back to TOP

admin |  RSS
c1238c8b66204a1bf05847989aeb3c03_s.jpg
※テキストリンクで関連商品の紹介をしています


さて、前回は信念についてお話しましたが、思うばかりでは願いは叶いませんね?

もし、僕の信念(?)が、「宝くじで一億円当てる」だとします。
そうなると、どうしても必要なのが、宝くじですよね?

どうするか?

思うばかりでは、宝くじは手に入りません。

友達にもらうのか?
家族に買ってきてもらうのか?
それとも、自分で買いに行くのか?

いずれにせよ、僕は友達や家族にお願いするとか、自分で店頭に並ぶとかする必要があるんです。

……ということで、今回は『行動する』というお話。


◇まずは、コツコツ。無理のないところを

目標があまりに途方もないと仮定します。
例えば、一億円稼ぎ出すとか……。

もし、だとしても信念が揺らいでいないというのなら、始めるんです。

今、そのためにできること。

自分に適した方法をググったり、
手段の構築のために知識が必要なら、そのための時間を設けたり、
シミュレーションをしてみたり。
資金が必要なら、貯蓄の計画をしてみたり。


手が付けられるところからやってみるんです。
そうすると、“ゼロ”だった自分が“イチ”になります。

そして、“イチ”の自分ができることを増やしていけば“ニ”になり、
繰り返していけば“サン”“ヨン”と進歩していきます。

日々、やっていくことで進歩して、
やがて、“ゼロ”の自分とは比べ物にならない躍進を遂げていることに気づくでしょう。




◇行動にはリスクもある。だから、モチベーションを高く持つ

行動すれば、それは失敗することだってあります。
かの『発明王エジソン』だって、5千回失敗したって言いますから。

でも、エジソンは決して「失敗だ!!」と言わなかったそうです。

「よし、この方法でうまく行かないことがわかった。成功に一つ近づいたんだ!」と喜んでいたそうです。

エジソンには、失敗なんて概念がなかったのでしょう。
彼の目には、成功して喜ぶ自分の姿がありありと映っていたのではないでしょうか?

だからこそ、数多くの発明を後世に伝えることができたのです。

成功を収めるには“失敗した”という現在、もしくは過去に因われることなく、“成功”を収めた自分を見つめ続ける意志の強さ信念も、これまた必要なのです。




◇行動することでしか、高揚感は得られない

夢に向かって、目標に向かって、動き出すと
何故だか、胸が熱くなります。

ワクワクして、今にも踊りだしたくなるくらい……

それは何故かというと、未来の自分と会話しているからです。

「ねえ、今、何やってる?」と尋ねると、
「○○○○」と答えてくれるのです。

○○○○の部分は、ご自身で確かめてみてください。

未来の自分は、いつも例外なく、とても楽しそうですよ。


夢をお持ちのあなた!!
あなたも是非、未来の自分と話してみてください。



「常に思考し、常に行動しなさい。思考と行動が融合すると、あなたの運命は変わるようになります」(ジョセフ・マーフィ

本日も読んでいただき、本当にありがとうございました。



【関連記事】
○“信念”こそ、幸せの原動力。挫折に負けない意思を育む。(2013-10/17)
○信念を言葉として発する! 良い波動をあなたの世界の隅々まで……(2013-10/10)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村


成功哲学 ブログランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加




《インスタントショップ始めました!》
ぜひ見て欲しい一品 「これは良いものだ!!」
この秋のファッションや幸せを求める方へのお勧めの本、家電&生活用品、ガンダム関連商品まで幅広く取り扱っております。(随時更新予定)

アフィリエイトならリンクシェア
アフィリエイト B なら報酬は消費税分もお支払

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ