back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムアスタロト 1/144スケール 色分け済みプラモデル HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ グリムゲルデ 1/144スケール 色分け済みプラモデルHG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムキマリストルーパー 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムアスタロト 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ グリムゲルデ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムキマリストルーパー 1/144スケール 色分け済みプラモデル



鉄オル総括0101WS000000鉄オル総括0101WS000001

上半期OPはMAN WITH A MISSONが担当。8ミリフィルムのような粗い映像で’70sの戦争ドキュメンタリーのような効果を演出。曲の雰囲気もマッチしてなかなかでした。
EDはMISIAが担当。ブルースのような旋律で儚さを醸しながら、希望を捨てない少年たちの心意気を表しているようで…… 作品の持つ印象を損なわず、尚且つシンガーとしての度量を発揮。もはや貫禄以外の何物でもない。


鉄オル総括0101WS000002鉄オル総括0101WS000003

下半期OPはBLUE ENCOUNTが担当。軽快なリズムと歌声で高揚感が煽られるカンジ。クーデリアの心の変容を表すような映像美に魅入りました。
EDはTRUEが担当。アコースティックな曲調に彼女の力強い歌声。それがポップアート調の明るい映像を引き立てて、希望に燃える彼ら鉄華団の心情を彷彿とさせる。



鉄オル総括0101WS000004鉄オル総括0101WS000005

物語は荒事を生業とする民間の軍事結社“CGS”の戦いから始まる。
火星の主権独立を謳うクーデリアが恵まれない環境を生きる少年たちが集うCGSに護衛を依頼。
これを3機のグレイズが襲撃して、クーデリアの捕縛を目論む。
一方的に蹂躙され命を落としていく少年兵たち…… しかし、少年たちは戦い抜く希望を手に入れる。
抗うための力…… その名は『ガンダム』フレーム“バルバドス”

物語の導入はまんま、1stガンダムを踏襲していて、1st世代への配慮も伺えます。
そうかと思えば、阿頼耶識システムなど新しい設定も用意されていて新鮮味が伺える。
これまで30年余りもの長い時間をかけて洗練され続けてきた“ガンダム”というアニメの新しい息吹と躍動感を感じました。

しかし、戦闘シーンはというと思っていたより遥かにアナログ。
中間距離での戦いでは、ビーム兵器など無く実弾。接近戦でもビーム兵器は愚かスパっと両断するような武器でもない。どちらかと言えば、押し斬る、潰し斬ると言った感じの刀と中世ヨーロッパを思わせる装甲ごと潰す長めのメイス。
今にして思えば、派手さこそ無いけど、ミノフスキー理論や熱核エナジーとか理屈ばった言い訳は端折れた分だけ臨場感が増していたんじゃないでしょうか?




鉄オル総括0101WS000006鉄オル総括0101WS000007

大人たちの傲慢から体に機械を埋め込まれた子供たち。
彼らは“宇宙鼠”と称され、大人たちの捨て駒、若しくはそれ以下の扱いを受ける。
しかし、若すぎるリーダー、オルガは遂にその研ぎ澄まされた牙を剥く。
これまで理不尽に仲間の命を捨てさせたCGS幹部(社長を含む多くはギャラルホルンの襲撃の時に逃亡)を銃殺。残った大人たちは退職。
労少なくして、乗っ取りに成功した彼らは“鉄華団”を名乗る。

しかし、安息を得たと言うには程遠いものだった。むしろ、彼らの戦いは熾烈化の一途を辿る。
ギャラルホルンの追撃、マルバに唆されたタービンズ襲撃。それに宇宙海賊ブルワーズ。
幾多の戦いを競り勝ち、その実力を持ってして、鉄華団は宇宙に幅を利かせたマフィア“テイワズ”の末席に加えられる。
タービンを兄貴分として連ね、一路地球へと向かう。




鉄オル総括0101WS000010鉄オル総括0101WS000009

途中立ち寄ったドルとコロニーでギャラルホルンの圧政に苦しむ多くの存在を知ったクーデリア。
彼女に付き従ったフミタンの死を乗り越え、クーデリアは今この時も苦しみに喘ぐ多くの存在の“希望”になると誓う。
しかし、その道筋は一筋縄で行くようなものではなかった。
混迷を極めた地球への道のり。
手を差し伸べたモンタークと名乗る人物。
その正体はギャラルホルンの高官マクギリスだった。
彼はギャラルホルンの改革を推し進めるため、密かに助力を請い、その見返りに惜しみ無い援助を約束する。

レギュラーメンバーの最初の犠牲者。フミタンの死はあまりに戦慄でした。
この悲劇に向き合い、クーデリアは強く激しく生きていく覚悟を得るのです。
それでも内面はまだまだ少女なのです。本当は悲しくて、辛くてどうしようもない。
アトラや三日月に励まされ、ついつい涙を流していたシーンは切なくて、胸が熱くなりました。

そして、謎の男モンタークこと、マクギリス。
仮面をつけ、現れた…… 今シリーズのシャア枠ですね。
もはやガンダムではお馴染みの展開。
いつもこの“シャア枠”キャラは腹に一物抱えてて、ストーリーの終盤にならないとその本心が明かされないというのは定番中の定番なのですが……
たぶん、今放送されている『鉄血のオルフェンズ』は分割4クールなんじゃないかって誰もが思っていると思います。

……とすると、彼の野望への道のりは、まだまだ始まったばかりで本性を現していくのは2期の下半期以降じゃないのかな?
ひょっとしたら敵として鉄華団の前に立ち塞がったりとかも十分あり得ます。







鉄オル総括0101WS000011鉄オル総括0101WS000012

地球に到着した彼らを待ち受けていたのは過酷な戦い…… 運命だけだったのかもしれない。
クーデリアの盟友である薪苗はその時点に於いて亡命中。職を解かれ、政治的影響力を失していた。
クーデリアたちの望みを実現するには、薪苗を再びアーブラウ代表として復職させ、議会への影響力を取り戻させる必要がある。
鉄華団はアーブラウの全体会議に間に合わせるべく、議会場へと赴く。
その道すがら、ビスケットを初め、多くの仲間達が儚すぎる命を散らしていった。
議会場を目の前に戦闘は更に激化していく。
尊敬する上官の復讐を誓うアインの執念に翻弄され、タービンズから派遣されたアジー、ラフタ、そして、鉄華団のムードメーカーでもあったシノが倒れていく。

ビスケットの死は正直ドン引きでした。
もう、その前話からフラグ立ちまくって、このスタッフ殺す気満々じゃねえかってww
彼の死でオルガを筆頭に鉄華団のメンツの頭がおかしくなった。
ちょっと猟奇性を孕んでいるみたく、物語が血生臭くなった。
……って思ってしまうのは、僕の平和ボケした頭と目での認識を正しいと思ってしまうからでしょうかね?

昔、某公共放送のドキュメンタリで中東の少年兵たちの実情を記録した番組がありましたが、
どこか鉄華団の少年たちとダブって見える。そんな気がしてなりません。
戦いを日常としている彼らに僕らの倫理観なんか通用する筈もなく、如何に殺すか、如何に生き延びるか、若しくは死ぬかが重要で
そのための障害になるもの一切の排除に尽力していくのが当たり前になってくる。
たとえ、自らが犠牲になろうとも命を惜しまずに……

平和に慣れてしまっている僕達には考えつかないことですが、かつての日本には、そんな思考が流行していて、そして尚、今もこの世界の至る所でそんな戦いが繰り広げられているんです。
何年か前に同じ局のBSでガンダム特番が放送されて、ゲストとして出演した作家の福井晴敏さんが「戦争に関してまだおぼろげだった少年期にガンダムを見て戦争の現実を知った」的なことを言っていました。
そう考えるとやはりガンダムって、ただのアニメで済まされないような、問題定義やら警鐘を鳴らすような性格を持ち合わせた…… いわゆる“社会派アニメ”なのではないでしょうか?

ちょっと大げさすぎますかね?

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #24「未来の報酬」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第24話を見ました。 #24 未来の報酬 遂に目的地エドモントンへと到着した鉄華団は議会場まで蒔苗を送り届ければいいのだが、叩いても叩いてもギャラルホルンの軍勢が休む間もなく襲い掛かってくる。 「まだ突破できんのか?午後には本会議場でアーブラウ代表s名選挙が始まる。タイムリミットでまで後6時間…やはり荷が重かったか…」 「彼らを疑...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話「未来の報酬」

第24話「未来の報酬」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話 『未来の報酬』 ≪あらすじ≫ アーブラウの代表戦までもう時間がない。エドモントンの市街地手前でギャラルホルンの部隊に足止めを食らわされていたオルガは、最後の賭けに出る。 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◆間違っているとしか言えない大人の情けなさ 物語としては、メインのMS...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第24話 『未来の報酬』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング: 189Amazon.co.jpで詳細を見る  何もかもが辛くて、胸の苦しみと戦いながら見ていた24話。  でも、本当の苦しみ(主にガエリオにとって)は一番最後に待っていました…。  書...
Template by :FRAZ