back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクロスダイナマイト7 DYNAMITE FIRE!!マクロス7 ミレーヌバルキー VALKYRIE VF-11MAXL改 1/144スケール バトロイドモード・ファイターモードセットマクロス7トラッシュ(2)<マクロス7トラッシュ> (角川コミックス・エース)
マクロスダイナマイト7 DYNAMITE FIRE!!
マクロス7 ミレーヌバルキー VALKYRIE VF-11MAXL改 1/144スケール バトロイドモード・ファイターモードセット
マクロス7トラッシュ(2)<マクロス7トラッシュ> (角川コミックス・エース)






マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 1 (アンコールプレス版)
マクロス7挿入歌『突撃ラブハート』
(Youtube 8bit音源)


マクロス7BGWS000002マクロス7BGWS000000

まずはイントロダクションから……

西暦2045年。
巨人型異星人ゼントラーディとの間に勃発した“第一次星間戦争”の終結から35年の歳月が過ぎていた。

超マクロス級の第7番艦“マクロス7”。
それを中核とする超マクロス級移民船団である第37次超長距離移民船団は移民可能な星を求め、当てのない銀河の旅を続けていた。
そんなある日、平穏な日々を過ごすマクロス7船団の市民たちに衝撃のニュースが流れる。
“プロトデビルン”と呼ばれる正体不明の異星人の襲撃。
そして、それと戦い、負傷した兵士は皆、まるで精気を抜かれたように無気力になり、生命機能に異常を来す者すらいた。

その窮状の中、FIREBOMBERのボーカル熱気バサラは愛機ファイヤーバルキリーを操り、戦場へと赴く。
戦うためではない。ただ、歌を届けるために……
当初は統合軍の兵士ばかりか、メンバーのミレーヌにまで冷ややかな目を向けられたが、やがて彼の歌が囚われて操られている者の洗脳を解いたり、敵を威圧することが判明した。
FIREBOMBERはすぐさま民間協力隊“サウンドフォース”として統合軍に編入され、作戦の中軸を担うことになる。
しかし、どんな状況に置かれてもバサラの信念が変わりようはない。
砲火が飛び交おうが、戦場の真っ只中だろうが歌いたい時に歌い、歌で争いを終わらせる。

激しい戦火の中で「オレの歌を聞けぇ!」と叫んで。



マクロス7BGWS000001マクロス7BGWS000003


今、マクロスΔが絶賛放送中なのですが、そのマクロスシリーズの三作目がこのマクロス7なわけです。(河森さん原作では二作目)

河森さんはその頃、「マクロスには、もう手を付けない」と宣言していたらしいのですが、八谷賢一監督のOVA『超時空要塞マクロスⅡ- LOVERS AGAIN』やら、ハリウッドからの実写化の企画が持ち上がったりやらで触発され、遂に重い腰を上げたという経緯があります。
実写化されても、初代マクロス放送終了から10年ほど経っていて、その当時の子供たちはマクロスを知らないでいる。
それならと本作とOVA『マクロスプラス』がほぼ同時進行で作られたのです。
そして、“歌うパイロット”“戦わない主人公”というロボットアニメにあるまじき冒険に出ました。
何故かその目論見は的中して、20年間経つ今でも名作の一つとして語られるほど愛されているわけです。

でも、その当時、見ていた僕を含むアニメファンの間では賛否が大きく分かれていた話題作でもありました。
何せ主人公は戦わない。殴られても殴り返さずに歌い続ける。「ナンジャコリャ-」だったんです。
でも、後半に向かうに従い、頑ななバサラの情熱がファンの間にも溶け込んで、多くの支持を集めていくんです。
もう“一周回って、それカッコイイ”ってことですよ。
初代マクロスで異彩を放った板野一郎さんがマクロスプラスの方に回って、演出がどうなんだろうと思いましたが、全然違和感は無く楽しめました。
何でも当時、原画2~3千枚が普通だったことに7000枚以上も使ったという力の入れ方でしたから。(ただし、使い回しも多いです)


使われた歌も熱いものばかりでしたね?
OPの『SEVENTH MOON』に『TRY AGAIN』『MY SOUL FOR YOU』『突撃ラブハート』などなど。
それにミレーヌの『GO(自由な唄)』『MY FRIEND』
どれも名曲です。
これらの曲は世間的にも評価され’95日本ゴールドディスク大賞アルバム・オブ・ザ・イヤーアニメ部門を受賞してアニソンとしては異例の売れ行きを記録したそうです。

これらの曲は後の作品でも使われ、大いに盛り上げてくれます。
マクロスFでは第17話『グッバイ・シスター』でオズマのテーマ曲のように『TRY AGAIN』『MY SOUL FOR YOU』が使われていましたし、マクロスΔでは第11話『追悼ジェリーフィッシュ』ではチャックの弟たちが弾き語りで『REMEMBER16』を歌っていたり。

これらの名曲は今後のシリーズでも歌われ続けていくことでしょう。
ちなみにこのページの頭に貼ったyoutubeの音源は僕の好みで『突撃ラブハート』にしました。


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。