back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS



dagramWS000000.jpg


○あらすじ
植民惑星デロイアでは地球に対する不満が高まり、独立運動が勢いを増していた。ある日、デロイア星の首都カーディナル市で、地球連邦評議会議長のドナン・カシムら評議会の議員たちを、地球連邦軍第8軍大佐フォン・シュタイン率いる部隊が監禁し、デロイアの独立を宣言するという事件が起こる。事件の報道を聞いたドナンの息子クリン・カシムは地球連邦軍の救出部隊に志願し、人質の解放に尽力した。
しかし、救出されたドナンはフォン・シュタインを免罪し、デロイアを地球連邦の8番目の自治州に昇格させ、フォン・シュタインをその代表に任命した。一方、ドナンは事件の首謀者としてデロイア独立を支持した代議員を投獄し、フォン・シュタインに呼応して立ち上がった独立運動家たちを徹底的に弾圧する。すべては、地球百億の民のためにあえてデロイアの民を泣かせる覚悟を決めたドナンが、デロイア独立運動の「ガス抜き」のため、フォン・シュタインと共に仕組んだ狂言に過ぎなかった。
事件の真相をジャーナリストのディック・ラルターフから聞かされたクリンは苦悩するが、ひょんなことからデロイアの完全独立を求める指導者デビッド・サマリン博士と出会う。サマリンはクリンをドナンの息子と知りながらあたたかく迎え、独立派が開発した最新鋭コンバット・アーマーダグラムのパイロットとして仲間に紹介する。だがクリンがサマリンと出会ったことで、サマリンの居場所が地球連邦軍に知れてしまい、サマリンとダグラムは地球連邦軍に奪われてしまう。
責任を感じたクリンは、単身で地球連邦軍の基地に乗り込みダグラムを奪回、デロイア独立運動に身を投じることを決意する。地球時代の友人ロッキー・アンドレらのグループ(デロイア7。後の太陽の牙)に合流したクリンは、ダグラムによって次々と地球連邦軍を蹴散らしていく。サマリンも独立派ゲリラの尽力によって救出され、デロイア独立の気運は、ドナンの思惑とは裏腹にますます高まっていく。
そのころ、野心はあれども理想はないドナンの補佐官ヘルムート・J・ラコックは、病を抱えたドナンとフォン・シュタインを排し、自らがデロイアの支配者となるための私欲にまみれた策謀を密かに進めていた。(Wikipediaより抜粋)



OP『さらばやさしき日々よ』YOUTUBEより抜粋


dagramWS000001.jpgdagramWS000002.jpg



子供の頃はストーリーなんて、あんまり気にせず見てたのでこのアニメの奥深さなんて分かる由のなかった。

このアニメは実に奥深い。
何せ、政治的駆け引き、戦闘における戦略・戦術・兵站、ジャーナリズム、ゲリラの何たるか、に関しての造景が深く、さらに敵味方に分かれた父子の葛藤、ヒロインの恋慕、悪役の悪巧みなどを盛り込んで緻密にすべてが絡み合って一つの物語を成しています。

子供のためのアニメではなく、大人にこそ見て欲しいアニメなのです。
制作にもそんな意図があるようですね。
 
それにしても、主役メカが出てくるまでが長い長い;;
7話目のラスト数秒にしてようやく姿を見せます。(立ってるだけって……)
さらに主人公クリンが乗って活躍するのは9話とかなり待たされます。

それにしょっちゅう、「エネルギーが無い」って騒いでいるし……
弾切れするし……
ノズルの規格が合わないって、燃料入れられないこともあったし……

さらに動いても度々ピンチに陥って、これまでのロボット物のお約束を完全無視。
むしろ、そこが見どころだったりするのです。
どんなに強いロボットがあっても、奇策を用いたり、連携をしなければ容易に勝つことは出来ないというリアルさ。

他のロボットアニメでは一話完結しそうなストーリー展開も、
このアニメでは一つの攻防戦について、たくさんの話数を使って、丁寧に作り込まれています。
ですので見応えは充分。

これは、一連のデロイア独立戦争の軌跡を描いた……
大河ドラマにも等しい超娯楽作品なのです。

※注 ヒロインのデイジーには何の萌要素もありません。あしからず



スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ