ばかりが高まって、販売数自体はふるわないのが実情であった。
 この頃、塹壕での白兵戦における短機関銃の有効性に気付いたアメリカ軍は、M1921にコンペンセイターを装備し、発射速度を落とした改良型の開発を依頼。そうして1928年に完成したM1928はアメリカ軍に制式採用され、オートオードナンスはようやく在庫のトンプソンを一掃することできた。
 そうした中、第二次世界大戦が勃発。ヨーロッパ各国はドイツ軍が装備するMP38,MP40短機関銃などに対抗するべく以前からM1928を欲していたが、全く生産が追いつかない状態であった。M1928は構造が複雑で大量生産には不向きであり、軍用としては信頼性も低かった。そこでサベージ社の技術陣が構造を単純化。ディレードブローバックからストレートブローバックに変更し、グリップや放熱フィンを省略。こうして1942年にアメリカ軍に制式採用されたのがトンプソンM1短機関銃である。同年にはボルトヘッドのピンを固定にするなど更なる簡略化を施したM1A1となっている。これらの努力が功を奏し、M1928A1では209ドルだった単価は、M1A1では4分の1以下の49ドルまで抑えられた。しかし削り出し加工を基本としたトンプソンではこれ以上のコストダウンは難しく、アメリカ軍はさらに生産性の高いM3グリースガンの開発を進めることとなる。
 とはいえ、M1A1は約125万挺が生産されM3グリースガンと共に活躍、朝鮮戦争、さらにはベトナム戦争でも一部使用された。日本でも日中戦争時に中国等から鹵獲されたものが使用されていた他、信じられないような話だが、現在も海上自衛隊の一部航空基地にて基地警備兵用として配備されている模様 (鹿屋航空基地にて目撃事例あり)。






モーゼルM712 6mmBB HW (18歳以上ガスブローバックガン)さばげぶっ!11WS000001_result
モーゼルM712 6mmBB HW (18歳以上ガスブローバックガン)

○モーゼルC96/カモが近所のおばさんから受領して発砲。
1896年にマウザー社から販売された大型の自動拳銃。別名「モーゼルミリタリー」。第二次大戦中、重火器である同社のMG151機関砲が、日本では「マウザー砲」の名で知られた一方で、小火器の分野では「モーゼル」の呼び方で定着した。グリップの形状から「ブルームハンドル(箒の柄)」とも呼ばれた。
 登場はボーチャードピストルより後だが、ボーチャードがあまりにも大型で「拳銃」とは言い難いため、こちらを『世界初の自動拳銃』と呼ぶ向きもある(とはいえ、こちらも現在の基準からするとかなり大型である)。
 ストックが標準装備されていたり、給弾のさいはトリガー前部にある固定弾倉にクリップを使って装填するなど、構造は拳銃と云うよりは小銃に近い。作動方式はショートリコイルでプロップアップ。
 トルコ軍やイギリス軍で使用されたほか、ドイツ陸軍では制式拳銃の予備として多数導入されて、第一次大戦では敵味方入り乱れて使用された。当時ドイツ陸軍で使用されたのは9mmパラベラム弾仕様のM1916と呼ばれるモデルで、弾薬の混用を防ぐために銃把の部分に赤色で「9」と刻印されていたことから「レッドナイン」とも呼ばれている。第二次大戦前後には中国の馬賊が、馬上で使いやすい銃として好んで使用し、日中戦争中も中国軍が一号拳銃の名前で使用した。この一号拳銃は当時中国がトンプソンSMGをコピー生産していた関係で、弾薬を共通の.45ACPに改めているのが特徴で、一部は.45口径好き(?)のアメリカにも渡っている(戦後もコレクター向けに一時、ノリンコでもリバイバル生産されていた)。
 日本とも意外に縁が深く、陸海軍に制式採用こそされなかったものの、第一次大戦後の放出品や、中国戦線(満州事変、日中戦争(日華事変))の鹵獲品などが流入していた。総数は不明ながらも、戦力化できるほどのまとまった数が存在していた模様で、1940年(昭和15年)2月には「「モ」式大型拳銃」として準制式化された。弾薬についても7.63mm×25マウザー弾の国内生産が立ち上がり、1943年(昭和18年)4月には「「モ」式大型拳銃弾薬実包」として準制式化されている。
 マウザーオリジナルのC96は作られた年代や供給先などによってさまざまな仕様の亜種が存在するが、公式には「C96」という製品名以外にこれらを区別する名称はなく、後にコレクターや販売ディーラーによって付けられた年式名や通称によって区別されている。M1916やレッドナインといった名称もコレクターによる、いわば「俗称」である。
 マウザー製の派生モデルの中でも特徴的なものに、セレクティブ・ファイア機能と着脱式マガジンを有する「シュネルフォイヤー(Schnellfeuer;ラピッドファイアの意) M712」と「ライエンフォイヤー(Reihenfeuer;フルオート射撃の意) M713」がある。M712はスペインのスターやアストラが製造したセレクティブ・ファイア型マウザークローンに対抗して作られたとされ、1932年から1938年までに10万挺近い数が製造され中国へ輸出されている。少数が当時のドイツ国防軍に採用され、シュネルフォイヤー M712の名称はこのとき与えられたものとされる。M712はコレクター間で、製造の始まった年にちなむ「M1932」の通称でも呼ばれているが、1930年からすでに少数が作られていたともされる。
 M713は1939年に当時のドイツ国防軍に採用されたモデルで、名称もその制式名である。M712同様、限定的な採用だったが、陸軍のほか武装親衛隊や偵察部隊、海軍歩兵部隊など広範な兵科で装備された。名前こそ違えど、基本的にはM712と同一のもののようだ。
 
 M712とM713は、アメリカのストーガー社を始め、戦後に販売された各社のリバイバルモデルでも名称が使われ、セレクティブ・ファイアという特徴もあって、その名が広まったようだ。




ガス サブマシンガン Vz61(HW)ヘビーウェイト【KSC】【ガスガン】【18才以上用】さばげぶっ!11WS000002_result
ガス サブマシンガン Vz61(HW)ヘビーウェイト【KSC】【ガスガン】【18才以上用】

○CZE Vz61/カモが駄菓子屋から大量に受領。
1961年に旧チェコスロバキアが制式採用した小型の短機関銃。“スコーピオン”の異名は、そのストック形状に由来するといわれる。
 戦車兵や航空機パイロットの護身用として開発されたが、コンパクトながら連射性に長け、かつレートリデューサーにより制御性にも優れていた為、社会主義諸国家でライセンス生産され、治安部隊や特殊部隊、時には暗殺を主たる任務とする部隊などでよく使用された。現在でも後継銃のVz83と共に生産され続け、西側諸国でも本銃を採用する警察機構は多い。
 使用する弾薬が小口径なため、市街地や屋外での戦闘には向いていない。ただし、接近戦ではサソリという異称に違わぬ、非常に恐ろしい武器となる。特に工作員らはボディアーマーの無い足を狙い、敵が倒れたところで頭等の急所を狙うという、その名にふさわしい戦法をとるという。
 北朝鮮の工作機関が絡む事件が起きる時、必ずと言ってよいほど、この銃が捜索で発見されている。これは北朝鮮のデッドコピー品ではなく、どうやら純製品であるようだ。
 ちなみに本銃は、セルビア(旧ユーゴスラヴィア)のツァスタバ社でM84というモデル名のコピー版が作られている。冷戦時代当時、共産圏からアメリカへの武器輸出は厳しく規制されていたが、社会主義国ながら中立政策をとっていた旧ユーゴスラヴィアからの輸出は比較的自由だったためだ。M84Aというセミオートオンリーのモデルも製造され、ストックレスのM84Bと共に民間市場で販売された。
 なお、2009年にCZ社はスコーピオン EVO3という小型軽量の新型短機関銃を発表しているが、名前をあやかったのみで直接の関係は無く、設計的にも全く別の銃である。

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) さばげぶっ! 第11話 「ゴテゴテデコ/ぜったいシンデレラ/赤い流星」

投稿者・フォルテ さばげぶっ!(2) (講談社コミックスなかよし)(2013/01/11)松本ひで吉商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押し...

さばげぶっ! 第11話

美煌に銃のメンテのお使いを頼まれたモモカ。 サバゲ用の銃とはいえ、なぜ手にして街中を歩く^^; 寄り道したデコの店で”どうしてこうなった”のはじまり。 ちゃんとお店の人と話をしないから、スマホにデコしてもらうはずが銃にデコされました^^; 店のおねーさんがモモカを任侠の人と思いこんでビビりまくりww デコ銃は思いのほかフィット、美煌が気に入ってしまいさばげ部全員銃をデコする羽目に。...
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。