back to TOP

admin |  RSS
どりふ110WS000000


○あらすじ
信長は解放したドワーフの力を借りて鉄砲を完成させる。
これで兵力の増強は容易くなった。

その最中、サンジェルミ伯が豊久らを尋ねてくる
混乱、分裂してしまう前にオルテをまるごと占拠させるためにクーデターを持ちかけたが……


○感想
傷を治したり、食料をふやしたり……
黒王って、何でもありなんですね。
その力、私にもください。悪いことには使いません。かと言っていいことにも使わなさげ。

一人生き残った童貞くんすっかり豊久陣営に馴染んでいる。
サンジェルミ伯の見識の広さには脱帽するしかない。
何でもかんでも読みまくって、妥当な行動をチョイスする。
カッコイイ!
今後の信長との兼ね合いが楽しみです。

ドワーフに作らせた鉄砲がかなり使えるっぽい。信長も思わす悪い笑みですわ。
鉄砲の有用性を語るシーンはなんかすごく悪役っぽい感じでしたよ。

ドワーフの力強さで兜割り!
鹿児島特有の剣術“示現流”に準えていましたね。
かと言って豊久は熊本の剣術(だったけ?)タイ捨流に習熟していたという事実。
いろいろ内情があるみたいで……

しかし、オカマ強そうだけど、好みの男が弱点とはね……
実戦は大丈夫か??


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DRIFTERS TokyoMX(12/09)#10

第十幕 Baba Yetu 黒王は青銅竜を配下に従える。黒王の能力は生命の活性化。ラスプーチンはコボルド、ゴブリンを統一するために共通の言語、宗教を 学ばせていた。 オルテ国の大貴族、サン・ジェルミがドリフに会うためにエルフの村を訪れる。火薬が生成されていることを知ってオルテは終わったと考える。彼らはドアーフを解放して鉄砲製造のために未だ兵器工房に留まっていた。ドアーフは未だ食べ続けていた、...
Template by :FRAZ