back to TOP

admin |  RSS
PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム (機動戦士ガンダムUC)コスモフリートスペシャル 機動戦士ガンダムUC レウルーラ 約170mm PVC製 塗装済み完成品フィギュアコスモフリートスペシャル 機動戦士ガンダムUC ネェル・アーガマ 約170mm PVC製 塗装済み完成品フィギュア
PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム (機動戦士ガンダムUC)
コスモフリートスペシャル 機動戦士ガンダムUC レウルーラ 約170mm PVC製 塗装済み完成品フィギュア
コスモフリートスペシャル 機動戦士ガンダムUC ネェル・アーガマ 約170mm PVC製 塗装済み完成品フィギュア



【episode4のあらすじ】

ガンダムUC4涙WS000000ガンダムUC4涙WS000001
ガンダムUC4涙WS000002ガンダムUC4涙WS000003


地球に残るジオン残党は地球連邦の中心拠点ダカールを攻撃した。
巨大MA“シャンブロ”が放つ粒子砲は街を焼き、連邦に多大な損害を与えた。 


ガンダムUC4涙WS000004 (2)

その頃……
ミネバ・ザビはリディの実家に身を寄せていた。
リディの父ローナン・マーセナスは連邦議会の議長。
その父の威光を頼り、ミネバと連邦政府との交渉を画策したが……


ガンダムUC4涙WS000005 (2)

バナージとの戦闘で捕虜になったマリーダは秘密裏にビスト財団に身柄を移された。
移送先は地球。
旧オーガスタ研究所。
マーサ・ビスト・カーバインはグリプス戦役の折り、ニュータイプ研究の中心にあったこの施設でマリーダの再調整を施そうとしていた。


ガンダムUC4涙WS000006 (2)

「男が人前で泣くんじゃないっていいたいんでしょ?」
「いや、人を思って流す涙は別だ」


何とか地球に不時着したガランシェール。
しかし、共同作戦を予定していた地球にいるジオン残党との連絡がつけられずにいた。
ジンネマンはバナージを連れ出し、通信可能なオアシスを目指す。
ギルモアを殺してしまったショックから立ち直れないバナージを叱咤して、連絡に成功する。


ガンダムUC4涙WS000007ガンダムUC4涙WS000008
ガンダムUC4涙WS000009ガンダムUC4涙WS000010


“ラプラスの箱”のカギを開くための作戦。
フル・フロンタルの呼びかけに応じ、一斉に蜂起する。
目的地は、一年戦争でコロニー落しの被害を被ったトリントン。


ガンダムUC4涙WS000011ガンダムUC4涙WS000012


突然、ロニの操るシャンブロはサイコミュの暴走で作戦に関係ない都市部への攻撃を始めた。
ロニを止めようとするバナージにジンネマンの銃口が向けられる。
しかし、本心ではジンネマンも……


ガンダムUC4涙WS000013 (2)


「わからないからって…… 悲しいことが多すぎるからって…… 感じる心を止めてしまってはダメなんだ!」


ガンダムUC4涙WS000014ガンダムUC4涙WS000015
ガンダムUC4涙WS000016ガンダムUC4涙WS000017


ガランシェールに送り出されて、バナージはロニのもとへ向かう。
ロニは両親を無残に殺した連邦への、地球市民への攻撃の手を緩めようとはしなかった。
バナージの必死の説得で一時は思い直そうとしたロニだったが、サイコミュに飲み込まれ復讐を遂げるべく粒子砲を展開する。
リディが救援に来たがバナージはシャンブロへの攻撃を渋る。




ガンダムUC4涙WS000018 (2)

「これは私の戦争なんだっ!!」


「ジーグジオン…… ジークジオン……」と連呼するロニ。
その声には虚しさが漂っていた。


ガンダムUC4涙WS000019 (2)


「バナージ…… 悲しいね……」


ガンダムUC4涙WS000020ガンダムUC4涙WS000021

攻撃を躊躇うバナージに苛立ちを感じて、リディはユニコーンのビームマグナムを取り上げ、シャンブルを狙撃。
ロニの体はビームマグナムに焼かれ、シャンブロは停止した。
悲しみに打ちひしがれるバナージ。
しかし、バナージの悲しみを他所に頭上に黒いユニコーンが?!

ガンダムUC4涙WS000022 (2)



【僕の泣きどころ】

ガンダムUC全編に言えることだと思うのですが、登場人物の『優しさ』で溢れてる。
砂漠でのジンネマンとバナージの会話、ミネバとカフェの主人の会話など。
そして、クライマックスのロニへと発せられたバナージの言葉。
胸を打つやり取りがそこかしこに散りばめてありましたね。

ロニが最後に言った「悲しいね」ってところでジーンときました。
彼女の虚しさが胸に迫って、考えさせられました。
「復讐に生きる」ってどんなに美化しても素晴らしい生き方とは言えないなって、何も生み出さないんだなって……

ちなみにこのエピソード4の見どころは嘗ての宇宙世紀ガンダムシリーズの名機たくさん登場していたことでしょう。
ネモやジム。デザク、ズゴック、ジュアッグ、イフリートシュナイドなどなど。
今の技術で動かすとこんな感じなんだって大感動!!

ごちそうさまでした。

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ