back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS
dorifu112WS000000.jpg

○あらすじ
帝都ヴェルリナを巡る攻防戦。
待ち構えるのは土方歳三。
豊久の眼前に現れ、新撰組の怨念霊とともに彼を襲う。
一度は勝ちを意識した信長だった……


○感想
今回でとうとう最終回ですか? 寂しいです。
トヨと土方の斬り合い。
年を跨いでの因縁と確執。まあ、たしかに薩摩に恨みあるんだよね。
興味深いのは武者としての在り方ですね。
土方が考える“士道”とは潔く清らかな真っ直ぐ。
豊久が考える“武者の道”は出来ることすべてを出し切り、敵に対峙する。その中には小賢しい手もふくまれるが、それこそ彼の武士としての誠。
土方はそれが気に入らない様子で苛立ちの心模様がまじまじと描かれていた。
最後の殴り合いはかなりテンション上がった。

そこに漬け込んで信長は残兵の掃討にあたる。その容赦の無さ。
一切を閉じ込めて、焼き殺すあたりは信長らしい。

彼に恨みがある光秀も登場。声優はあの大物ですか?!
2期が楽しみなんだけど、予定は未定的な告知でなんだか不完全燃焼です。
早く帰ってきて!! オッパイーヌ!!



スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DRIFTERS TokyoMX(12/23)#12終

最終回 第12話 みつめて☆新撰組 ~熱血九州男児の唄~ 島津とドアーフが黒王の兵を蹂躙する。与一を上げて射線を伸ばす信長。鉄砲隊は動かさないが悪い予感しかしない。まるで金ケ崎のようだと思う。 第1陣の攻撃は失敗、撤退を指示する土方。少人数編成で火を放ちながら分散させて大本営を目指せ。 土方本人と新撰組が島津と戦う。島津もドアーフを退けて1対1の対戦に応じる。土方は薩摩を憎んでいた。新撰組の...

ドリフターズ(DRIFTERS) 第12話(終) 『みつめて☆新選組~熱血九州男児の唄~』 戦国VS幕末!!強いのはどっちだ?

大河ドラマの定番時代。それは戦国時代と幕末。どっちも日本にとって激動の時代。実はWWII(第2次世界大戦)もそうなんだけど、あまり題材には取り上げられない。「時代劇」というには近代過ぎるからか、或いは周辺国への配慮か。じゃあ戦国武士と幕末武士が戦ったらどっちが強いのか。そんな夢のカードが実現。  50年の鬱憤!って晴らす相手違うけど。豊久とドワーフ快進撃。敵は崩れに崩れとるぞ!しか...
Template by :FRAZ