back to TOP

admin |  RSS
PAK56_syabondama500.jpg


昨今、『フロー理論』と言う概念が、あらゆる分野で注目されています。

『フロー理論』とはいったい、何でしょう?

ウィキペディアで調べてみると、

『フロー (英: Flow) とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ZONE、ピークエクスペリエンスとも呼ばれる。心理学者のミハイ・チクセントミハイによって提唱され、その概念は、あらゆる分野に渡って広く論及されている。』

…と、出ていました。

むずかしい……。

掻い摘んで言うと

『夢中で楽しく、そして、より深く集中すれば、気分の高揚を得られる』

しかも、

『より目標に到達し易くなる』

…と、言ったところでしょうか。




その『フロー』の状態の特徴ですが、

・到達できる見通しのある課題に取り組んでいる時に生じる。

・自分のしている事に集中できている。

・明確な目標がある。

・直接的なフィードバックがある。

・意識から日々の生活の気苦労や欲求不満を取り除く。
 深いけれども無理のない没入状態。

・自分の行為を統制している感覚を伴う。

・自己についての意識は消失するが、フローの後、自己感覚はより強く表れる。

・時間の経過の感覚が変わる。

…の八つの点に絞られます。
 



楽しい事はすぐに覚えるけど、厭な事はなかなか身に入らないって経験ありませんか?

つまり、前者では深く集中して没頭できる、いわゆる『フロー状態』なのに対して、
後者は気が散漫になってなかなか集中が出来ない『ノンフロー状態』な訳です。

このように、構えず、ゆとりを持って、あるがままの自分で物事に集中するとよりいい結果に結び付く。
その事は既に科学によって実証されています。

フロー理論には『物と一体化する』と言う考えが根底にあるようです。

この考え方は前回紹介した『神仙思想』や他の東洋思想に通ずるところです。

楽しい気分にしてくれるものには、自然と『気』が合ってしまうものです。

一体化出来ちゃうんですね。

日本にもこんな言葉があります。

「好きこそ、ものの上手なれ」ってね。

本日は読んで頂き、本当にありがとうございました。



[関連記事]
大いなる『神仙思想』@『気』のチカラ(2013-9/21)
この世界の摂理を知ろう!!(2013-9/19)











にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村


成功哲学 ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加






スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ