back to TOP

admin |  RSS
ここ最近、ガンオンがつまらない。
現在のパワーバランスは連邦が圧倒的優位で大差で負けることが多い。
昇格どころか降格の連続でモチベーションが保てない。
ビーム兵器優勢の中、それが低コストから配された連邦が有利な上、ビームコーティングの盾やボディを持っている。
初期ジムが最強になって、ジオンは高コストを主体に戦っていかなければならない。
向こうはCT知らずなのこちらはCTに悩まされる。
それはプレーヤー個々の戦い方にも影響を齎している。
連邦の兵士はCTを気にせず復帰出来るから、ガンガン押せる。
ジオンはCTを気にして前に出れず、消極的な戦いを強要される。
この差は大きい。

何故このように一部のものしか楽しめない仕様になったのかと嘆かずにいられない。

勝てないゲームを楽しめるほど僕も他のプレーヤーもおおらかではないと思う。
近い将来、サービス終了などの憂き目を見かけないと感じる。

僕はもう一日1プレイで満腹です。プレボ頂ければそれ以上何も望みません。
同じ考えの方も少なくないのでは?

とりあえず、ガンオンつまらないから面白い他ゲーに時間を寄与したいと思います。
あしからず、ご留意ください。

…というメールを送りました。

返事は

一方の勢力を有利にしたいというような意図は持ち合わせておりません。
しかしながら、ゲームバランスの調整につきましては、戦況や追加要素などにより多角的に変化していくバランスに応じて、
サービスを継続するために必要不可欠なものと認識しております。

今後も、所属勢力を問わず、お客様皆様よりお送りいただいたご意見・ご要望の全てを拝見し、
参考としつつ、今後の機能追加や仕様変更、および追加される機体等の状況を踏まえて継続的に調整を行ってまいります。

ということです。
現状の改善はまだまだ先でしょうね。

それまでモンハンFZでも楽しんでいきますww
しばし、お別れですね









tekketu21500WS000001.jpg


○あらすじ
アリアンロッドのイオク・クジャンに追われる名瀬は愛する者を守るためにテイワズからの脱退を表する。
無抵抗を示すタービンズをダインスレイヴの凶弾が貫く。
何も出来ないと臍を噛むオルガにシノ、アキヒロが救出を志願する。

○感想
名瀬の男意気が全開の回。
女を守るために体を張る名瀬に対して、イオクのヒールぶりが際立った感があった。
逃げる彼女たちを非情なまでに撃ち抜く彼に強い憤りを感じた。

憎しみと愛。

今回は相反するテーマがエッセンスがあったように思う
名瀬を支えるアミダの慎ましやかな心意気も胸を打つ。

女の幸せのために生きるいい男。
惚れた男のことならなんでも知り尽くしたいい女。
寄り添うように宇宙の塵となってしまった…… のだろうか?
実は生きていたって展開を望まずにいられない。

アキヒロ☓ラフタの展開はいよいよ深まっていきそうな感じですね。
そういうことに縁がないアキヒロにはラフタも苦労が耐えないのでしょうが……

ちなみに……
アミダと対峙するジュリエッタは苦戦する中で「五回死んでいる」って言ったけど、どういう意味なんだろう?

それが蘇生されたということなのか、機会の移植やサイボーグなどに改造されたということなのか?

気になるところであります。










tekkadann1314WS000001.jpg


○あらすじ
モビルアーマー撃墜に成功した鉄華団。
彼らはマクマードにマクギリスとの関係性を認めさせるに至った。
しかし、三日月は満身創痍で帰ってきた。
バルバトスとの無理なリンケージの結果、三日月は右半身不随になってしまった。
悔いるオルガは改めて、三日月の友情に感謝していた。

イオクはこの一件でラスタルからの信用を失墜させた。
汚名を雪ぐためにジャスレイと接触し、名瀬を的に掛ける。


○感想
阿頼耶識システム ヤベェ
厄災戦時代の化物をたった一人でぶっ潰した!
他のガンダムにも同じ機能があるようでいつか日の目を見る時が来るのだろうか?

ぼろぼろになっていくミカを見ているとなんか痛々しい。
しかし、ミカの想いの強さに感銘を受けました。
幼少期の思いを大切に生きてきた彼の恩返しは、今後も献身的な犠牲の心でなされていく。
アトラとクーデリアはそれを畏れていた。当然、見ている僕も。

#14は名瀬の男気を語る回だった。
遂にジャスレイの毒牙が名瀬を捉えるが、動じない彼に『男のゆとり』を感じずにいられない。
その大きな器で周囲を盛り立てた名瀬。
恩を感じるオルガの何とかしたいのに何も出来ないもどかしさ。
もう次の回が気になってしょうがない。

今月からテーマソングも新しくなって、心機一転。
でも、アレ?
ミカはあの状態にまでなってしまうってこと?









dagramWS000000.jpg


○あらすじ
植民惑星デロイアでは地球に対する不満が高まり、独立運動が勢いを増していた。ある日、デロイア星の首都カーディナル市で、地球連邦評議会議長のドナン・カシムら評議会の議員たちを、地球連邦軍第8軍大佐フォン・シュタイン率いる部隊が監禁し、デロイアの独立を宣言するという事件が起こる。事件の報道を聞いたドナンの息子クリン・カシムは地球連邦軍の救出部隊に志願し、人質の解放に尽力した。
しかし、救出されたドナンはフォン・シュタインを免罪し、デロイアを地球連邦の8番目の自治州に昇格させ、フォン・シュタインをその代表に任命した。一方、ドナンは事件の首謀者としてデロイア独立を支持した代議員を投獄し、フォン・シュタインに呼応して立ち上がった独立運動家たちを徹底的に弾圧する。すべては、地球百億の民のためにあえてデロイアの民を泣かせる覚悟を決めたドナンが、デロイア独立運動の「ガス抜き」のため、フォン・シュタインと共に仕組んだ狂言に過ぎなかった。
事件の真相をジャーナリストのディック・ラルターフから聞かされたクリンは苦悩するが、ひょんなことからデロイアの完全独立を求める指導者デビッド・サマリン博士と出会う。サマリンはクリンをドナンの息子と知りながらあたたかく迎え、独立派が開発した最新鋭コンバット・アーマーダグラムのパイロットとして仲間に紹介する。だがクリンがサマリンと出会ったことで、サマリンの居場所が地球連邦軍に知れてしまい、サマリンとダグラムは地球連邦軍に奪われてしまう。
責任を感じたクリンは、単身で地球連邦軍の基地に乗り込みダグラムを奪回、デロイア独立運動に身を投じることを決意する。地球時代の友人ロッキー・アンドレらのグループ(デロイア7。後の太陽の牙)に合流したクリンは、ダグラムによって次々と地球連邦軍を蹴散らしていく。サマリンも独立派ゲリラの尽力によって救出され、デロイア独立の気運は、ドナンの思惑とは裏腹にますます高まっていく。
そのころ、野心はあれども理想はないドナンの補佐官ヘルムート・J・ラコックは、病を抱えたドナンとフォン・シュタインを排し、自らがデロイアの支配者となるための私欲にまみれた策謀を密かに進めていた。(Wikipediaより抜粋)



OP『さらばやさしき日々よ』YOUTUBEより抜粋


dagramWS000001.jpgdagramWS000002.jpg



子供の頃はストーリーなんて、あんまり気にせず見てたのでこのアニメの奥深さなんて分かる由のなかった。

このアニメは実に奥深い。
何せ、政治的駆け引き、戦闘における戦略・戦術・兵站、ジャーナリズム、ゲリラの何たるか、に関しての造景が深く、さらに敵味方に分かれた父子の葛藤、ヒロインの恋慕、悪役の悪巧みなどを盛り込んで緻密にすべてが絡み合って一つの物語を成しています。

子供のためのアニメではなく、大人にこそ見て欲しいアニメなのです。
制作にもそんな意図があるようですね。
 
それにしても、主役メカが出てくるまでが長い長い;;
7話目のラスト数秒にしてようやく姿を見せます。(立ってるだけって……)
さらに主人公クリンが乗って活躍するのは9話とかなり待たされます。

それにしょっちゅう、「エネルギーが無い」って騒いでいるし……
弾切れするし……
ノズルの規格が合わないって、燃料入れられないこともあったし……

さらに動いても度々ピンチに陥って、これまでのロボット物のお約束を完全無視。
むしろ、そこが見どころだったりするのです。
どんなに強いロボットがあっても、奇策を用いたり、連携をしなければ容易に勝つことは出来ないというリアルさ。

他のロボットアニメでは一話完結しそうなストーリー展開も、
このアニメでは一つの攻防戦について、たくさんの話数を使って、丁寧に作り込まれています。
ですので見応えは充分。

これは、一連のデロイア独立戦争の軌跡を描いた……
大河ドラマにも等しい超娯楽作品なのです。

※注 ヒロインのデイジーには何の萌要素もありません。あしからず



ガンオンスナ反対WS000000


11月の大型アプデ以来、気に入らないことが4つある。


1.連邦の圧倒的有利が終わってない。
2.相変わらず、連邦だけに優秀機体が実装。
3.コストの割に初期ジムが強すぎる。
4.スナのワンショットキルが難しくなった

このアップデートでビーム兵器がサイツヨになって、それが低いコスト帯からある連邦が優位だし、
ビムコ盾ある連邦が優位だし、
新型のエース機体がたくさんある連邦が優位だし、
こないだアレックス配りまくった連邦が優位だし……

ジオンに勝ち目ないよね。


運営はどうして、こんなに格差をつけたがるのか?
連邦って、そんなに人気ないのですか?
そんなに勝ちたきゃ連邦に行けってことですか?

なんか負け続けて、階級も尉官になって、もう何モチベで戦っていいかわかんない。



Template by :FRAZ