back to TOP

成長因子 育毛剤
admin |  RSS

音楽提供 studio megaane さん
Studio Megaaneの8bit Anime & Tokusatsu!! 365 days Hype Train!!(YouTube)

○あらすじ
第26話 - 第29話
ある日、アドモス商会を立ち上げたクーデリアからハーフメタル採掘場視察の護衛を依頼された鉄華団は、サンドバル・ロイター率いる宇宙海賊夜明けの地平線団の襲撃を受けるが、テイワズ本部からガンダム・バルバトスルプスを受領した三日月の活躍で撃退に成功する。その後、鉄華団は協力関係を結んでいたマクギリスの部下の石動・カミーチェとともに地平線団の主力艦隊と交戦するが、そこにマクギリスを警戒しているアリアンロッド司令のラスタル・エリオンが派遣したイオク・クジャン率いる第二艦隊が介入。ラスタルを慕う女性パイロットジュリエッタ・ジュリスも参戦し戦況は混迷をきわめるが、三日月がサンドバルの身柄を拘束したことで戦いは終結し、地平線団と手を結んでいた活動家団体テラ・リベリオニスも三日月たちによって壊滅する。
地球支部編(第30話 - 第33話)[55]
夜明けの地平線団が討伐されたころ、アーブラウでは蒔苗を狙った爆弾テロが発生し、事態はテロを指示したとされるSAUと、アーブラウ防衛軍との武力紛争に発展する。ラディーチェ・リロトの裏切りで火星本部との通信を封じられたタカキ・ウノら鉄華団地球支部は否応なしに戦闘に参加するが、ラスタルの指示でマクギリスの権威失墜を狙うガラン・モッサの策略によって多くの団員を失う。地球に急行して事態を知った三日月たちは、逃亡しようとしたガランたちを強襲してこれを撃破し、ラディーチェもタカキに粛清される。それから1か月後、両経済圏が和平調停を受け入れたことで紛争は終結する。
第34話 - 第38話
紛争後に地球から撤退した鉄華団は、マクギリスが提示した「火星の統治権限移譲」を実現するためにさらなる軍備拡張を進める。そんな中、鉄華団のハーフメタル試掘場ではMAハシュマルが発掘され、鉄華団はマクギリスと協力して対処にあたる。しかしハシュマルは、マクギリスを追跡してきたイオクのMS部隊に反応して再起動を果たし、クリュセの市民を抹殺すべく行動を開始する。鉄華団実働一番隊隊長ノルバ・シノの駆るガンダム・フラウロス(流星号)を新たに加えた、鉄華団とマクギリスたちの決死の迎撃の末、ハシュマルは再びバルバトスのリミッターを解除した三日月によって破壊されるも、その代償として三日月は右半身全体の感覚を失う。
第39話 - 第42話
ハシュマルとの戦いから1か月後、鉄華団とタービンズを敵視するテイワズのナンバー2ジャスレイ・ドノミコルスは、同じく鉄華団に恨みを抱くイオクを扇動し、タービンズの摘発と壊滅をもくろむ。名瀬を救うべくオルガは昭弘たちを救援に向かわせるが、名瀬は第一夫人のアミダ・アルカとともにイオクの艦に特攻を仕掛け、戦死する。残されたタービンズのメンバーたちは、生前の名瀬の頼みを受けたマクマードの配慮で新たな人生を歩み始めるが、ジャスレイは鉄華団と親しかったメンバーの一人ラフタ・フランクランドを暗殺し、鉄華団を挑発し続ける。やがてオルガは、テイワズを離脱してジャスレイとの全面抗争を決意。ジャスレイ側も大部隊を投入して迎え撃つが、新たに生まれ変わった三日月のガンダム・バルバトスルプスレクスや復讐に燃える鉄華団メンバーたちの敵ではなく、一方的に駆逐される。戦闘後、鉄華団はマクギリスが率いる革命軍に合流する。
第43話 - 第46話
マクギリスはギャラルホルンの地球本部ヴィーンゴールヴを占拠し、アグニカの魂が宿るとされるMSガンダム・バエルを手中に収める。一方、アリアンロッドでは、ガンダム・ヴィダールのパイロットヴィダールとして活動していたガエリオが自身の素性を明かし、ラスタルとともにマクギリスの討伐を宣言する。マクギリスはバエルの威光を盾に拘束したセブンスターズ当主たちに戦力の供出を求めるが、強引な手法に反発した当主たちは中立を堅持し、革命軍は倍以上の戦力をもつアリアンロッドとの全面対決を余儀なくされる。革命軍が劣勢となるなか、鉄華団はフラウロスでラスタルの座乗艦へ奇襲を行うも失敗し、シノは戦死する。
第47話 - 第50話
戦力の半数以上を失った鉄華団と革命軍は、火星支部に退却してアリアンロッドの追撃に備えるが、世論を利用したラスタルの策により犯罪者として指名手配され、孤立無援となる。敗北を悟ったオルガは、自身とマクギリスの身柄と引き換えに団員たちの助命をラスタルに請うが、ギャラルホルンの権威回復のための生け贄を欲していたラスタルは申し出を拒否。アリアンロッドのMS部隊が鉄華団本部に迫るなか、オルガはクーデリアの提案を受けてアーブラウへの逃亡を決意する。オルガは蒔苗や元タービンズメンバーの助力をかりることで全員が生き延びる道を見出すが、アドモス商会を見張っていたノブリスの部下の銃撃を受け死亡する。団長の死に動揺する鉄華団だったが、三日月は生前のオルガの言葉を胸に前に進むよう仲間たちを諭し、鉄華団はアリアンロッドの包囲網からの脱出を試みる。一方、鉄華団と別れたマクギリスは単身ラスタルの首を狙ってアリアンロッド本隊への突撃を敢行するが、ガエリオの駆るガンダム・キマリスヴィダールとの死闘の末に戦死する。再び火星では、三日月と昭弘が脱出の仕上げを果たすべく殿軍を務めるも、大気圏外からのアリアンロッドの直接狙撃を受け瀕死の重傷を負う。それでも抗おうと立ち上がる二人だが、ジュリエッタたちに討ち取られ戦死する。
「マクギリス・ファリド事件」と名付けられた一連の騒乱後、ギャラルホルンはラスタルの主導でより民主的な組織として再編され、火星はクーデリアを代表とした「火星連合」として本格的な自治体制に移行する。生き残った鉄華団メンバーたちもそれぞれの人生を歩み始め、世界は再び安寧を取り戻す。


○雑観
 とあるサイトで“任侠ガンダム”とも称され、異彩を放つガンダム作品の2期。
 1期の劇的な最後から2年後の世界を舞台にしています。

 僕も楽しみにしていたのですが全て見終わった時、何とも言えない違和感が胸に過りました。
 手放しに面白かったとは言えないのです。

 1期は満足できたのですがこの違いは何だろう?
 そう考えた時2つのワードが浮かんだのです。

 仁義と落とし前。
 
 1期は前者を裏テーマとして、2期は後者を準えているように思います。
 1期は清々しいほどOne for all, All for oneだったのですが、2期になるとそれらに混じって、やたら報復(落とし前)って光景を目にするようになります。

 まるでかつて流行った香港ノワールやジャッキー・チェンが監督した映画“新宿インシデント”を見ている気分でした。
 
 とにかく切った張ったが多かった。
 
 チカラ(権力)を求める鉄華団は報復に次ぐ報復でどんどんチカラを得ていく。
 チカラが付くほど敵はどんどん多く、大きくなり、力づくで進むに連れ、多くの犠牲を払うことになります。  
 そして、また報復……
 
 その鉄華団も結局、強大なチカラに逆らった落とし前をつけることになるのです。


 血で血を洗う話に正直な話引き気味になりました。

 シナリオは悪くなかったのですが、主要メンバーの相次ぐ死に心を削がれていった人も少なからずいると思います。

 一応、最後はハッピーエンドみたいな終わり方をしてはいましたが、どこか釈然としません。

「あの花」「とらドラ!」の名コンビ長井龍雪氏&岡田麿里氏が作ったにしては物足りない感があります。

 みんながスッキリする終わり方が最良とは思いませんが、もう少し1期のときのような清々しさが欲しかったような心持ちです。


 
 
 

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ