back to TOP

admin |  RSS
cadenzaWS000000.jpg劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza
劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza
去年の今頃(2015.10.3公開)の作品ですが、やっと見ることが出来ましたので感想を書きたいと思います。


○あらすじ

cadenzaWS000001.jpg

かつて、アドミラリティ-コードの意義を巡って、戦ったヤマトとムサシ。


cadenzaWS000002.jpg

霧の艦隊と行動をともにしていたと思われる千早翔像は再び人類の前に姿を現した。
人類の敵として……


cadenzaWS000003.jpg


理解し合った仲間たちの協力を受け、霧の艦隊と交戦、突破。

cadenzaWS000004.jpg

ムサシの下へたどり着いたイオナは……



○感想

見終わって、まず感じたこと。この映画は“愛”に満ちているってとこですかね。
いわゆる恋愛じゃなくて、家族愛とか友愛とかの?
ちょっと(?)のすれ違いで対立したヤマトとムサシだけど、その裏には大きすぎる愛が潜んでいる。
相互理解できなくなったとき、人が対立を選ぶかように。
人類に牙を剥いたのは父と慕う者をうしなった悲しみゆえでもある。

理解を止めたムサシは非情になってしまったのです。
理解し合うって結構大変。わかった気になってもそれは自分の解釈であってホントにそうとは言い得ない。
だからって理解を諦めてはいけない。心が近づくには思いやりやら、優しさ、慈しみ、施し――
つまり、愛が必要なんですよ。
この映画のエンディングはとても愛に溢れたいました。
普通に感動できた。

何でも岸誠二監督はコンセプトとして、「家族になる物語」を謳ったということです。
なるほどね。
そういえば、そんな暖かさがありました。

戦闘シーンも相当金かかってますよ。
いいタイミングに順番でイオナを助けに来る仲間たちにはちょっとワロタけどww
やっぱり劇場版だけなことはある、違うなって思います。

総合的に見て、纏まりよく退屈せずに楽しめる作品ですので、このアニメ知らない人にも前作(TV版ダイジェスト+新作なのでTV見てない人もダイジョブ)合わせて是非見て欲しい。


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ