back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
銀魂 坂田銀時 洞爺湖木刀 コスプレ道具 小物 アニメ専線 銀魂 秘密の万事屋ネタ帳簿 (ハッピーライフシリーズ) 一番くじ 銀魂 -笑顔を護る者たちの日常と非日常- A賞 坂田銀時&スクーター 完成品フィギュア (プライズ)
銀魂 坂田銀時 洞爺湖木刀 コスプレ道具 小物 アニメ専線
銀魂 秘密の万事屋ネタ帳簿 (ハッピーライフシリーズ)
一番くじ 銀魂 -笑顔を護る者たちの日常と非日常- A賞 坂田銀時&スクーター 完成品フィギュア (プライズ)


 

【真撰組動乱編】
gintama101105WS000000.jpggintama101105WS000001.jpg

愛刀の補修のために刀工を訪れた土方。
そこで手にした一振りの名刀。禍々しい呪いが掛けられているという。
所以を語ろうとする刀匠の言葉を遮って、土方は補修が済むまでの繋ぎに刀を借り受けたのだが……


gintama101105WS000002.jpggintama101105WS000003.jpg

その帰り道に攘夷派浪士に囲まれ、体は意に反して土に伏せ、助けを乞う。
タコ殴りにされ、止めを刺されそうになった彼を救ったのは、ライバルの伊東鴨太郎だった。


gintama101105WS000004.jpggintama101105WS000005.jpg

高らかに真撰組の改革を論じて、派閥を組む伊東を危険視する土方。
近藤に注意を促すが、伊東の能力を評価する近藤は土方の意見を退ける。

gintama101105WS000007.jpggintama101105WS000008.jpg

一方の土方には奇行が目立ち、隊士達から訝しい眼差しが向けられる。
伊東は厳罰を以て、彼を処分し、隊の規律を引き締めるべきと説く。


gintama101105WS000010.jpggintama101105WS000009.jpg

オタク(+ニート)の呪いが掛かった妖刀“むらましゃ”に憑依された土方。
ついに真撰組をクビになり、すっかり変わり果てた姿に……
臆病で無気力。怠惰的な彼に呆れる万事屋一同。
束の間意識を取り戻した土方は、万事屋に「真撰組を助けてくれ」と懇願する。


gintama101105WS000011.jpggintama101105WS000012.jpg

高杉一派と手を組んで近藤を亡き者にしようと目論む伊東。
沖田たちは必死に近藤を守ろうとするが、もはや近藤の命運は風前の灯火。


gintama101105WS000014.jpg

「ア…… アア…… ヤマトの諸君。われらが局長近藤功は無事救出した」


gintama101105WS000013.jpg

「誰だと?! 真撰組副長土方十四郎なり!!」



gintama101105WS000015.jpggintama101105WS000016.jpg
gintama101105WS000017.jpggintama101105WS000018.jpg

容易く乗っ取れると真撰組を侮った伊東だが、手を組んだ高杉は彼の器を見抜いていた。
伊東の自尊心を燻り、彼を利用して真撰組を破滅させるのが目的だった。
見放された伊東を救わんと伸ばされた腕。
彼が殺そうとした近藤。そして、隊士たち。


gintama101105WS000019.jpggintama101105WS000020.jpg
「ただ、仲間が欲しかった…… 僕が欲しかったものは、もう、とっくの昔にここにあったんだ」


gintama101105WS000021.jpggintama101105WS000022.jpg
gintama101105WS000023.jpggintama101105WS000024.jpg

瀕死の伊東。裏切り者である彼と決闘に臨む土方。
近藤を始めとする真撰組隊士一同は最期まで彼を仲間として扱い、彼の誉れを守った。
伊東は土方の一閃で血を吹き倒れる。
その最期に笑みを湛え、「ありがとう」と呟いて……

gintama101105WS000025.jpg

そして、土方十四郎完全復活!?

gintama101105WS000026.jpg

「はい、もしもし。土方でござる」



【僕の泣きどころ】


すっかり臆病になって、逃げだそうとする“トッシー”と本来の土方十四郎の心のせめぎ合い。
逃げ出したいと思いながらもそれでも大切なものを守ろうとマイクに向けて叫ぶアニメ好きなら誰もが知ってる名ゼリフを並べた演説がギャグでもあり、泣かせどこでもあり、印象的でした。

幼いころから誰からも理解されず孤独だった伊東。
実は頑張り屋だったんですね。
でも、両親からも蔑まれ、神童と称されたせいで同級生に妬まれて、いつしか誰にも心を開けなくなった。
開くきっかけが無かったっていうべきか?
裏切られながらも必死に手を差し伸べる近藤の言葉が彼の心を開いて、最後は身を挺して近藤らを窮地から救ったり。
元来、忌むべき悪役のはずの伊東鴨太郎。
彼が穏やかにこの世を去るとき、これ彼を包んでいた悪意の波動が薄れて、涙を誘いました。

基本的にはギャグベースの『銀魂』なわけですが、長編は泣かせどころが多いですね。
3期も始まったし、次の長編にも大いに期待しています。


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ